FC2ブログ

== 女教師エリカ ==

女教師エリカ (29)囚われの淫乱教師

ろま中男3 作品リスト
女教師エリカ 目次

女教師エリカ (29)囚われの淫乱教師

「アンタ、ええわ…、えらい、うれしそうやな…、ボクも、入れてええか?」
バイブに貫かれて欲情するエリカの女体にのぼせ上がった大人のオモチャ店長城島は、商品棚に隠れた孝輝に気付かずに入り口の鍵を掛けると、ニヤニヤ笑ってズボンを脱ぎはじめる。

「あ、ああ、だ、だめえ…」
や、やっぱり、エリカ、犯されちゃう…、でも、このオジサン…、おちんちん、小さそう、…。
人型の十字架に緊縛されて、シリコンバイブで濡れ濡れのオマ○コを犯されたどM美人教師は、いそいそと下半身裸になるヘタレ中年の粗チンに陵辱される妄想を浮かべて、半端にメスの欲情を泡立てていた。

いいか、しばらく、このオッサンのやりたいように、させるんだぞ、…。
あ…、ご主人様…、へ…、エリカ、やられちゃって、いいわけ…、デスネ…、はあ、わかりました、…。
ヘッドセットから孝輝の声が聞こえて来て、あるいは助けてくるのかとかすかな希望で上気したカワイイ顔を輝かせたエリカだったが、おとなしくやられろ、というある意味予想どおりのその声に、哀愁を帯びた表情を見せた。

「これ、こんな風に取れるようになっとるんや、すぐれもんやろ」
エリカがエロ高校生から指令を受けているなど思いもしないお調子者のヘタレ中年は、十字架の背面にまわるとお尻に当たる部分のパネルを外した。二本の骨組みを残したそこにはミニスカのお尻が丸見えになっていた。

「あ、や、やだあ、ああ…、そこ、おしり、です…」
や、なに?…、スカートまくられた…、あ…、お尻見られてるし…、やだ、そこ、お尻のアナですう、…。

手足を緊縛されたエリカは城島がナニをしているのか見えないが、お尻をめくられてマゾ気でゾクゾクし、お尻のアナをイジられてますます被虐色情狂の血を熱くして、バイブが突き刺さったあそこからヌルヌルを垂れ流した。

「こんくらいで、ええやろ…、へへっ、二本差しやで、ええ気持ちになるで」
興奮した鼻息を荒くする城島は、尻アナにローションを塗りつけると固くなった粗チンで狙いを定める。
「え、あ、や、やだ、あ、ああっ」
や、おしり、犯される…、ああ…、や、きもち、わるい…、あ、そうだ、力抜かないと、痔になっちゃう、…。
菊門のシワを広げるカリのおぞましさに緊張したエリカだったが、強引にねじ込まれるソレに抵抗をあきらめ、逆に力を緩めて自らそれを受け入れていた。

「おほっ、き、きっついなっ、ううっ、ええでっ、たまらんなあっ」
若いエロカワ美女の尻アナを征服した城島は上機嫌だった。膨らみきった息子を括約筋で締め付けられるキツイ圧迫にバカ笑いして、ミニスカをまくり上げられた柔らかい腰肉にしがみついていた。

「ああ、やっ、やだ、ああっ、いやあっ」
お尻と、オマンコに、入れられてる…、ああっ、でも、きもちいい…、エリカ、変態だわ、…。
前と後ろのアナを犯された状況を改めて実感したエリカは、なんだか突き放した感じで自分を眺めていた。

「ほんなら、動くで、前もうごかしたるわ」
エリカのしらけた雰囲気を感じたのか、バカ笑いしていた城島はゆっくりと腰を動かしはじめるのと同時にリモコンを操作してバイブとそれが固定された台を動かしはじめる。

「えっ、あ、ああっ、はあっ、あっ、ああっ」
あ、う、ごいてるっ…、はあっ、ぐにぐに、あん、して…、は、ああっ、いっ、いいっ…、エリカ、きもち、いいよおっ、…。

かすかな機械音とともにグニグニと蠢くバイブが上下に出入りして、エリカは官能の世界にたたき込まれた。最初は遠慮がちだった粗チンも徐々に勢いを増して粘膜越しにバイブとぶつかっていた。

すけべ女が…、本気でよがってやがる、…。
気配を消して商品棚の陰に隠れて様子をうかがう孝輝は、下半身を丸出しにされたエリカが固縛された手をギュッと握って快感に耐えるのを盗み見て、加虐色情狂を昂ぶらせていた。

女教師エリカ (30)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:09:30 ━ Page top ━…‥・

== 女教師エリカ ==

女教師エリカ (28)淫猥な十字架

ろま中男3 作品リスト
女教師エリカ 目次

女教師エリカ (28)淫猥な十字架

「お、いらっしゃい、なに探してんの?」
店の奥に行くに従ってなんだかよくわからないモノが並んでいたが、キャッシャーの向こうに座っていた中年がエリカを見つけると、いかにもスケベそうな笑いを浮かべて関西弁で話しかける。

「はあ…」
エッチそうな、ヘタレオジサン…
エリカが店主に失礼な想像をしていると
…、それを聞け、オマエの横にある十字架だ、…。
「あ、こ、これ、何ですか?」
ヘッドセットから聞こえてくる孝輝の声に横を向くと、手枷や足枷のベルトのついた人型に柱が二股に分かれた十字架があった。

「へえ…、コレに興味あるんか…、うへへ、ちょっと、やってみるか」
ニタニタ笑ってエリカのカラダを視姦した店長の城島は、返事も待たずにエリカの手を手枷に固定した。

「や…」
黙って、言う通りにしろ、…。
「恐ないで、すぐに、いい気持ちにしたるからな」
体中を舐め回すようないやらしい視線にどMな昂ぶりでぞくぞくするエリカが小さく悲鳴を漏らすと、孝輝の叱責が聞こえて来て黙った。それを了解と受け取った関西弁のスケベ店長は、手枷を済ませると、両足も固定した。

「あ、あの、動けません…」
うにゃあ…、エリカ、エッチなこと、あうんっ…、されちゃう、…。
肩幅以上に足を広げられて固定されたエリカは、ノーパンのあそこが外気に触れてブルッと震えたが、エッチな期待であそこからマタいやらしい汁を垂らしていた。

「ああ、そうや、それでコレをセットすると…、うへっ、なんや、アンタ、はいとらんのかっ」
足の間にある台にバイブをセットしたエロ店長はミニスカをまくって、ムキ出しの濡れた秘肉を見てうわずったうれしそうな声を上げる。

「いやあんっ、みないでえっ」
や、やだあっ、はずかしい…、おじさん、いやらしいよお…。
バカ、言う通りにしろって、言っただろ、…。
「あうう…」
ご主人様…、エリカ、このエッチなオジサンに、きっと犯されちゃう、…。
恥ずかしくても足を固定されているので、スケベな視線で見上げる城島にあそこを丸出しにするエリカは、露出狂の血を熱くしてあそこの亀裂からいやらしい汁を垂れ流していた。

「そうか、そんなにコレ、楽しみにしとったんやな…、ええで、たのしませたるわっ」
若くてカワイイ美人の、陰毛さえ見あたらないスベスベの恥部を目の当たりにしたエロ店長は、スケベな妄想で頭の中をいっぱいにして、常識や道徳など消し飛ばしていた。美人エロ教師を陵辱する妄想にウキウキしながら、台にバイブをセットすると手元のリモコン操作した。

ウイイイ…、
「や、あ、なに、や、あ、ああ…、んっ、く…、んん…」
な、なに?…、やん、こわい…、ひ、あ、ああ…、は、はいって、う…、くるう…。
エリカからは見えないが台がゆっくりと上に上がって、固定されたバイブの先端が濡れ濡れのあそこに近づいていく。シリコンの先端がムッチリふとももの根本に到達すると、
「おほっ、これで、ええわ」
店長はミニスカに頭をツッコンで向きを微調整した。

「う…、あ、ああ…、入って、はあっ、くるう…」
ああっ、おちんちんの、オモチャが…、エリカに、はああ…、はいって、あんっ、く、くるう…、はあ、やっと…、ニセおちんちんに、犯されて…、エリカ、うれしいよお…、ああっ、きもちいい…。

台の上昇が再開されて濡れた秘肉の合わせ目に食い込んだ先端が、エリカの体内に徐々に侵入してネットリとマン汁をあふれさせる。冷たい感触にかすかに震えたエリカだったが、膣壁をかき分けて侵入してくるニセチンポに火照った女体は悦びにもだえて、ピンクに染まった頬がかすかに笑っていた。

女教師エリカ (29) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:37:29 ━ Page top ━…‥・

== 女教師エリカ ==

女教師エリカ (27)AKB調教開始

ろま中男3 作品リスト
女教師エリカ 目次

女教師エリカ (27)AKB調教開始

「コレ、付けろ」
駅から出た孝輝はAKBに昔からある電子機器部品の通りでヘッドセットを購入した。

「はい?…、にゃん」
なに?…、エッチなコト、聞こえてくるの?…。
カチューシャ風のヒラヒラがついているヘッドセットを耳にセットしたエリカは、孝輝のエッチなささやきでも聞けるのかと、エロボケなピンクの意識をワクワクさせた。

「ほら、ケータイとつなげろ、聞こえるか?」
おバカな妄想で発情した女体をクネクネさせるエリカに呆れたように小さく息を吐いた孝輝は、ケータイにコードをつなげさせると、自分のケータイと通話状態にした。

「あ、聞こえます、にゃん」
あ、ご主人様の声…、きっと、コレでエッチなことを、命令されるのね、…。
まだおバカな妄想に遊ぶエリカは、オタクたちがたむろする歩行者天国でエッチな命令をされるのを想像してどMな興奮を昂ぶらせ、ノーパンのあそこからネットリした汁をにじませていた。

「いくぞ」
歩き出してケータイに話しかけた孝輝に
「はい、にゃん…」
ああ、こんどは、どんなこと…、ああ、されるのかしら、…。
どMな妄想にいつまで浸るエリカは歩くたびにあそこから溢れたエッチ汁で、ガーターストッキングの絶対領域がヌルヌルするのを意識しながら、早足気味の孝輝にノーパンミニスカのお尻をプリプリ振って一生懸命ついていった。

「ご主人様、ご休憩なさいませんか?」
孝輝がホコ天に繰り出すと、チラシ配りするメイド姿の美少女が前に立ちはだかってニッコリ笑う。

「にゃっ、ご主人様は、エリカのご主人様にゃんっ」
にゃにゃっ、小娘のクセに、馴れ馴れしいっ、ご主人様を誘惑して、エッチなコト、してもらうつもりでしょ、…。
フリフリゴシック調のメイド娘に、なぜだかエリカは対抗心を燃やして間に入ってきた。

「すいません、コイツ、バカなんで、あとで寄らせてもらいます」
どM奴隷メスネコが興奮するのに苦笑した孝輝は、呆れ気味のメイド嬢に愛想笑いすると、スーツ姿の奴隷を引っ張った。

「ご主人様、お嬢様、お待ちしております」
チラシを受け取った孝輝にメイド娘はうやうやしく頭を下げると、純白レースのアンダースカートをズリ上げ、いかにもらしいズロース風のペチコートパンツをパンチラし、遠巻きにするオタクどもを喜ばせた。

「いいか、オレは他人のフリするから、オマエも絶対にオレと知り合いだとバレるなよ、いいな」
原色の看板を掲げた店の手前で立ち止まった孝輝は、発情したトロンとした眼で見上げるエリカをのぞき込んで念押しすると
「いけっ、絶対にオレを見るなよ」
その店へエリカに入るように命令した。

「はい、エリカ、絶対に、ご主人様、見ないにゃん」
どういうこと?…、わかんないけど…、きっと、エッチなこと、されるんだ、…。
よくわからない命令に要領を得ないエリカだったが、きっと恥ずかしいコトを命令されるのだと思い込んで、倒錯した被虐色情狂の血を熱くしてけばけばしい装飾の店に入っていった。

あ、カワイイ…、そう言えば、エリカ、ずっとパンツはいてない…、買おうかな、…。
店に入ると壁にはパンティが花盛りだった。下着の店だと思ったエロ美人教師は今更ながらノーパンのはしたない自らの姿を意識して、パンティを物色し始めた。

おい、そこじゃない、もっと、奥に行け、…。
「ふにゃっ?…、ふあい、ごめんなさいにゃん」
バカ、声出すな…、いいか、オマエは、ひとりでこの店に入ったんだぞ、絶対に声出すなよ、…。
「…」
そうか、しゃべっちゃ、ダメなのね…、そうよね、知り合いだと、バレちゃ、ダメだもんね、…。

ケータイにつなげたヘッドセットから指令を受けたエリカは、小さくうなずくと発情した女体をドキドキさせながら、言われた通り店の奥に進んだ。

女教師エリカ (28) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:35:45 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old