FC2ブログ

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (54)電車内セックス

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次2

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (54)電車内セックス

「あ、ああっ、こうすれば…」
はあ、ああっ…、もう、どうにでもなれっ…。
若い官能的な女体に狂って冷静な判断力を無くしたオッサンは、濡れ濡れ性器をイジるのをやめて最近つとになかった固さで屹立する息子を取り出した。

「あ、あんっ…、だめえ…」
はあっ、あ…、おちんちんが…。
ビンビンにそそり立った息子を洪水状態のスジに押しつけられた希は口ではいやがったが、まるで素股しているように腰を振って、オマタをキュッキュッとして勃起チンポを締め付けた。

「あ、ああっ、すぐだから、大丈夫」
くおおっ、入れてやるっ…
限界まで勃起した息子にネットリ絡んでくる媚肉にいきり立つオッサンは、座席をベッド代わりにして希を押し倒すと、サオを握って鈴口が広がった先端で膣口を探した

「ああんっ、おやめになってえ」
ああっ、お腹の出た、スケベそうなおじさんに…、私…、
広げられた足の先を窓枠に掛けられて大開帳した希は、変態ハゲオヤジに強姦される陵辱妄想に酔って悲劇のヒロイン気取りだったが、
はあん、犯されちゃう…。
その口調はよろめく欲求不満な人妻そのものだった。

「大丈夫、ホントにすぐだからっ」
エロいカラダ、しやがって…、たまらんぞっ…。
希が発散する生々しい色香で完全に狂ったオッサンはさっきと同じセリフをわめき、ナニをコスりつけて膣口を探しながらニットワンピを首までまくり上げると、形のいい乳房にしゃぶり付いた。

「ああんっ、いやあんっ、それ以上は、だめなのお…」
あっ、胸が、ああっ、はあっ、だめえ、感じちゃううっ…。
ツンと突き出た乳首をチューチュー吸われた淫乱奴隷妻は、ほぼ裸に剥かれた女体を妖しくくねらせ、入口を捜す陰茎を誘い込むように腰を浮かせた。

「おっ、んっ…、くうっ…」
はっ、挿入った…、おおっ…、
希のナイスサポートでナマ挿入に成功したスケベオヤジは、そのまま腰を押しつけて根本まで挿入すると
「ホントに、うっ…、すぐ、はっ、だからっ」
くうっ…、はあっ、いいぞっ、ああっ、おおっ…。
切なげな表情に生々しい色情を漂わせる希にまた同じセリフを口走り、腰をがむしゃらに振った。

「あっ、やっ、ああっ、はあっ、ああっ、だめえ…」
あ、はっ、あっ、ああっ、あたる…、
潤沢な愛液が肉棒でかき回されるぬかるんだ挿入音が、走行する騒音に紛れて電車内に聞こえる。
はあっ、ああっ、だめえ…、はっ、ああっ…、
見ず知らずのオッサンに陵辱される倒錯色情に萌える淫乱奴隷妻はズンズンと突き上げられ、ただれた肉の悦びに溺れて汗が滲んだ女体を卑猥に踊らせて悶えまくった。
あひっ、いっ…、イキ、そう…。
ナマ挿入される悦びにはしたないアヘ顔を見せ、あえぎ声としか言いようのない妖しい吐息混じりの艶めかしいつぶやきを漏らし続けた。

「んっ…、おっ…、むうっ…」
くっ…、おおっ、出るっ…。
若く官能的なカラダに溺れて腰を振りまくったオッサンは裏スジに電流が流れたようにビクンと震えると、ナマチンポをビクビク震わせてナマザーメンを発射した。

「やっ…、あ、ああっ…」
あ、やああっ…、
膣奥にナマ出しされた淫乱奴隷妻は被虐色情の絶頂につきあげられた。絶頂のあえぎ声とともに裸に剥かれた官能的な女体が淫靡に波打ち、
ああっ、ナカで…、ドクドク、してるう…。
苦しそうにのけぞった後頭部が座席の固い弾力に食い込んで、唇のハシからよだれを垂らす淫らなアヘ顔をアオリでさらしていた。

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (55)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:50:18 ━ Page top ━…‥・

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (53)よろめき淫乱奴隷妻

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次2

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (53)よろめき淫乱奴隷妻

う…、毛?…、
色っぽい素足に当たらないように脚をガニ股に開き、さらに腰を突き出して目線を下げたオッサンは、ニットワンピのスソの奥に薄い痴毛を見て
穿いてない?!…。
目の前に立つ痴女まがいの美人が下着を穿いてないのに驚いた。

見てる…、はあ…、だめえ…、
ほとんど座席に寝そべるようにして視線を下げたオッサンに露出色情に悶えた希は、自らの破廉恥さに羞恥心をチリチリ刺激されてますますどMな昂ぶりに萌えたが、
でも、もう、もっと…。
ダランと下げた手で腰に張り付いたニットワンピを無意識にズリあげていた。

うっ…、丸見え…、
変態じみた荒い吐息にまみれ、座席の背に後頭部を押しつけて淫乱痴女の股間をのぞき込んでいたオッサンは、ニットワンピがずり上がった股間を見つめて目をオマ○コマークにした。
え、エロい…。
つかの間息が止まったオッサンはゴクンとツバを飲み込むと、俯瞰に見る膨らんだ股間にあわてて手を置いて隠した。

「きゃっ」
やっ、あんっ…。
そこで突然電車が揺れた。セルフ羞恥調教で生暖かい痴情に包まれていた希は腰砕けによろけると、オッサンに抱きついて膨らんだ股間にノーパンのオマタを押しつけていた。
「ええっ?…」
なっ…、あ…、濡れてる?!…。
突然抱きついてきた女体にうれしいような困ったような情けない顔を見せたオッサンだったが、エロオヤジの本能でノーパンのオマタを手の平で受け、
はあ…、やわらかい…。
反対側の手はニットワンピがずり上がったナマ尻をまさぐって、ゆるんだエロ笑いの顔にスケベオヤジの本性を現していた。

「ああん…、ごめんなさい…」
ああん、触られてる…、はあ…、痴漢、されてる…
濡れ濡れの性器を直接触られた淫乱奴隷妻は、自分から抱きついたことを忘れて痴漢被害者の気分にだったが、
あ、そこ…、だめえ…。
傍目からはよろめく欲求不満な人妻そのもので、ぎょっとするオッサンの顔に悩ましげな表情で迫り、官能的な吐息でオッサンの首筋をくすぐっていた。

「あ…、ああ…、あ、いえ…」
はああ…、若いオンナ、のカラダ…、
仕事に疲れてしょぼくれたハゲオヤジは久しぶりに触れた若い女体に沸き立っていた。
ああっ、たまらん…。
ナマ尻を支えた手の平は柔らかい弾力を確かめるようにイヤらしく蠢き、アソコに当てた手はぬかるんだスジに指を行き来させていた。

「ああん…、起きられない…、助けてください…」
あん、お尻、はあっ、あんっ、ソコ…、感じちゃう…。
節くれ立った指で尻肌と性器をイジられる淫乱奴隷妻は密着した下半身を淫靡にくねらせながら、鼻にかかった色っぽい声で興奮するオッサンの劣情を煽っていた。

「はあ、大変ですね、うひいっ…」
はあっ、もう、どうにでもなれっ…、
広げた脚の間に脂ののった腰をすりつけられる気持ちよさに夢心地でつぶやいたオッサンは、
うっぷ…、ノーブラか…。
感じすぎてカラダの力が抜けて倒れ込んできた希に、乳房の形をはっきり見せるニットワンピの胸を押しつけられた。

「はあっ、ああっ、力が、入らない…」
はあん…、胸も…、ああっ…
薄いニットワンピの生地越しに胸の谷間にオッサンの顔を挟んだ希は艶めかしい吐息を漏らし、ハゲ頭を抱き抱えるようにして火照った女体をすりつけていた。

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (54)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:39:04 ━ Page top ━…‥・

== ろま中男劇場 ==

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (52)ハゲスケベオヤジ

ろま中男3 作品リスト
ろま中男劇場 目次2

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (52)ハゲスケベオヤジ

はあっ、だめえ…、イッちゃう…。
地下鉄の車両内という公衆の面前でオマタに手を入れて自らを慰め始めた淫乱奴隷妻希は、熟れた女体に張り付いてほとんど裸と同じ官能的な曲線を見せるニットワンピから、濃厚なフェロモンを漂わせていた。

はあっ、ああっ…。
対面に座って前のめりに股間の三角ゾーンをのぞき込むリーマン風男の荒い吐息が、電車の騒音に紛れて聞こえてくる。

ああっ、私を見てるっ…、すごい興奮、してる…。
リーマン風男のケダモノじみた昂ぶりにますます倒錯色情を高ぶらせた希は、とうとうぴったり合わせたヒザをゆるめ、男の位置から太ももの奥が見えそうな卑猥なポーズを見せた。

「うっ…」
徐々にヒザが開いて熱帯雨林状態の花園が見えそうになったとき、リーマン風男は唸ると股間を両手で押さえてうつむいた。
え…、あれ?…、どうしたの?…。
とたんに男が発散していた淫靡な邪気が消えた。股間の奥までのぞき込もうとするギラギラした視線も感じなくなった希は、なんだか拍子抜けしてセルフ趣致調教を中断した。

…、いっちゃうの?…。
しばらくして次の駅に到着すると、リーマン風男は粗相した股間が気持ち悪そうな足取りで、希のことなど眼中にないようにそそくさと降りていった。

はああ…、なんでえ…。
自分だけ楽しんだらとっとと退散した早漏リーマンに機嫌が悪くなった淫乱奴隷妻は、憮然とした表情を見せて綺麗な顔を曇らせた。ニットワンピにツンと乳頭が突き出た胸のふくらみの下で腕を組んでいた。

あ…、エッチそうな、おじさん…、
入れ替わりに頭頂部がハゲあがった中年が乗り込んできた。わき上がる淫らな欲求で熟れた女体がはち切れそうな淫乱奴隷妻は、
そうだ…。
向こうの席に座ったオッサンの前にツカツカと歩み寄ると、わざわざオッサンの前のつり革に摑まった。

え?…、
二人だけの車内でわざわざ目の前に立つ艶めかしい美人に驚いたオッサンだったが、
見えそう…。
吊革に摑まった腕に引き上げられたニットワンピのスソが大事な部分をギリギリまでしか隠してない、淫靡なくびれを見せる太ももの付け根に釘付けになっていた。

ああ…、見られてる…。
股間に突き刺さるオッサンのギラギラした視線に欲情する淫乱奴隷妻は、汗が滲んで湿ったナマ太ももを淫らにスリあわせ、火照った女体からエロオーラを発散していた。

い、いいのか?…、
ゴクンとツバを飲み込んだ腹のたるんだバーコードハゲオヤジは、そっと辺りを見回して自分たち以外にいないことを確認すると
み、見える…。
さっきのリーマンと同じように腰を前に突き出して視線の位置を下げた。

ああ…、見られちゃう…、
オッサンをわざと見ないでいた希だったが、座る位置をずらしたオッサンの動きは当然察知した。
私…、穿いてないのに…。
セルフ羞恥調教でオマタを濡らす淫乱奴隷妻は、何も穿いてない股間のスキマをオッサンのイヤらしい視線にさらす被虐色情の混じったスリル感で、ニットワンピが張り付いた女体を淫靡に揺らしていた。

ろま中男劇場 5.おっととおとうと (53)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:28:14 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old