FC2ブログ

== 真央 ==

真央 (77)見知らぬ街

ろま中男3 作品リスト
真央 目次

真央 (77)見知らぬ街

「真央ちゃん、着いたよ、よく寝てたね」
沢村の声に目を覚ました真央は二枚目顔がキスしそうなほど迫って来るのを見て、思わず後ずさっていた。

「あ、ごめん、おどかした?…、マオを出すから、待っててね」
シートから抜け出した沢村が外に出る。薄暗い窓の外に通行人が歩く姿が見えるが見慣れない町並みだった。時計を見ると2時間弱寝ていたようだ。

あれ?…、これって、…。
前面のウインドスクリーンは真っ黒になっていたが、光が差し込んできてトランクらしい薄暗い景色が写った。次に沢村の顔が大写しになったが、時折ほんの一瞬だけ真っ暗になる。
マオの視界?…。
暗くなる瞬間がまばたきだとわかった真央は、目の前の風景がマオの目に仕込まれたカメラから送られる映像だと気付いた。

「お待たせ…、異常ないね」
戻ってきた沢村はウインドスクリーンに映る映像に満足そうにうなずくと、ゆったりとバケットシートに身を沈めた。

「ここ、どこ?」
車を停めた路地から出たマオはネオンが灯りはじめた繁華街を歩いているようだ。町並みのなんとなくハデな雰囲気に、ある場所を思い浮かべた真央だったが時間的に移動が無理な気がして、いつもの柔和な二枚目顔でスクリーンを眺める沢村に聞いてみた。

「あれ、言ってなかった?…、○×だよ」
沢村は意外そうに応えると日本で第2の都市名を口にした。

「そう…」
やっぱり…、でも2時間で?…。
真央の予想は当たっていた。しかし昼までいた都心からここまで2時間で来るには、一昔前のリニアを使ってどうにか間に合うぐらいで、車では絶対無理な気がした。
さすがは、超高級外車って、こと?…。
F1の血を引く100周年記念モデルならではの離れ業なのだろうと、なんとか自分を納得させた。しかし法定速度を守るオートドライブでは無理なはずで、沢村が実はF1ドライバー並みのテクニックの持ち主だということまでは、真央も気が回らなかった。

「でも、なんで?」
わざわざ数百キロも離れた街に連れてこられた理由がわからない真央が聞くと
「真央ちゃんを、知ってる人がいたら、困るでしょ」
相変わらず柔和な表情の沢村が当たり前のように応える。

??…。
どうして自分を知ってる人がいると困るのか、聞きたかったが沢村の当然だと言わんばかりの口調に気圧されて、それ以上は聞けなかった。

スクリーンに突然中年男のニヤついた顔が大写しになった。あまりアップで見たくない顔に怖じけた真央が目を伏せると、指を鳴らす音がして音声が聞こえてきた。

「…、なんぼなん?…、えっらい安いなあ…、人間やろ?…、病気、もってへんやろな」
中年男の臭い息がしてきそうな浮ついた声が聞こえてくる。どうやらマオをコールガールだと勘違いした男が近寄ってきたらしい。マオが本物の風俗嬢ならあり得ない破格値を応えると、中年男はビックリしながら、イヤらしい笑いを浮かべてマオのカラダを舐め回すように視線を泳がせて視姦する。

やだ…、いやらしい、…。
マオに向けられる視線がまるで自分に向けられているように感じた真央は、中年男を切れ長の目のハシで見て生理的嫌悪感を覚えながら、カラダの奥が熱くなるのを感じていた。

真央 (78)につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:10:37 ━ Page top ━…‥・

== 真央 ==

真央 (76)お出掛け

ろま中男3 作品リスト
真央 目次

真央 (76)お出掛け

「マオ、よくやった、服を着ろ」
ご主人様の目論見を見事に実現したセクサロイドマオは、沢村にほめられてうれしそうだったが、服を着ろという命令に反応したように恥じらって、はじけそうな若い肉体を両手で隠した。

「真央ちゃん、大丈夫?…、行くよ」
まだ絶頂の余韻に漂って意識のはっきりしない真央は、沢村がマオに服を与える様子をぼんやり見ていると、ダナ・キャランのちょっと大人っぽいフェミニンなセクシーミニドレスと高級そうなアクセサリーを渡された。

「あ、はい…」
沢村に連れて行かれたブランドメゾンでそれを見た記憶があったが、貧乏学生の真央にその価値はほとんどわからなかった。ようやく気持ちが落ち着いてきた真央は急に恥じらいの気持ちが湧き上がってきて、沢村の目を盗んでドキドキしながらあそこに触れてみたが、すでにマオがキレイにした後でサラッとした感触だった。

あ…、あんなのを…、はずかしい、…。
沢村に与えられた服を身につける真央は、マオも沢村から衣装を渡されてうれしそうに笑うのを見ていた。ただマオの衣装はいかにもコールガール風で、露骨にハデな色彩の上に女の魅力を強調して露出が異常に高かった。機械だとわかっていても自分と同じ顔をした女性のはしたない姿を見るのは、自分がそんな格好をしているようで恥ずかしかった。

「行こうか」
まだ、下着が…、どこ、に?…、や、いやらしい…、あ…、まって、…。
プラダのヒールを渡された真央は、部屋から出ようとする沢村の背中に下着をまだはいてないコトやどこに行くのか聞こうと躊躇していると、うれしそうに沢村の腕に抱きつくマオに嫉妬を感じて言いそびれてしまって、しかたなく黙ってついていった。

ベタベタしちゃって…、えいっ…、なんで!?…、もう…、やだ…。
エレベータでも沢村にニコニコまとわりつくマオに、内心おもしろくない真央は気を引こうとして慣れないセクシーポーズを見せたりしたが、全く無視されてますます落ち込んでいた。

「マオは、こっちだ」
地下駐車場に出て例の超高級外車の停めてあるところまで来て、指を鳴らしてトランクを開けた沢村に、ツーシーターで二人しか乗れないのでトランクに入るように指示されたマオは、ニッコリ笑ってお辞儀するとあくまでも可愛らしい仕草でトランクに入り込んだ。

いい気味…、やだ…、はあ…。
ナビシートを勧められた真央は暗いトランクに押し込められたマオに少し溜飲を下げたが、機械相手に張り合ってそんな風に考える自分に自己嫌悪して、また落ち込んでいた。

「どうかした?…、元気ないね」
え…、どうして、こういうときだけ?…、いや、もう…。
真央の心中などお構いなしでマイペースに見える沢村に声をかけられて、真央は自分の惨めな気持ちを悟られた気がして何も言えずに下を向いた。

「ちょっと時間かかるけど、いいよね、何かかける?」
エンジンをスタートさせた沢村は、しばらくV 型12気筒エンジンの震動を楽しむように柔らかいバケットシートに身を預けていたが、暖気がおわったのか滑るように地下駐車場から外に駆け出していく。

ふん…、はあ…、ふわあ…、うきゅう、…。
沢村の問いかけの意味も対して考えずに黙って外を見ていた真央は、今日この車を見かけてから起こった一連の出来事での緊張の糸が切れたのか、心地よいシートに包まれていつの間にかカワイイ寝息を立てていた。

真央 (77)につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:09:33 ━ Page top ━…‥・

== 真央 ==

真央 (75)プロフェッショナル

ろま中男3 作品リスト
真央 目次

真央 (75)プロフェッショナル

「マオ、真央ちゃん、好き…」
真央と同じ容姿をして真央の感情を移植されたセクサロイドが、はにかんで笑いながら迫ってくる。マオは真央の汗がにじんだ太ももに手を差し込むと、一番敏感な部分を指先で愛撫する。

「はあっ、やっ、あっ、あんっ、はっ、はあっ」
あんっ、やめ…、て…、はあっ、気持ち、いい…、おかしく、ああっ、なる、…。
沢村の荒々しさのある愛撫と対照的な女性らしい優しいタッチになすすべもなく翻弄される真央は、全身くまなく押し寄せる快感の波に押し上げられ揉みくちゃにされ、頼りなく開けた唇のスキマから湿った吐息を漏らし、快感の頂点へ連れて行かれる。

「や、やだあ…、あっ、そこ、だめえ」
やっぱり、あんっ…、同じ顔…、あ、あんっ、変な感じ…、やっ、そこは…、どうして、ああっ、わかるの、…。
鏡を見ているのかと錯覚させる同じ顔をしたマオのタッチは、真央の感じる部分を的確に愛撫する。真央のあのときの感情をモニタリングする際に、真央の反応も当然記録されて、どこをどうすれば真央を気持ちよくできるかが解析されて数値化されているためだが、真央にそんな専門的な知識などなくマオの手練手管に翻弄されるしかなかった。

「真央ちゃん、カワイイ」
快感にもだえる真央の顔をノゾキ込むマオは、かすかに頬を染めて照れたように微笑しながら、的確に感じる部分を攻めてくる。それも単調な攻めではなく緩急をつけながら、時にはぐらかすように別の場所をイジるなど、セクサロイドと呼ぶにふさわしいテクニックを駆使して、真央を快感の頂点に追い込んでいく。

前に説明したように真央が住む21世紀のほぼ中頃には、アンドロイドは普通の人間と同じ自然でなめらかな動作や、人間と区別が出来ないしゃべり方を実現して人間社会に溶け込んだ存在だったが、セクサロイドならではの特殊技能はまだ発展段階で、各社がしのぎを削る先端技術だった。

感情をサンプリングして移植するのも最新技術に属するが、すでに市販品に導入された技術だった。ここにいるマオは市販品をさらにチューンアップした特注品で、外観をマオに酷似させるカスタマイズの他に研究段階の最新技術を投入しており、次世代機のプロトタイプとしての役割も負っていた。

この時代にはセクサロイドに職を奪われて風俗嬢はほとんど消滅しかかっていたが、まだ機械にマネできない極上のテクニックを持つ生身の風俗嬢は超高級コールガールとして存在してた。可能な限りの技術と金をつぎ込んだマオは、彼女たちに匹敵する最上級テクニックを身につけていた。

「はあっ、あっ、もう、あっ、だめえ、あっ、いっちゃ、ううっ」
すご、あんっ、い…、はあっ、まっしろ、あっ、はあっ…、もう、ああっ、ガマン、ああっ、できない、…。
見た目は顔は真央と同様に幼さを感じさせるが、中身は百戦錬磨のプロ風俗嬢顔負けのテクニックを持つマオに、真央はあっさりイカされた。すがりつくマオをはねのけるように四肢を痙攣させた真央は、背骨が折れそうなほどのけぞるとガックリと脱力した。

「真央ちゃん、カワイイ」
的確なフィンガーテクで真央を快感の頂上まで追いやったマオは、ご主人様にご褒美をねだる忠犬のように沢村に愛らしい笑顔を向けていた。

真央 (76)につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:08:30 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old