FC2ブログ

== レンシャヲトコ ==

レンシャヲトコ (17)あおいのいかり

ろま中男3 作品リスト
レンシャヲトコ 目次

レンシャヲトコ (17)あおいのいかり

ナレヲです…、作者がほったらかしにしとったんで、覚えてへんかもしれまへんけど…

ホンマや、前回の更新からもう2ヶ月でっせ…、というか新年の挨拶もせんうちに、節分も終わっとるし、私らのこと知らん読者サンも、おるんとちゃうの…。
(作者注:2ヶ月はアメブロ掲載時のコトです)

ホンマや…、ほんなら自己紹介させて貰います、この二枚目がナレヲで、となりのオバハンがナレヨはんです…。

ボカッ、
誰がオバハンやねんっ、それに二枚目とは、ようゆうたな…、この口がゆうたんかっ、ええっ…。

ひいいっ、痛いがな、ちょっとふざけただけやのに…。

おもろないんじゃ、ほらもう、読者はんら、他のサイト見に行こうとしてはるで…。

えらいスンマセン、もうちょっと、待ってえな…、それに、大きい声じゃ言えんのですけど…、作者はん、『真央』のクライマックスの続きが書けんようになって、『レンシャヲトコ』に逃げてきたらしいんで、こんなんで引っ張り出されるわたしらも実際、迷惑しとるんですわ…。

アンタ、なんてこと言わはんのっ…、迷惑だなんて、そんなことありませんですよ。それに、エエやないの…、作者はんの書きたいように、させたげえな…。

ナレヨはん、のんきなことゆうてて、ええんか?…、読者はんは憶えてへんやろけど、連射サルアニキが堀○真希似の妹とやりまくり~の、兄妹近親相姦し~の、メイド奴隷でっせ、ありえんがな…。

ええんや…、アンタ、遊びなはれ、酒も呑みなはれ、アンタが日本一のエロ小説ブロガーになるためやったら、うちはどんな苦労も、耐えて、みせます…。

あらら、とうとう、1フレーズ全部、言うてしもうた。アンタ、ほんまに『浪速恋しぐれ』好っきやなあ。

好っきやでっ、それが~どうした、文句があるかあ~、あ~めの横町お~、法善寺い~、やっ。

もうええわ…、それではグダグダのまま、『レンシャヲトコ』お楽しみください。



「おちんちん様、か…、そんなに、待ち遠しかったか?」
なにいってんだ、コイツ(笑)…。でも、すっかりエロ女に、なったな、…。

妹に虫ケラ扱いされて蛇蝎のように嫌われてきた剛は、そんな気の強い妹を従順な奴隷に調教して上機嫌だった。堀○真希似の美少女が萌え萌えなピンクメイドコスを着て四つん這いになり、ご主人様の愛棒を喜んで受け入れるエロ萌えな姿に有頂天になっていた。

「は、ああん、はい…、うれしい、です、ああっ」
もう、だめ…、くやしいけど、逆らえない、…、わたし、ヲタ菌に感染して、変態コスプレヲタ娘になっちゃったんだ…、キモヲタアニキに犯されて…、喜んでるキモオタ娘だわ…、もう、私、無垢で清純な女の子じゃ、なくなったんだ…。

お漏らししたシモの世話までされた美少女は、変態ヲタ兄に完全に屈服していた。

絶倫な肉棒に際限なく貫かれたカラダはメスの悦びを覚え、兄妹の禁忌さえ忘れてみだらな快楽に溺れていた。サル並な絶倫兄に2桁以上もナマ本番で陵辱されて、痛々しく充血した濡れた花びらが咥え込んだ肉棒に、まだ幼さ残ったカラダの芯がゾクゾクして腰が踊り出しそうな興奮に襲われていた。

「そうか、じゃあ、いいぞ」
「ああっ…、え?…、なにが…」
「腰、振れよ」
「え?…、はい、ありがとう…、ございます、あ、あんっ、あっ…」

ご主人様気取りでバカ面をさらす絶倫兄に、エロ萌え妹はもう逆らう気は無かった。ケモノのように自分から腰を振れというセリフに拘泥することなく、あおいは肉付きの薄い腰を振って衰える様子を見せないビンビンの肉棒を出し入れし、甘美な悦びにまみれながらピンクフリルのスカートを揺らす。

「う、うまいぞ、あおい、いいっ、いいぞっ」
メイド服でかわいさ数割り増しの美少女、萌え萌えだあ…、しかしオレがこんなにセックスがうまいなんて、なんで今まで気付かなかったんだ?…、でもコレなら沙緒梨さんも、オレのセックステクニックにイチコロだな…。

妹を自分のモノにしたつもりになって自信過剰な剛は沙緒梨さえ手に入れたつもりで、綺麗な花が百花繚乱に咲き乱れる妄想の世界で鼻歌を歌いながら、軽やかにスキップを踏んでいた。

「あんっ、はあっ、あ、ああっ、いっ、は、あっ」
気持ち、いい…、もう、どうでもいい…、気持ち、いいんだもん、…。
ピンクメイド衣装に身を包んだあおいは幼い顔に似合わない淫靡な空気を発散して、妖しく腰を振って禁断の愛欲に溺れる。

「あ…、そろそろ、寝ようか」
あれ、もうこんな時間か…、明日は沙緒梨さんに会いに行くし、そろそろ寝るか、…。
肉欲に溺れるメイドコス妹を見おろすサルアニキはいきなり終了を宣言した。ヲタらしいといってしまえば、まったくそのとおりの場の雰囲気などお構いなしのマイペースぶりだった。

「あんっ、え、なんで…」
後ろにしがみついていたバカアニキが離れていとおしい肉棒が去っていくと、その場に残されたあおいは茫然として虚空を見つめていた。
「なんで、いやっ、やだあっ…」
発散されないメスの欲情がカラダを熱くする。幼いカラダに怒りがこみ上げてくる。

「私を、こんなにした責任…、取って貰う」
ゆっくりと立ち上がったピンクメイド妹は大きな目に怒りの炎を宿し、フリフリのミニスカをひるがえすとバカアニキの部屋に向かった。

レンシャヲトコ (18) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 15:58:16 ━ Page top ━…‥・

== レンシャヲトコ ==

レンシャヲトコ (16)ジャジャ馬ならし

ろま中男3 作品リスト
レンシャヲトコ 目次

レンシャヲトコ (16)ジャジャ馬ならし

ナレヨですっ…、昨日からウチんとこのあのオッサン、寝たまんまなんでいつものヨタ話はありませんのや…、えらいスンマセンなあ…、まあ、そういうわけでさっそくお楽しみください。



「ひいっ、痛いっ、なにすんのよっ…、ド変態、しんじゃえっ」
イタイッ、やだっ、なにすんのよっ…、バカ兄の変態キモヲタのクセにっ、絶対、許さない、…。
シ○ア専用ザクと混同したバカ兄のお仕置きを受けて、ズルムケチンポ棒に貫通されたカラダを緊張させた堀○真希似の妹は、エッチな気分が一気に霧散していつもの調子で悪態をついていた。

「…、あおい、お兄ちゃんが、メイドのなんたるかを、教えてやる」
このジャジャ馬…、立派なメイドに調教するには、骨が折れそうだ…、でも、ちゃんとしたメイドにしてやるのが、兄としての務めだ…、あおい、ちゃんとついて来いよおっ、…。

妄想の世界にどっぷり浸かった剛は、あおいを立派なメイドに調教するのが天から与えられた使命のように感じていた。

「教えなくて、いいっ、早く離れろ、このバカ、変質者っ」
完全にイッちゃってるよ…、このバカ兄…、いい加減に、しろっ…。
ヲタ兄の好き放題に犯される憐れな妹は、癇癪を起こして暴れたが
「お仕置きだっ」
痛い目に遭わせないと、わからないようだな、…。
完全征服してあおいを屈服させないと気の済まないご主人様気取りのバカ兄は、腰に手を回して股間に手を入れると、薄い茂みを通り越してスジから顔を出した突起を指で押しつぶす。

「ひいっ、ひいいっ…、やっ、いっ、やだあっ…、あ、ひっ、ひいいっ、やめっ、やっ、てっ」
いっ、いたっ、ああっ…、あっ、ひいっ、…。
一番感じる部分が壊れそうなほど圧迫されたあおいは断末魔の悲鳴を上げて悶絶する。スレンダーな女体をビクビク振るわせて、狂ったように頭を振り回してショートヘアを振り乱す。

「オレの言う事、聞くか?」
もだえ狂う妹にサディステックな妖しい笑いを浮かべた兄は、敏感なポッチ責めをしばらく続けたがいったん休止して声を掛ける。

「あ、ああっ、はあっ…、誰があっ…、この、ど変態っ、いっ…、あぐっ、うっ、あっ、ひっ、いいっ」
しかし目尻から涙をこぼす憐れな妹は生来の負けん気を発揮して兄を罵倒し、たちまち再開されたポッチ責めにまた悶絶して若い肉体をもだえさせた

「最後のチャンスだ、オレにメイドになると誓えっ」
股間から全身に伝播する激痛にもだえ苦しむ堀○真希似の妹は、とうとうたまりかねてビシャアッとオシッコを噴出して失禁し、自分と兄の股間をヒタヒタに濡らす。
「あ、ぐっ、はっ、はあっ、ああっ…、わ、わかり、ました…」
ひっt、いやっ、あっ、しんじゃうっ、あ…、ああっ、やだ、ああっ…、もう、いやあ…。
苦痛で意識が遠くなりかけた時、ようやく拷問のような痛みが納まって兄の最後通牒がどこか遠くから聞こえてくる。

「お、お兄ちゃん、の…、メイドに…、なります」
だめ…、もう…、ああっ…、なんでも、はああっ、なるよ…。
激痛から解放されて新鮮な女体を弛緩させたあおいは目尻からポロポロ涙を流しながら、オシッコを漏らしてしまった情けなさで戦意喪失して変態ヲタ兄に屈服した。

「よしっ、じゃあ、『ご主人様、お帰りなさいませ』だ、言えっ」
「まっ…、まって…、お…、オシッ、コ…、キレイに…、して…」
ヤンチャな妹を屈服させてご満悦の剛が上目線な声で調教を開始すると、カワイイ顔を涙で濡らしてガックリ肩を落としたあおいは、消え入りそうな哀願の声を漏らす。

「あっ?…、ああっ、しょうがねえなあ、あおいは…、赤ん坊みたいだぞ…、おまえ、よくお漏らししたんだぞ」
?…、そうか、なんか湿っぽいと思ったら、コイツ漏らしてたのか、…。
やっと美少女妹のお漏らしに気付いたバカ兄は無神経なセリフを漏らして、屈辱と恥辱で傷心の妹にさらに追い打ちを掛けていた。

「はひゃあっ…、うっ、ううっ、あひっ…、ご、ごめん…、なさい…」
あんっ…、ううっ、やだっ…、くうっ、恥ずかしい…。
ずっとナカに納まっていた肉棒が抜けて気の抜けた声を漏らしたあおいは、変態兄にはぎ取られたバスタオルで太ももやお尻を拭かれて、シモの世話をされる屈辱感で押しつぶされそうになったが、
あんっ…、ど、どうして…、恥ずかしい、のに…、か、かんじちゃ、う…。
あそこを丁寧に拭かれると、ゾクゾクするような感覚にメスの性根を熱くして、屈服のセリフを自然に口にしていた。

「じゃあっ、おっ、おおっ…、言え、『ご主人様の、おちんちん、お帰りなさいませ』だ」
よし、すっかり素直になったな…、うっ、いいぞ、きもちいい…、ほら、言えっ、…。
ジャジャ馬調教の成果に満足げなヲタ兄は、バカ面をさらしてズルムケチンポを再突入させると、調子に乗ってさっきと若干違うセリフを強制した。

「はい…、あんっ、ご主人、様…、あはあっ…、おちんちん、様…、はあんっ、お帰り、なさいませ…」
はあっ、ああん…、また、やられちゃった…、でも、あんっ、はあっ、気持ち、いい、…。
屈辱と恥辱のどん底までつき落とされたあおいは、無意識に落ち込んだ気持ちを忘れようと快楽に没入した。ヲタ兄のおバカなセリフをさらにアレンジして、商売女のような甘えたかすれ声で肉の悦びをご主人様に申告していた。

レンシャヲトコ (17) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:39:24 ━ Page top ━…‥・

== レンシャヲトコ ==

レンシャヲトコ (15)ペチコートとニーソ

ろま中男3 作品リスト
レンシャヲトコ 目次

レンシャヲトコ (15)ペチコートとニーソ

まいど、ナレヲだす。

ほんでも、堀○真希似の妹と、いつまでヤル気やねん。絶倫ゆうても、限度があるで。ええかげんにせんと、草食系のナレヲさんでも、怒るでえ、ちゅーねん。

あほっ、誰が草食系やねんっ、草食系っていうんわ、小○徹平君みたいなイケ面男子をいうんやっ(ボカッ)。

痛いっ、っちゅーねんっ。それやったら、わし、イケ面やないか。

どの口が、そんな図々しいことを言うんやっ、えっ。

ひらいやらいか、やへんかひ…、はあっ、口ひっぱらんでも、ええやなか

アンタみたいなオッサンはな、ミジンコ系で充分や…、身の程を知らんと、あとで痛い目にあうで。

ナレヨはん、えらいいいようやな…、ミジンコって、わし、そんな情けないこと、ないで、ほら、よう見てみ。

ひいっ、やだっ(ゴキッ)、そんな粗末なモン、見せんといてっ…、あらま、ナレヲはん、寝てしもうたわ…、しゃーない、ほんなら、兄妹ドロドロ編、引き続き楽しんでや。



「ああっ、手伝ってやる」
やっと素直になってメイド服を受け取ったあおいを、剛は柔らかい二の腕をつかんで立たせようとする。

「やだっ、触らないでっ」
ひっ…、ちょっと、着てあげるだけよ…、もう、絶対に許さないんだから…、私の純潔、奪っておいて、練習台なんて、バカにするにもほどがあるわ…。
さしだした手をはねのけたあおいは、剛の目から出るエロエロヲタ毒光線が新鮮なカラダに浸潤する気がしてあわててメイド服を頭に通した。

「おおっ、似合うぞ、お兄ちゃん、うれしいぞ」
ほんと、あおいのヤツ、メイド服がぴったりで、萌え萌えだあ…、うひひっ…。
風呂上がりの火照った体を包むピンクメイド服はあつらえたように若い女体にフィットして、やせ気味なセクシーバディの艶めかしい線をはっきり見せていた。

「もう、いいでしょ、出てって…、ひっ、それ、もう、やだあっ」
ちょっと、カワイイかも…、え…、やだあっ、また、おっきくなってるよおっ…、悪魔、死んでえっ…。
カワイイメイド服にまんざらでもなさそうなあおいは、つかの間表情を緩めてカワイイ笑顔を見せたが、剛の股間のモノがビンビンにそそり立ち異様な熱気をはらんでいる気がして、悲鳴に近い甲高い声を上げた。

「まてよ、ちゃんと着てないし、これもあるんだぞ」
この、恥ずかしがり屋め…、ちゃんと着てないし…、お兄ちゃんが、ちゃんとしてやる…。
ピンクのオーバーニーソックスを渡したオレはメイド服を着て頼りなげに立つあおいの後ろに立つと、背中のリボンを引っ張って縛ってやる。

「やっ、やだっ…、自分でやるから、触らないでえっ」
やっ、変態、触るなっ…、油断も隙もないわ…。
あおいは後ろに立つ剛のみぞおちにヒジ打ちを喰らわせると、背を向けたままピンクニーソに足を通した。

ぐ…、いってえ…、おほっ、この眺めは…、絶景でちゅう…。
カウンターアタックに剛は床に尻もちをついたが、ローアングルから突き出したお尻を眺めてすぐにご機嫌になった。

おぱんちゅ、はいてないでちゅう…、かわいいでちゅよ、あおい…。
ピンクミニスカをボリュームアップさせるギャザリングされた二段フリルのペチコートの奥に、ツヤツヤしたお尻と湿り気を帯びたあそこがプックリつきだしているのを見て、バカ兄はまた妄想の世界に浸り、脳内麻薬を噴出して変態の世界に酩酊していた。

「やっぱり、手伝うよ」
ううっ、もう、たまらんでちゅうっ、お兄ちゃんのチンコ…、破裂しそうでちゅうっ…。
妄想の世界にどっぷりはまって劣情にまみれた剛は、もう一方の足をニーソに通すあおいに後ろから抱きついて、濡れた花びらの中心部にそそり立つ愛棒を突き刺した。

「やっ、あっ、だっ、ああっ、いやあっ、あっ、ああっ」
えっ、やっ、またっ、ああっ…、やられ、ちゃったあっ…、いやっ、ああっ、変態、…。
ニーソを太ももまであげたその時にバックから貫かれたあおいは、逃げようとしたがそのまま床に押し倒されて、ドッグスタイルで熱い肉棒を受け入れていた。

「おふっ、だ、だめだ…、メイドは、ご主人様に、そんな口の利き方は、しない」
おっ、はいったあ…、あううっ、いい気持ちでちゅうっ…、でも、あおいのヤツ、なんにも知らないでちゅ…、ちゃんと教育しないとでちゅっ…。

四つん這いになったあおいに覆い被さる形になった剛は、ヌメリ気を帯びた肉の合わせ目に根本まで突入して子宮口を貫いていた。とりあえずチンコが破裂する危機から解放されたバカ兄は、ご主人様気取りで憐れなロリ妹をメイド調教することにした。

「なっ、なに言ってるのよっ、あっ、この、あんっ、変態…、やっ、ああん、キモオタ…、やあっ、死んでよ…」
やだ、ああっ、当たるよおっ…、あんっ、どうして、いやなのに…、ああっ、おナカの奥が、熱い…。わたし、ああっ、ヲタ菌にやられて…、おかしく、あはんっ…、なっちゃった、よお、…。

いきなり子宮口をこじ開けられたあおいは泣きそうな声で怨嗟のセリフを口走っていたが、何度も犯されて兄の肉棒になじんだ下半身は官能の悦びを示すように、強引に広げられた亀裂のスキマからエッチな汁を垂らしていた。

「だまれっ…、ご主人様、お帰りなさいませ、だっ、言ってみろ」
ああっ、あったかくて、きもちいいっ、でちゅうっ…、あおいのエッチなカラダ、たまらんでちゅう…、おまえはもう、オレ様専用のピンクメイドだ…、3倍、気持ちよくしてやる…。

ギャザリングされた二段フリルをまとめてたくし上げた剛は、しまりのいいキツキツマンコにズルムケチンポを突き刺す気持ち良さにウットリしながら、湿り気でしっとりしたスベスベお尻をスパンキングしてお仕置きを喰らわせていた。

レンシャヲトコ (16) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:57:22 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old