FC2ブログ

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (394)エロガキの妄混同セックス

ろま中男3 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (394)エロガキの妄混同セックス

「気持ちいいだろっ」
後ろ手に縛り上げて抵抗できない祐香里を組み敷き、生挿入でゆっくり腰を振るタダシは下半身が蕩けるような気持ちよさに浮き立っていた。

「あ、や…、ああ、だあ…」
カラオケの一室で無理やり犯される屈辱感にまみれた長身美女は、同時にカラダの奥から湧きでる熱い昂ぶりに悦びを感じてしまう女のサガを恨んで泣いていた。
「なんで泣いてんだ、うれしいだろ」
顔をそらしてさめざめ涙をこぼすきれいな横顔にサディスティックな加虐心を熱くする変態は、意地悪な笑いを浮かべていた。
「あ、あんっ、うれしく…、ああっ、ない…」
膣口の粘膜をゆっくり擦る肉棒に悦びを感じている自分をどうしても意識してしまう祐香里は、どうしようもなく淫乱なカラダに口惜しそうな声を漏らした。
「オマエは、『うれしい、もっとズコズコしてえ』って、おねだりしてただろっ」
ハンドボールのような爆乳から異常に突き出たピンク色の突起をまさぐるタダシは、妄想オナニーで祐香里が漏らすエッチなセリフを強要していた。

タダシは初恋の女の子を犯して頭がおかしくなっていた。中学時代のオナニー妄想と現実を混同して、妄想の中で淫乱に悶える祐香里をリアルな祐香里に要求していた。

「な、なに?…、や、やああ…」
意味がわからない祐香里は鼻にかかったつらそうな声を漏らし、後ろ手拘束でままならないカラダをいきり立った肉棒を生挿入されて、切なそうに悶えるだけだった。
「このっ、言えっ、『もっと、ズコズコしてえ』って」
言うとおりにならないことに癇癪を起こしたエロガキは怒鳴り声を上げると、ピンク色に飛び出した乳首を思いっきり捻りあげた。
「ひいいっ、いっ、痛いっ」
乳房の敏感な部分を虐められて祐香里は悲鳴を上げた。汗でヌルついたカラダが反りあがり、緊張した指先が痙攣していた。
「言えっ、『祐香里をもっと、ズコズコしてえ』って」
ぎゅっと閉じた目から涙をポロポロこぼす長身美女にますますサディスティックな興奮を覚えるタダシは、思いっきり腰を突き上げて根元まで挿入して弾けそうな乳房を思いっきり握り締めた。
「ひいいっ、やっ、痛いっ、やだあっ」
両手をパンティで縛られて抵抗できない祐香里は、容赦なく乳房に食い込む指先の激痛にのけぞり、肉棒を膣奥までぶち込まれて緊張した女体から汗を垂らした。

「このっ、言えっ、バカ女っ、オマエはオレの奴隷なんだぞっ」
加虐色情に狂ったタダシは、愛液まみれの処女マンコにガンガン腰を突き上げてズル剥けチンポを突き刺した。カラオケルームに愛液が肉棒でかき混ぜられるヌメった音が響く。狂ったように腰を振って汗まみれにヌルヌルした新鮮な女体を陵辱し、血走った目で涙でぬれた頬に平手打ちを食らわせた。
「ひっ、やっ、やだあっ、もう、許してえっ」
狂気を帯びた目でビンタを繰り出タダシに祐香里は本心から恐怖した。血管が浮き出た肉棒がズコズコ出入りする性器の切れ目からはダラダラ愛液があふれてその上の穴から漏れたオシッコと混じりあい、サオ根元のモジャモジャをヌルヌルネチョネチョにしていた。

女子校生由貴 (394) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:55:24 ━ Page top ━…‥・

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (393)口内発射から再度本番

ろま中男3 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (393)口内発射から再度本番

「くひいっ…、うひひっ、せっかくだから、こっちでしてもらおうか」
息子を肉厚の唇にしごかれて御機嫌のタダシだったが、イヤらしく笑ってたわわに実った爆乳に目を付け、控えめなヘソが縦スジを作る腹部に跨った。

「おら、ヨダレ出してヌルヌルにしろ」
ハンドボールのような乳房の間に分身を差し込むと、唇にねじ込んだ指で潤滑油代わりの唾液をかきだす。
「ひゃらあ、ひめへえ、ひゃらああ」
引っ張り出された舌をシゴかれて唾液と供出させられる祐香里はロレツの回らない声で嫌がったが、乳首はビンビンに勃起して美肉がヒクヒク震えるオマタは大洪水だった。
「んっ、くううっ、いいぞ、ちゃんと咥えろっ」
爆乳の谷間をツバだらけにして腰を振るタダシは、はち切れんばかりの乳肌の弾力にシコかれる気持ちよさにうわずった声を上げ、膨れあがったカリで肉厚の唇を犯した。
「んふっ、ふわあっ、んふふ、じゅっ、ちゅちゅっ」
後ろ手拘束で抵抗できない祐香里は強制パイズリフェラを懸命に耐えて受け止めていたが、歯を当てずに上あごと舌で上手にカリをしごいていた。

「くうっ、うまいぞっ、んっ、ごほうびだっ」
濃厚なカリの愛撫と爆乳パイズリに上機嫌のエロガキは、ハンドボール大の乳を両側から押さえながらピンク色に突き出た勃起乳首をクリクリした。
「んはあっ、あふあっ、んちゅっ、ちゅっ、はふあっ」
祐香里は乳首が敏感だった。親指と人差し指で挟まれた乳首が卑猥に歪むと、白人AVのような肢体がビクビク痙攣してよがる。カラダの反応と対照的にカリを咥えた美人顔は苦しそうに呻いてギュッと閉じた目尻からポロポロ涙をこぼしていた。

「んほっ、くっ…、ううっ、ちゃんとっ、くっ、飲めよっ」
ナマ本番からイラマチオ、爆乳パイズリのフルコースでタダシは昇天した。裏スジが痺れて背筋を緊張させたエロガキは、二つのハンドボールを思いっきり押しつけてサオを圧迫し、腰を押し出してヨダレに濡れた厚い唇にカリをねじ込んだ。
「んっ、ふぶぶっ、んんっ…」
ドロッとした白濁液を舌の奥で受けた祐香里は、むせそうになるのを懸命にこらえてそれを舌に溜めていた。
「くっ、ふううっ…、おら、ちゃんと飲めっ」
前屈みに勃起チンポを下に向けたタダシは口内発射の気持ちよさにマヌケな声を上げた。ザーメンを出し切ると後ろ手拘束の女体にのしかかり、唇を引っ張って舌に乗るザーメンを確認してから鼻をつまんでアゴを押さえて全部飲むように命令した。

「んっ、ううっ、んっ、んんっ」
半開きの目で抵抗の意志を見せた祐香里だったが、息が出来ない苦しさに舌の上でヌルヌルする生臭い汁を飲むしかなかった。
「よし、飲んだな、じゃあ、キレイにしろ、ほら、ちゃんとペロペロしろっ」
嚥下するノドが上下するのを確認したタダシは口に指を入れて残ってないのを確認すると、今度はお掃除フェラを命令した。
「んっ、ぬちゅ、ちゅっ、ぺしょ、ちゅちゅるっ」
窒息拷問から開放されて気の抜けた祐香里は無抵抗でいいなりだった。口に押しつけられたカリを舌でペロペロして残滓を舐め取っていた。

「だいぶ、いい子になったな、じゃあ、今度こそナカ出ししてやる」
ぎこちない舌使いに早くも息子の元気を回復したタダシはグッタリしたカラダにのしかかると、股間に息子を差し込んだ。
「や…、もう、んっ、あっ、やめてえ、んっ、ああっ…」
ほぼ観念した祐香里は小さく声を漏らしただけでされるがままだった。膣口に食い込むカリに乳首が突き出た爆乳がビクンと震えたが、膣奥まで犯されると汗が浮いた白い肌を波立ててよがっていた。

「んひひっ、いい子だぞ、祐香里、チューしてやるっ」
強情だった長身美女を落城させた満足感で笑いが止まらないタダシは、肉厚の唇に吸い付いて舌を差し込んでヌルヌル絡めた。
「んっ、ふひゃるっ、ちゅっるっ、ふはちゅるんっ」
美少女の唾液を味わいながらタダシはゆっくりと腰を振った。焦らすように出入りする肉棒にスリムな女体が弛緩と緊張を繰り返す。爆乳から突き出したピンクの乳首をタダシの胸板で上下に歪められて悶える祐香里は、クチュクチュする舌に口中を荒らされて唾液がかき回されるヌメった音を発していた。

女子校生由貴 (394) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:16:17 ━ Page top ━…‥・

== 女子校生由貴 ==

女子校生由貴 (392)エロバカの勘違いと強制フェラ

ろま中男3 作品リスト
女子校生由貴 目次

女子校生由貴 (392)エロバカの勘違いと強制フェラ

「…、じゃあ、やめてやる」
後ろ手拘束で自由を奪った祐香里を犯して御機嫌だったタダシだが、急にやめて早熟な女子高生のよがる女体から離れた。

「ああっ、ん…、え…」
激しい挿入に翻弄されて悶えていた長身美女は、突然の中断に期待はずれな気の抜けた顔を見せた。
「オマエ、ウソついたな」
涙に濡れた目で物欲しそうな視線を投げかける祐香里を放置し、いきり立つ分身を見下ろしたタダシが冷たい声を漏らす。
「あん…、?…、なにが?…」
祐香里はウソつき呼ばわりの意味がわからず、ソファに投げ出した白人AV並みにセクシーな長躯を弛緩させてタダシの股間から突き出した肉棒をボンヤリ見ていた。

「血が出てねえぞっ、オマエ処女じゃねえだろっ」
突然大声を上げたタダシは緩んだ股間を広げると、愛液でヌルヌルの亀裂に指を突き刺してかき回した。祐香里をオカズにしたオナニーで何度も処女の花びらを破瓜の血で散らしていたタダシは、妄想と合致しない現実に癇癪を起こしていた。
「あっ、ああっ…、んっ、ああっ…」
乱暴な指マンで後ろ手拘束された女体が悶え、乳肌に汗が滲んだハンドボールのような爆乳が弾む。キンキンしたあえぎ声と潤沢な愛液がかき回されるグチャグチャという粘った音が静かなカラオケルームに響いた。

「オレ以外の男と、ヤリまくってたんだろ、この淫乱がっ」
指マンを続けながら悶え波立つ女体にのしかかったタダシは、ピンク乳首が異様に突き出た特大ゴムまりを胸で押しつぶし、涙に濡れた目を閉じて顔を振る祐香里を覗き込んで見当はずれな怒りをぶちまけた。
「やっ、あっ、んっ、ちがっ、私、んっ、はあ、ああっ、処女だからあっ、あっ、うっ、ウソじゃ、ああっ、ないっ」
膣口の粘膜を荒らしまくる手を太ももで締め付けてのけ反る祐香里は、甲高いあえぎ声混じりに正真正銘の処女であることをバカ正直に訴えていた。

「…、これ見ろ、血、出てねえだろ」
汗で濡れてシットリした太ももから手を引き抜いたタダシは、長身美女のアヘ顔を覗き込んで憎々しげに睨みつけると、愛液まみれの指先を見せつけてピンクがかった頬を撫でつける。
「え?…、あ、ん、ああ、な、なに?…」
乱暴な指マンで絶頂の直前まで突き上げられて意識が朦朧とした早熟少女は、エロバカの見当違いな怒りが理解できずに曖昧な応えを漏らす。
「処女は、チンポ挿れられたら、血が出て痛がるだろっ、って言ってんだよっ」
初体験の祐香里をムリヤリ犯してマ○コを血まみれにするのがオナニー妄想の定番だった。
「ああっ、え?…、はっ、はあ、血?…」
押しつぶされた爆乳の息苦しさにせっぱ詰まった吐息を漏らす祐香里は、現実が妄想通りにならないことに苛立つ子供が理解不能で、不安そうな視線を投げかけていた。

オナニー習慣のある早熟少女は親に隠れて入手した大人のオモチャを使っていた。祐香里の処女膜は電動バイブに破られ、そのとき破瓜の血も経験していた。しかし生理の時期と重なっていたのではじまったと勘違いし、祐香里は自分で処女膜を破ったという意識がなかった。

「ほら見ろっ、オマエのイヤらしい汁しか付いてねえだろっ」
はっきりしない祐香里にますます昂ぶったタダシは、ソファに乗り上がって股間を突きつけると愛液まみれの肉棒を祐香里の唇に押しつけた。
「んっ、やっ、んふっ、ぶっ、ふひゃっ、ふっじゅっ」
そのままフェラが強行された。初めてのフェラでイラマチオされた祐香里は、頭を前後にシェイクされて肉棒で口ナカを陵辱される苦しさに籠もったうめき声を漏らしていたが、血管が浮いたサオが激しく出入りして広がった唇は溢れた唾液で妖しくテカり、緩んだオマタでヒクヒク震える亀裂からはイヤらしい汁がダラダラ垂れていた。

女子校生由貴 (393) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:25:35 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old