FC2ブログ

== 今日のネコ ==

今日のネコ (35)番外編:タダシの奴隷5

ろま中男3 作品リスト
今日のネコ 目次

今日のネコ (35)番外編:タダシの奴隷5

「…前回は、エヴァネタで作者ひとりが盛り上がって、スイマセンでした」
タダシは気を付けの姿勢で作者に変わって深々と頭を下げた。

「ああんっ、何言ってるのお」
トロトロの膣ナカでバイブが暴れ回る官能の刺激にもだえるネコが、トロンとした目でタダシに聞くと
「このバカ女、ご主人様と呼べっ」
羊の皮を脱ぎ去ったタダシはケダモノな本能ムキだしのオオカミの本性をさらけ出すと、キャミの上から乳房をわしづかみにした。残忍な笑いを浮かべたタダシは、ネコのおびえる顔をのぞき込んで股間で蠢くバイブをかき回した。

「いたっ、あんっ、急に、ああっ、どうしたの?」
股間のキツイ刺激にもだえながらネコは、哀願するような怯えた表情をタダシに向ける。
「それが、ご主人様に対する言葉かっ、恥を知れ、バカ女っ」
上目遣いでおびえるネコにどSな加虐心を昂ぶらせたタダシは、豊満な乳房に指を食い込ませてネコの顔をのぞき込み、乱暴に唇を押しつけた。

「あっ、ふ、ああっ、いや、あ、やだあっ」
のしかかる変態高校生を押しのけようと暴れたが、股間からわき上がる官能の刺激にしびれた女体は言うことを聞いてくれず、ネコはタダシのいいように陵辱されていた。
「あっ、だ、ふあっ、あふあふっ、」
ムリヤリ差し込まれた舌に無意識に舌を絡めるネコは、無機質な電動音をあげるバイブでムリヤリ広げられた亀裂のスキマから、ネットリした滴を滴らせてオマタをネチョネチョに濡らしていた。

「ご主人様、入れてくださいだっ、言えっ」
ネコのカワイイ唇をベロベロ舐め回してツバだらけにしたタダシは、極悪なバイブに蹂躙されて魅惑的な女体を妖しくくねらせるネコに、ムリに顔をすごませて命令する。

「ああっ、いや、ああんっ、いいっ、やあ、やめてえっ」
急に凶暴化したタダシが怖くてネコは精一杯抵抗した。しかし淫らな愛撫を求める下半身はタダシにじゃれるようにナマ足を絡めていた。

「…うるさい、咥えろっ」
手をバタバタさせてむずがるネコに加虐色情を昂ぶらせて若い肉体をゾクゾクさせたタダシは、裸になった下半身を押しつけ、いきり立つ肉棒を握ってカワイイ唇にねじ込んだ。

「あうっ、うっ、うふうっ、はあっ、ああっ」
熱いズルムケチンポをムリヤリ咥えさせられたネコは懸命に口を開けて、強引に侵入してくるソレをなんとか受け入れていた。
「ううっ、ふわうっ、ううっ…」
苦しそうに目を閉じてめいっぱい開けた唇のハシからヨダレを垂らし、ネコは押しつけてくる腰を両手で押し返しながら、メスの本能で口いっぱいに頬ばるソレに妖しく舌を絡めていた。

「おっ、いいぞっ」
チンポがトロけそうな絶品のお口の愛撫を受けてバカ面をさらしたタダシは、サラサラした髪をわしづかみにして頭を抑えると腰を振り始めた。

「うっ、ひやっ、ふわっ、うっ、ううっ」
腰の激しい動きに合わせて出入りする膨張した肉棒を懸命に口で受けるネコは、苦しそうに呻きながら、シャインリップが妖しくテカる唇のスキマからあふれ出したヨダレで、口の周りをベトベトにしていた。

「おらっ、おいしいだろっ、おら、おらっ」
ナマ太ももをムッチリさせて女の子座りしたネコはあごを突き出してサラサラした髪を振り乱して、どS変態高校生のムキ出しの欲望になすすべもなく翻弄されていたが、どMな昂ぶりで熱く火照った下半身の中心で咥え込んだバイブから、ネットリした汁で垂らして床に小さな池を作っていた。

今日のネコ (36) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:50:45 ━ Page top ━…‥・

== 今日のネコ ==

今日のネコ (34)番外編:タダシの奴隷4

ろま中男3 作品リスト
今日のネコ 目次

今日のネコ (34)番外編:タダシの奴隷4

「…、お兄さん、見た?」
タダシがネコの股間をチラ見した店員に聞くとニヤけ面で知らん顔だった。
「見てんじゃねえよ、このスケベ野郎っ」
急に態度を変えて怒鳴りつけるタダシに店員は慌てて出て行った。ネコもタダシの変わりように怯えて、若干腰が引けていた。

「心配しなくて大丈夫だよ、…入れてあげるよ」
ネコの怯えた様子にどSな加虐新を昂ぶらせて不気味な笑いを浮かべたタダシは、足を広げさせるとヌレヌレのあそこにバイブを突き刺した。

「あっ、いたいっ…、あっああっ」
捲り上げられたミニスカを押さえたネコは、ナカで暴れ回るバイブに色っぽい声を上げてナイスバディをもだえさせる。

「あ、やっ、ああっ…」
バイブを差し込まれた股間を内マタ気味に閉じたネコは、そのポーズがバイブを圧迫して余計に刺激を増幅するコトに気づいてなかった。
「なんか、歌ってよ」
ダイナマイトバディを切なげに震わせるネコにマイクを渡したタダシは勝手に曲を入れていた。

「コレ…、舐めるのお?…」
マイクを渡されたネコは女芯を刺激する快感に混乱して、カワイイ舌を出して舐めだしたが、
「…、ざんこーくな、てんしのように、しょおーねーんよ、しんわになーれー、…」
イントロが始まると上気した色っぽい顔で歌い出した。

コイツ、バカだ…。
バイブを咥え込んだままノリノリで気合いを入れて歌うネコに、吹き出しそうになるのをこらえたタダシはバイブのコントローラを最大にした。
「あおい、かぜがいまっ、あんっ…、ああんっ、ああっ、歌えないっ」
ビンビンと音を上げてナカで暴れるバイブに股間を押さえたネコは、女体の奥を嬲られる刺激に艶めかしく女体をくねらせながら、恨めしそうにタダシを見た。

「JASRACと利用許諾契約できないからだよ」
バイブにもだえるネコをねめつけたタダシが、大人の事情を口の中でつぶやいた。
「えっ、…なんか、言ったあ?」
うつろな目でもだえるネコが聞き返したが
「…、逃げちゃ、ダメだっ」
意味不明なセリフを口走ったタダシはネコにのしかかると足を広げて、トロトロの蜜壺をバイブでグリグリとかき回した。

「…あっ、ああっ、こわれちゃう、ああんっ、やめてっ、…アンタ、ばかあっ」
あそこをメチャクチャにされた苦しげに呻いたネコは、狂気を帯びたタダシの目を見て乙女だったときの口癖を口走ると、反射的に平手打ちを食らわせると、
「ぐーてん、もるげん…」
律動する股間にバイブを突き刺したまま、両手を腰に当てて仁王立ちして不敵に笑った。
「はっ、私なんで…」
肩幅に開いた足の間のあそこからあふれた滴がバイブを伝って床に落ちた。急に我に返ったネコは恥じらってモジモジした。

「ボクは、ここにいてもいい…、の?」
床に転がったタダシは、内マタになって恥じらうネコを見上げながら、つぶやいた。

今日のネコ (35) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:40:23 ━ Page top ━…‥・

== 今日のネコ ==

今日のネコ (33)番外編:タダシの奴隷3

ろま中男3 作品リスト
今日のネコ 目次

今日のネコ (33)番外編:タダシの奴隷3

や…、あん…、かんじ、ちゃう…。
人通りの多い往来で官能の悦びにふるえるネコは、ナカで微振動するローターの刺激にパンティをイヤらしいおツユでグッショリ濡らし、あふれたヌメリ気で太ももをネチョネチョにしていた。

見られ、てる?…、やあん、見ないでえ…。
すれ違うスケベそうなオジサンにミニスカの奥のパンティを見られている気がいて、ネコは露出狂的な被虐色情を昂ぶらせ、どMな興奮で新鮮な女体を淫靡な欲情で熱くしていた。

あ、はあっ、ああっ、だめえ…。
ナマ温かい風が太もものスキマを通りすぎるだけで感じてしまう淫乱なカラダに、ネコはミニスカのスソをしきりに気にしてオマタのあたりで手をヒラヒラさせていた。

「おねえさん…、カラオケ行こうよ」
発情したサカリのネコにニンマリするタダシは、柔らかい腰に手を回してミニスカのポケットに入れたコントローラーをイジる。湿った頬をピンクに染めて切なげな吐息を漏らすネコに、タダシは劣情をムキ出しにしたイヤらしい視線を向けていた。

「いっ…、やあん、…、あっ、はあ…、いいよ…」
タダシの声に耳をくすぐられて甘えた声を漏らしたネコは、火照ったダイナマイトバディをタダシに押しつけたが、恥ずかしい声を出した自分に照れてはにかむようにうつむいてOKした。

「…、かわいがって、やるよ」
ポケットに入れた手で股間のあたりをまさぐったタダシはネコのエロカワイイ横顔を見ながら、思わぬ拾いモノにイヤらしくほくそ笑んだ。
「…、うん」
無遠慮に太ももの付け根あたりを這い回る手に湿ったため息をつくと、ネコは聞き取れるくらいの声で応えた。すっかりその気になった淫乱美少女は、イヤラシイ仕打ちを受ける妄想にまみれてゾクゾクしていた。

カラオケボックスに入ったタダシはさっさと受付を済ますと、2人用の狭い個室にシケ込む。
「…、見せて」
二人きりの空間にスケベな妄想で頭がいっぱいのタダシは、カップル用のソファに腰掛けたネコのミニスカをめくって、ナマ太ももをさらけ出す。
「いやんっ、えっちいっ、あ…」
ヒザをすりつけてミニスカをナマ太ももの間に押し込んだネコは、じわっとあふれてくるおツユが太ももを垂れるのを感じた。そして洪水のようにあふれた蜜を吸収しきれないほど濡れたパンティが、ミニスカを汚すことを心配していた。

「…、スカート汚れるから、脱ごうよ」
タダシはまるでネコの心を見透かしたようにパンティを脱ぐように勧めた。
「うん、…、そうだね…」
考えていたことをそのまま言われたネコはビックリしてタダシの顔を見つめたが、イヤらしく笑うタダシからすぐに目をそらすと、立ち上がって背中を向けるとミニスカに手を入れた。
「ちょっと、あっち向いてて…」
しかし背中を向けたことで露出狂的な見られる倒錯した興奮に囚われ、火照った女体をモジモジさせる。

「じゃあ、脱がしてあげる」
ネコが躊躇しているとタダシはミニスカに手を入れて、パンティを引きずり下ろした。
「いやあんっ、…もう、強引だよおっ」
あっさりパンティを脱がされたネコはナマ尻をミニスカで押さえて隠して恥ずかしそうに振り返り、照れたような笑顔を見せた。

「見せて…」
ネコをこっちに向かせたタダシはオマタの前にしゃがみ込んで、ミニスカのスソをつまんでイヤらしく笑う。
「やあんっ…、えっちっ…」
エロ高校生にローアングルから見上げられたネコは、どMな被虐色情で欲情した女体を熱くしてゆっくりとミニスカを持ちあげる。

「足、広げて…」
ピッタリ合わせた太ももの根本にわずかな茂みを見たタダシは、ふっと息を吹きかけて陰毛をそよがせるとエッチな要求を続ける。
「はあ…、はずかしい…」
ヒタヒタに濡れた亀裂に入り込んだローターの微震動を意識しながら、どMな支配される悦びにどっぷり浸かった淫乱ネコは、欲情した女体をかすかに震わせながらゆっくりと足を開いていく。

「失礼します」
そこに店員が入ってきてドリンクを持ってきた。
「あ、やだっ」
慌てて足を閉じたネコがテーブルに飲み物を置く店員をチラ見すると、目が合った若い店員は好色そうな笑いを浮かべた。ネコは顔を真っ赤にして下を向いたが、股間のスジから蜜があふれてウチ太ももを濡らすのを感じていた。

ソファに座って知らん顔するタダシは、ネコが赤っ恥に身もだえする様子をイヤらしく笑ってみていた。

今日のネコ (34) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:49:20 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old