FC2ブログ

== 交渉人涼子2 ==

交渉人涼子2 7話 涼子の休日(7)

ろま中男3 作品リスト
交渉人涼子2 目次

交渉人涼子2 7話 涼子の休日
(6)担任生徒はストーカー?

「で、最近どう?」
偶然会った女子高時代の後輩に、涼子が10代に戻ったような懐かしい気持ちで近況を聞く。

「普通に先生してます、ただ…」
「どうしたの?」
「涼子先輩、あれ…」
彩は大学卒業後母校で教員になっていたのは涼子も知っていたが、彼女の顔が曇ったのを見て心配して聞くと、伏し目がちに彩が目配せする。

「あれ?…、ウチの高校の娘?」
視線の先には母校の制服を着た美少女がこちらをうかがっていた。
「ええ…」
困り顔の彩が曖昧に応える。

「どうしたんですか?」
「そうね、お茶でもしましょうか?」
彩の顔色で何かのトラブルかと山田が口をはさむと、落ち着いて話を聞いた方が良さそうだと思った涼子がみんなに声をかけた。

「いいですね、愛、ケーキセットのおいしいお店、知ってますよ」
さっきまで涼子先輩を取られそうな危機感で戦々恐々の愛だったが、そんなことはあっさり忘れてケーキのことで頭をいっぱいの嬉しそうな顔でお薦めの店を紹介する。
「じゃあ、そこに行きましょう、チョット待ってね、精算してくるから」
お茶するのにこだわりはないので、愛の申し出に乗っかった涼子は茉莉の服の精算に向かった。
「あの、オレが…」
「いいわ、お父さんからカード預かってるから、茉莉の初立っち記念だって…、茉莉見ててね」
薄給の山田がやせ我慢して払おうとすると涼子はあっさり断った。涼子のキレイな後ろ姿を見ながら山田は内心ほっとしていた。

「まだ、いるわね」
愛のお薦めの店に入った涼子は、離れた席に座った制服美少女をすぐに見つけていた。
「彼女、私の担任の子なんですけど…」
そんなことは予想済みなのか、彼女を見ようともしない彩は小さくため息をついた。

「ミルフィーユがおいしいんですよ」
「じゃあ、オレもそれにする」
茉莉をあやす愛と山田は彩の相談などどうでも良さそうにケーキセットのケーキを選んでいた。
「茉莉ちゃんは、ママのオッパイでちゅね」
山田は持ってきていたほ乳びんを取り出すと、おいしそうに飲む茉莉にニコニコしていた。

「涼子さんは、どうします?…、あ、彩さんも」
元気にほ乳びんに吸い付く茉莉に上機嫌の山田が聞くと
「彩さん、どうする?」
「じゃあ、わたしも、同じので…」
「私も同じでいいわ」
涼子も彩もスイーツにこだわりはないのか、相談事でそんな余裕はないのか、みんな同じ注文になった。

「それで、彼女がどうしたの?」
ミニスカウェイトレスに注文すると、さっそく涼子は本題に入る。
「別に私に何かするってワケじゃないんですけど…、ストーカー、っていうか?…」
彩は真っ直ぐ見つめるキレイな顔に顔を伏せると、いいにくそうに答えた。
「ええっ、女子生徒がストーカーなんですか」
「声が大きい」
「すいません…」
愛の大げさな反応に涼子が切れ長の目でチラ見するとお気楽婦警は恐縮して、スクールガール風チェックミニのスソを引っ張って小さくなっていた。

「イタズラ電話とか、なにかされたんですか?」
奥さんの友人に対してと言うより、警官としての使命感で山田が口を挟む。
「手紙を貰ったことがあります…、つきあってくださいって…」
山田の事務的な態度に顔を伏せた彩は、心細そうに告白する。
「禁断の愛の園!?…」
「愛っ」
「ひいんっ…、ゴメンなさい…」
さっき注意されたばかりなのにまた露骨に反応する愛のあからさまなセリフに、涼子が厳しい視線を向けると愛はちいさくなって山田の後ろに隠れた。

「でも、そのくらいなら…」
女子校で上級生に下級生がラブレターを渡したりするのはよくあることで、涼子は下級生に限らず上級生や同級生から手紙を貰った経験が何度もあり、実は彩からも貰ったことがあった。ラブレターぐらいでそんなに深刻になる事でもなさそうだと思ったが
「はあ、そうなんですけど…、断ったら、学校の外でもついてくるようになって…」
彩は涼子に助けを求めるような、頼りなげな目を向けていた。

交渉人涼子2 7話(7) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:26:12 ━ Page top ━…‥・

== 交渉人涼子2 ==

交渉人涼子2 7話 涼子の休日(5)

ろま中男3 作品リスト
交渉人涼子2 目次

交渉人涼子2 7話 涼子の休日
(5)彩

「きゃあんっ、かわいいっ」
ベビー服売り場で愛は大はしゃぎだったが、かわいらしい服に自分の着ているモノの数倍の値札を見て、山田は怖じ気づいていた。

「耕太さん、こんなのどう?」
涼子は天使の衣装にふさわしいかわいらしい服を山田に見せる。
「あ、いいですねえっ、う…」
ボーダーのシャツにチェックのミニスカが快活なコギャル風で、それを着た茉莉を妄想した山田はいつものバカ面でニヤけたが、値札を見ていきなりオチていた。

「じゃあ、これにする」
「涼子さん、これなんかどうですか?」
…、あるんだ…。
自分よりずっと給料の安い山田の心細さなど関知せずに満足そうな涼子に、嬉しそうな愛が持ってきたのはメイド風ベビー服だった。
「茉莉ちゃん、愛とペアルックしようね」
いかにも愛っぽいチョイスだと思っていると、お気楽婦警はベビーカーをのぞき込んでスクールガール風ミニスカのおしりを危うくしながら、1歳児にコスプレをそそのかしていた。

「うん、いいね」
あまり乗り気でない涼子に対して山田は嬉しそうだった。かつてメイド喫茶の事件で涼子にオーダーメイドのメイド服を着せて、自分も執事コスをした山田は親子3人のコスプレを妄想して、至福の喜びに浸っていた。

「…、耕太さん」
インナーワールドに入り込んだ夫にジトッとした視線を向けた涼子は、呆れた声をかける。
「あ、いいじゃないですか、ねっ」
涼子の声に現実世界に引き戻された特殊性向の夫は、値札無視でゲットする気満々だった。

「あ、そうか、4人で、できますね」
妄想世界で遊ぶ山田からのテレパスで3人のメイドコス姿を頭に浮かべた愛は、自分も参加する気満々だった。
「あ、ああっ、あうっ」
ニコニコと天使の笑みを見せる茉莉に
「茉莉ちゃんも気に入ったみたいですよ」
愛は都合のいい解釈で赤ん坊まで味方に引き入れる。

「いいわ、わかりました」
3対1の劣勢に追い詰められた涼子は、こんなコトで争うのはバカバカしいので不承不承了解する。
「帰ったら、さっそく着てみましょう」
親子3人コスを妄想した山田は、だらしない笑顔でいっちゃった視線を虚空に泳がせて心底嬉しそうだった。

「あの…、涼子先輩ですか?」
その声に振り返るとスーツ姿の上品な若奥様風女性が立っていた。
「あれ?…、ひょっとして彩さん?…」
キレイな化粧の下の素顔を想像した涼子は、女子高時代の後輩を思い出した。
「やっぱり、涼子先輩だあっ」
涼子が思いだすのと同時に済ました笑顔が人なつっこい笑顔に変わって、抱きついてきた。

「あの、涼子さん?…」
見知らぬ女性にじゃれつかれて戸惑いがちの涼子に、山田が不安そうに声をかける。
私の、涼子先輩なのに…。
涼子の豊満な胸に顔を埋めていい女は自分だけだと勝手に思い込んでいる愛は、嫉妬混じりの視線を送っていた。

「あ、ごめんなさい、耕太さんですよね、披露宴で…」
涼子にさんざんジャレついて満足したのか、彩が居住まいを正して山田にキレイなお辞儀をする。
「『涼子先輩』に毎日お世話になっている、愛です」
まだ彩が山田に話している間に割って入った愛が、「先輩」を強調して挨拶する。

「あ…、そうですか…、初めまして、雙葉で涼子先輩の後輩だった白戸彩です」
対抗心ムキだしの愛にやや引き気味な彩は、姿勢を正すとまたもキレイなお辞儀で頭を下げて自己紹介した。その仕草はお嬢様女子校の上品な仕込みを想像させる。

「あ、そうだ、涼子さんのお友達の…」
披露宴でひときわ華やかなグループにいた彩を思いだした山田が、うれしそうなバカ面をさらすと
「おぼえてくれたんですね、うれしいです」
20代後半の人妻は、ウットリした笑いに大人の色気を漂わせていた。

「やあんっ、カワイイ赤ちゃん、涼子先輩そっくりですね」
ベビーカーをのぞき込んだ彩に、茉莉が紅葉のような手を差し出して天使の笑みを浮かべる。
「ありがと…」
偶然の出会いに戸惑いがちの涼子は笑顔で応えたが、鼻と耳は自分似を自負する山田と「涼子先輩」を取られそうな愛は、若干不満そうに見ていた。

交渉人涼子2 7話(6) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:25:00 ━ Page top ━…‥・

== 交渉人涼子2 ==

交渉人涼子2 7話 涼子の休日(4)

ろま中男3 作品リスト
交渉人涼子2 目次

交渉人涼子2 7話 涼子の休日
(4)おしめ

「はあ…、着きました」
慣れない外車に茉莉を乗せているのでいつもより慎重に運転した山田は、デパートの駐車場に車を停めてサイドブレーキを引くと、ホッとしてため息をついた。

「あ、あれっ、どうしちゃたの?…、いない、いない、バア…」
山田のその声を待っていたかのように茉莉がグズり出す。天使のような笑顔しか見て無かった愛がオロオロしていた。
「ウンチよ、おしめ替えないと」
対照的に冷静な涼子が替えのおしめを出すと
「あ、ウンチですか、よかった」
何がよかったのかよくわからないが、いつもの脳天気な笑顔に戻った愛は、ベビーシートから茉莉を抱いて後部座席でおしめを替えはじめた。

「くちゃい、くちゃい、でちゅね」
あら、手慣れてるわ、…。
お気楽婦警は思ったより慣れた手つきで乳児のおしめを替える。
「茉莉のウンチは臭くないよ、オレ、茉莉のウンチだったら、食べられるから」
愛のお気楽なセリフにいきなり振り返った山田が、親バカぶりを発揮して気色ばむ。

「…、それじゃ、変態ですよ」
さすがの愛も山田の親バカというより変質者じみた発言にドン引きして、怖じけた表情を見せる。
たしかに…。
このときばかりは涼子も愛と同意見で、山田に疎ましそうな視線を向けると、
「耕太さん、窓開けて」
320iの窓を開けるように言う。

「いいえ、開けません、茉莉のウンチは臭くありません」
普段は涼子に言いなりの山田が、このときばかりはなぜか意固地に逆らっていた。
「いいから、開けて」
夫の変態じみたこだわりにつきあうつもりのない涼子は、山田に抱きつくようにしてドアに手を伸ばすとすべてのウインドウを全開にした。

「だって、茉莉のウンチは、涼子さんのオッパイからできてるんですよ、オッパイは涼子さんの血と成分は同じなんですよ」
出産後も形のいいまま拡大を続ける胸を押しつけられた山田は、こわばった表情を緩めたが、それでも茉莉のウンチが臭くないことを熱弁する。母乳の成分が母親の血液と同じだと知ってから、山田は授乳する涼子を神聖化さえしていた。
「なるほど…、そうですね…、涼子さんの血液と同じですもんね…」
手早くおしめを替えた愛は意外にも山田の説明に納得して、天使の笑顔を再起動させた茉莉をあやしながら、ウンウンとうなずいていた。

「耕太さん、わかったわ…、でも私は、やっぱり臭い」
山田なりにこだわる理由はわかったが、ウンチはやっぱりウンチだと思った涼子はきっぱりと言い切った。
「そんな…」
母が愛児に自分の血を分け与える崇高な行為に対する、真摯な思いをあっさり否定された山田は、ガックリとうなだれていた。

「だけど涼子さん、プライベートだと『耕太さん』って呼ぶんですね」
使用済みおむつを汚物入れに入れた愛は、しおれる山田がかわいそうだと思ったのか、あるいは何考えてないのか、いきなり話を変えて公務中とは違う涼子をはやし立ててお気楽に笑う。
「え、へへっ…、そうなんだ」
そのセリフにたちまち立ち直った山田は、うれしそうな笑顔を見せた。

「行きましょ…、耕太さ…、あ…、トランク、開けて」
普段他人に見せない素顔を見られた気がした涼子は、急に恥ずかしくなって車から出た。ベビーカーを取り出そうとついまた山田を呼ぶと、気恥ずかしさにそっぽを向いていた。

交渉人涼子2 7話(5) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 11:23:17 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old