FC2ブログ

== 天然少女アキナ ==

天然少女アキナ (39)丸太のような

ろま中男3 作品リスト
天然少女アキナ 目次

天然少女アキナ (39)丸太のような

「ラブホでも…、いいよ」
「アキナ、お金あるから…」

あっ、お尻、長瀬の指、ああっ、熱い…。
もう、はやく、して、欲しいの…。
アキナ、頭が変になりそう、…。
早く、シテ、アキナを、…。
メチャクチャにしてえっ…。

セーラー服のミニスカ越しに
お尻の肉に食い込む長瀬のゴツイ指に、
幼い女体を昂奮させたアキナは
甘えた声でささやいた。

「…、うん」
ふくれあがった股間が
痛くてガマンの限界の長瀬は、
アキナのやせた女体に
覆い被さるように抱きながら、
もうヤレルならどうでもよくて生返事をした。

「アキナも…、もうガマン出来ない…」

もう、ここで、されても、いいから…。
早く、アキナを、気持ちよくして…。
はやく、アキナの、あそこに、…。
…、ブチこんで…。

メスの本能を昂ぶらせ、
長瀬に抱かれることしか頭にないアキナは、
こみ上げる欲情に幼い女体をもだえさせた。

ふくらんだ股間に腰を引いた長瀬の
そこを隠すように手をかざすと、
ふくらみに触れて
昂奮した吐息に紛れて
かすれた声を漏らした。

「うん、…」
若い淫靡な劣情に支配された長瀬は
昂奮した鼻息を響かせながら、
人目の届かない路地にアキナを連れ込んだ。

そこはアキナが城島に
お尻のアナを犯された路地だった。

「…、足、広げろ」
アキナを壁に手をつかせると、
ベルトを外してズボンをおろした長瀬が
デカイガタイ並みのビッグガンを取り出した。

ミニスカをまくり上げて
太ももを乱暴に広げると
濡れ濡れの亀裂を探り出し、
熱くこわばった特大の息子を突き上げた。

「あっ、あうっ、…」
「長瀬の、あ、おちん、あっ、ちん…」
「あっ、おっきい、ああっ、あ」

あっ、来る、長瀬のデカイ、…。
おちんちんが…。
アキナの、ナカに…。
壊れちゃうかも…。

でも、いいの…、壊れても、いいから…。
あっ、きた…。
くううっ、ううっ、おっきい、…。
でも、気持ちいい…。
壊れそうだけど、アキナ、…。
すごい、気持ちいい、よ…。

長瀬のデカマラに
メリメリと粘膜が裂けるような
錯覚を感じたアキナは、
苦しそうにのけぞりながら
懸命にミニスカをまくり上げたお尻をつきだして、
乱暴に腰を振る長瀬の勢いに耐えていた。

「…おうっ、そうか、いいぞ、気持ちいいぞっ」
腰肉を両手でつかんだ長瀬は、
ジュブジュブとネットリした汁気の音を響かせて、
荒い息を吐きながら腰を振り続けた。

「ああっ、いいっ、気持ち、いい、…」
「もっと、突いてえっ…」

うわっ、ああっ、すごいっ、…。
ずんずん、くるっ、…。
熱い、あそこに、燃えた丸太、…。
ああっ、突き刺された、はあっ、みたい、…。

でも、ああっ、気持ちいいよおっ、…。
もっと、はあっ、もっと、ああっ、…。
アキナを…、ああっ、よくしてっ…。

ズンズンと掘削機のように
肉棒をたたき込まれ、
アキナはお尻を突き出した姿勢で
のけぞって背中をめいっぱい弓ぞりさせていた。

デカマラでかき出されたネットリした汁が、
太ももまで垂れて
長瀬の股間はびっしょり濡れていた。

「…今度は、こっちだ」
アキナを後ろから犯していた長瀬は
ずるりと抜いたイヤらしい汁が垂れる息子を
下腹にはり付けてそそり立たせた。

激しい挿入でメロメロになったアキナを
こっちに向かせると、
片足を抱えて今度は前から突入した。

「あっ、またっ、…」
「あっ、いい、いっぱいだよっ…」
「ああっ、アキナの、はあっ、あそこ…」
「ああっ、長瀬の、おちんちん…」
「はあっ、で…、ああっ、いっぱい、ああっ…」

あっ、こんどは、あっ、…。
まえから、はっ、するの…。

あっ、ああっ、ダッコされた、…。
はあっ、すごい、アキナ、…。
ああっ、どうなっちゃう、ああっ、のおっ…。

もう一方の足も抱え上げられて
駅弁ファックで貫かれたアキナは、
激しく腰を振る長瀬から
振り落とされないように
なんとか抱きつき、
甲高い嬌声を漏らしもだえ狂っていた。

大きく広げられたあそこに
細い丸太ぐらいある息子が、
しぶきを飛ばして出入りするのがはっきり見えていた。

天然少女アキナ (40) につづく
1日1クリックご協力をお願いします(別ウインドウが開きます)。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:41:33 ━ Page top ━…‥・

== 天然少女アキナ ==

天然少女アキナ (38)妄想少女の誘惑

ろま中男3 作品リスト
天然少女アキナ 目次

天然少女アキナ (38)妄想少女の誘惑

「うんっ、これ、2個目のほうがウマイなっ」
「…アッキーナのおごりで…、腹一杯食って」
「オレって、幸せ者だなあ」

美少女の恥部をまともに目撃した長瀬は
気まずい雰囲気をごまかしたくて、
ムリに笑って超特大ハンバーガーに
かぶりついていた。

しかし元気になった息子が治まらず、
長い足を窮屈そうに内マタすると前屈みになって、
ふくらんだ股間を何とか隠そうとしていた。

長瀬のヤツ、なんか焦ってない?…。
こんなに、おちんちん、大きくして…。
アキナと、したいの、かな?…。

でも、あんな、おおきくふくらんでる、…。
そんなの、入れられたら…。
アキナ、壊れちゃうかも…。
それとも、広がりすぎて、…。
ユルユル、になっちゃう?…。

やだあっ、アキナ、えっちいっ…。
でも、なんか変な、気分だよ…。

「…、そう…、なら、もっと食べる?…」
「アキナ、おごってあげるよ…」

しどろもどろで焦る長瀬を、
どこか冷めた気持ちで観察するアキナは、
感情のない平板な声をつぶやいた。

ふくらんだ股間を見つめて
エッチな妄想をふくらませるアキナは、
ふくらみかけのセーラー服の胸を
ドキドキと高鳴らせて、
ネットリ濡らしたスジの奥から、
イヤらしい汁をあふれさせていた。

「…、いや、さすがに…、これ以上は、いいよ」
1ポンドのパテを2枚はさんだ
超ウルトラ特大ハンバーガーの2個目を
すでに半分平らげた長瀬だったが、
さすがにお代わりする気はなさそうだった。

それよりもアキナの裸の股間が
目の前にチラチラして、
おとなしくする気のない息子が目下の一大事だった。

「…ふうん、そう」

なんか、変…、あそこが…。
カラダが熱いよおっ…。
スカート、パタパタ、しちゃお…。
いいよね…。

アキナ、変な子じゃないよね、…。
ミキだって、よくしてるし…。

変わらないペースで
ハンバーガーにパクつく長瀬に、
気のない返事をしたアキナは、
エッチな気分を高ぶらせて
幼い女体を熱く欲情させていた。

張り詰めた太もものナマ肌に
うっすらと汗をにじませたアキナは、
足を広げて太ももの間から
手を抜くとミニスカをパタパタさせた。

「?…、…、おい…」
ミニスカをパタパタして
ノーパンの股間をチラチラさせるアキナに、
残りの超特大ハンバーバーにかじりついた長瀬は
少女の股間から目が離せなかった。

まわりで他に誰も見ていないのを確認して、
ノーパン少女の薄い茂みと
その下の潤んだスジを凝視した長瀬は、
股間でめいっぱいテントをはっていた。

「なあに?…」

「長瀬って、おちんちん…、大きいね…」

見てる…。
長瀬、アキナの、あそこ、…。
見てる…。

パタパタ、してるのに、…。
アソコが、風でひんやりしてるのに、…。
よけいに、カラダが熱く、なる…。
変…、アキナ、淫乱だよお…。

裸の幼い下半身をデカ男にさらすアキナは、
ウットリした目で
窮屈そうに盛り上がった股間を見ていた。

妄想にまみれて欲情したセーラー服美少女が
カワイイ顔に似つかわしくないセリフをもらすのに、
長瀬はゴクンとツバを飲み込むと
淫靡な妄想にまみれてノーパンの股間を見つめていた。

「もう、終わった?…」

「今度は、アキナが、食べていい?…」
「長瀬の、…、おっきい、それ…」

もう、変なの…。
おちんちんが、欲しくて、たまらないの…。

いいでしょ…。
アキナが、長瀬を、気持ちよく、してあげるから…。
アキナも、気持ちよくして…。

股間からネットリした滴を垂らすアキナは、
長瀬のはち切れそうな股間を
色情狂のような目で見つめていた。

はしたない妄想を口にしたアキナは、
欲情したメスになりさがっていた。

「…、行こうか」

食欲を満たした長瀬は
セーラー服美少女の媚態を見つめていた。

口にたまったツバを飲み込んだ長瀬は
うるさいほど胸を高鳴らせ、
スケベな本能を熱くして
獣欲を昂ぶらせていた。

痛いほどふくれあがった息子に
腰を引きながら、
淫らな妄想で火照った幼い女体を抱くようにして
立ち上がらせると、
ミニスカの上からやわらかいお尻をまさぐりながら
ハンバーガーショップを出た。

天然少女アキナ (39) につづく
1日1クリックご協力をお願いします(別ウインドウが開きます)。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:40:35 ━ Page top ━…‥・

== 天然少女アキナ ==

天然少女アキナ (37)セーラー服美少女のあそこ

ろま中男3 作品リスト
天然少女アキナ 目次

天然少女アキナ (37)セーラー服美少女のあそこ

「うひょうっ、…、ホント、スゴイね」

すごい…、どんどん食べちゃう…。
でも、男の子が、元気よく食べるのって、…。
なんだか、いいかも…。

バクバクと超特大ハンバーガーにかぶりついて
あっという間に平らげた長瀬を、
アキナは半ば呆れながらウットリ見ていた。

「おおっ、朝から食ってなかったからな…」
「お、ケータイ、落としたぞ」
とりあえず1個目の超特大ハンバーガーを
胃に収めた長瀬はうれしそうに笑うと、
2個目に取りかかろうとして、
落ちたケータイを拾おうとして
テーブルにしゃがみ込んだ。

「?…、あ、つうっ…」
さりげなくミニスカをのぞき込んだ長瀬は、
やせ気味の太ももの奥に
ネットリ濡れて鈍い光を放つスジを目の当たりにして、
思わず起き上がると
テーブルにしこたま頭をぶつけていた。

「きゃううっ…、あっ、こぼれたよおっ…」
わきゃうっ、地震?…。
長瀬?…、やだ、こぼれた、冷たいっ…。

長瀬にテーブルを傾けられたアキナは、
ジュースを太ももにこぼして思わず悲鳴を上げた。

「…、見た?」
長瀬、見てる?…。
あっ、アキナ、ノーパンだったんだ…。
やだあっ、恥ずかしっ…、見られた?…。

濡れた太ももを開いて
ナプキンでウチ太ももを拭いていたアキナは、
長瀬の視線に気づいてヒザを合わせた。

表情を固くしたアキナは
聞かなくてもいいのに、
つい口を開いてしまった。

「…、うん」
テーブルの下から出てきた長瀬は
頭をさすりながら、
頬を染めたアキナから目をそらして、
ケータイを渡した。

セーラー服美少女の
広げた股間が目に焼き付いた長瀬は、
まともにアキナの顔が見られなかった。

「…、あのね、ちがうの…」
「そう、ちょっと事故があって…」
「そうなの、事故なの…」

うきゃううっ、やだあっ、見たんだっ…。
恥ずかしっ…。

なんで見るのおっ、長瀬も、変態君だったの?…。
って違うよね、事故だよね…。
ケータイが、落ちたから…。
でも、恥ずかしすぎるよおっ…、

また無意識に長瀬のふくらんだ股間に
視線を向けたアキナは、
欲情した熱い吐息に紛れて
なんだかよくわからない言い訳をしていた。

「…そうか、事故か」
「そうだな、うん、わかった…」
「じゃあ、もう1個、食うかな」

セーラー服美少女の濡れた股間を
目撃して股間をふくらませた長瀬は、
腰を引きながら座って
適当に相づちを打つと、
上気した顔でムリヤリ陽気に振る舞って、
2個目の超特大ハンバーガーにかぶりついていた。

「…、そうなの…、事故…」
「だから、変なこと…、考えないでね」

アキナ、高校生のくせに、…。
パンツも買えない、貧乏人と思われたかも…。
って、っんなわきゃなじゃんっ、…。

パンツ、はいてない、変態女だと、思われたよおっ…。
アキナ、恥ずかしい子だと、思われたよね…。
もう、やだよおっ…。

顔を伏せてはにかむアキナは、
股間のテントに上目遣いの視線を向けると
胸を高鳴らせて湿った息を漏らした。

足の上でぎゅっと握っていた両手が、
ミニスカを押し込むように
太ももの間に差し込まれると、
かすれた声でアキナがつぶやいた。

天然少女アキナ (38) につづく
1日1クリックご協力をお願いします(別ウインドウが開きます)。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:39:34 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old