FC2ブログ

== 天然少女アキナ ==

天然少女アキナ (36)超メガサイズ

ろま中男3 作品リスト
天然少女アキナ 目次

天然少女アキナ (36)超メガサイズ

「…ねえ、お腹空かない?…」
「おごってあげるよ」

長瀬の股間を無意識に見つめて
欲情したアキナだったが、
松岡からはお預けを食らって
お昼ご飯を食べてないことを思い出すと、
長瀬を誘った。

「なに?…、気前いいじゃん…」
普段からおごられ慣れている長瀬は
遠慮する様子もなく、
アキナについてハンバーガーショップに入った。

「…、何でも頼んでいいよ」
「今日アキナ、お金持ちだから」
カウンターでメニューを眺めていたアキナは、
ふくらみかけの胸をポンと叩いて、
カワイイ笑顔で見上げた。

「…そうか、悪いな、じゃあ」
「ダブルパウンダーチーズ、2コ…」
「あとコーラ、LLサイズで」

長瀬は当たり前のように
1ポンドのパテ2枚を挟んだハンバーガーを
2コ頼んでいた。

「うひゃあっ、よくそんなに食べられるね…」
「ハンバーグだけで2キロ近くあるよ…」

看板メニューの超特大ハンバーグを
2コも頼む長瀬に、
アキナは目を丸くしていた。

アキナは定番メニューのセットを頼んだ。

「アッキーナがおごってくれるなんて」
「もう、一生無いかもしれないからな」

長瀬は事も無げに笑っていた。

「…、すごいね」
きっと、おちんちんも、超特大サイズなんだ…。
そんなのに、されたら…。
アキナ、どうなっちゃうんだろう?…。

アッキーナは改めて長瀬のガタイを見上げて、
きっとアレもパワフルなんだろうなと、
エッチな妄想をふくらませて、
ノーパンの股間を湿らせてモジモジしていた。

「ん?…、何見てんだ」
ウットリした目で見上げるアキナに
長瀬が声をかけた。

「えっ、なんでもないよ…」
「別にエッチなコト、考えてたワケじゃないから…」

やだっ、エッチなコト考えてたの、…。
バレちゃったかな?…。

でも、アキナ、変、…。
エッチなコト、ばっかり考えちゃうよ…。

アキナは慌ててミニスカを押さえて、
よけいなことまで口走っていた。

カラオケで飲んだアルコールが
まだ残っているアキナは、
エッチな妄想に取り憑かれていた。

「おまえ、やっぱり…、なんか変だぞ…」
アキナが生理だと勘違いしていた長瀬は、
未成熟の女体に
シナを作るアキナに
淫靡な雰囲気を感じて、
知らずに股間をふくらませていた。

「何でもないって…」
「ほら、来たよ、長瀬、持ってきてね」

やだっ、やっぱり、アキナ、変なんだ…。
ノーパン、バレてないよね?…。

でも、なんか、見られたい気がする…。
きゃううっ、あんなに、おちんちん、おおきくしてるっ…。
エッチなコト、ばっかり考えちゃう…。
アキナ、変態になっちゃたよおっ…。

超特大サイズのハンバーガー2個と、
そのヨコに
まるでミニチュアのように置かれた
普通サイズのハンバーガーを、
長瀬に持たせると
アキナはミニスカのお尻を押さえながら
奥の席に向かった。

長瀬のふくらんだ股間を
チラ見したアキナは、
歩くたびに股間がヌルヌルして、
はしたなく濡らした股間を
意識した頬を染めてうつむいていた。

天然少女アキナ (37) につづく
1日1クリックご協力をお願いします(別ウインドウが開きます)。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:37:36 ━ Page top ━…‥・

== 天然少女アキナ ==

天然少女アキナ (35)同級生

ろま中男3 作品リスト
天然少女アキナ 目次

天然少女アキナ (35)同級生

「う…、ゴメン、キレイにするから、許して」

激高する美少女高校生に屈服して
だらしない泣き顔をさらすイケ面は、
栗花の匂いがするあそこを懸命に舐めて、
自分が出したザーメンを必死にすすっていた。

あっ、ちょっと、気持ちいい…。
もっと、もっと舐めて、キレイにシテ…。
そしたら、許してあげるよ…。
変態のヲタクさん…。

ああっ、気持ちいいよおっ、…。
もっと、丁寧に、ペロペロしてえっ…。

充血した花びらを
ベロベロ舐められたアキナは、
すっかりいい気分になっていた。

恥じらい無くミニスカをまくり上げて
腰を突き出すと、
ほとんど茂みのないドテを
涙が止まらない松岡の鼻に押しつけていた。

「コレで、いいですか?…」
あそこをナカ側までキレイに舐め上げた松岡は、
口の周りをベトベトにして
憐れな表情でアキナを見上げていた。

「許してあげるけど…」
「アンタみたいな早漏は」
「もう女の子に、変なコトしちゃダメだよ」

あん、もう、終わりなの?…。
もっとペロペロ、して欲しいのに…。
でも、しょうがないか…。
早漏のヘタレ君だもんね…。

昂奮した熱い吐息を漏らすアキナは、
女王様気取りで情けない顔で見上げる松岡に
冷たい視線を送っていた。

「…、あの、これ、少ないですけど…」
財布から諭吉を一枚出した松岡は、
おそるおそるアキナに渡した。

へっ…、くれるんだ…。
今日、アキナ、ふふっ…。
お金持ちじゃんっ…。

じゃあ、許してあげるよ…。
ヲタクのヘタレ早漏君(笑)…。

「…、コレに懲りて、悪さはしないことね」

水戸黄門になった気分で、
アキナは優越感に満ちた笑いを浮かべると、
ナマ尻をさらすのも気にせずに
ミニスカのスソをひるがえして
カラオケルームから出て行った。

年下のアキナに言われ放題の松岡だったが、
ヲタク嗜好で女の子にちょっかいを出すクセは直らず、
性懲りもなく美少女に悪さをするのだが、
それはまた別の話。

「アッキーナ?…」
カラオケから出たアキナは、
ノーパンの股間がスースーして
パンティを買おうと思ったが、
急に呼ばれて振り返ると、
同級生の長瀬が立っていた。

「…、長瀬じゃん、どうしたの?」
声もカラダもデカイ長瀬を
見上げるようにしたアキナは、
ノーパンを意識して心持ち頬を染めていた。

「おまえこそ、何で学校こなかったんだ…、さぼったんだろ」
身長差が30センチはありそうな長瀬が、
見下ろして笑っていた。

「…いいじゃん、別に…、女の子にはいろいろあるのよ」
…、うるさいなあ、ほっといてよ…。
あっ、長瀬って、あそこも、おっきいのかな?…。
長瀬の意地悪さを微妙に含んだ高笑いに、
目を伏せたアキナは無意識に股間を見つめていた。

「なるほどな…」
アキナの言葉を生理と勘違いした長瀬は、
アキナが股間を見つめているのに気づかずに、
エッチな笑いを浮かべてアキナを見下ろしていた。

天然少女アキナ (36) につづく
1日1クリックご協力をお願いします(別ウインドウが開きます)。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:35:38 ━ Page top ━…‥・

== 天然少女アキナ ==

天然少女アキナ (34)イケ面早漏ヲタク

ろま中男3 作品リスト
天然少女アキナ 目次

天然少女アキナ (34)イケ面早漏ヲタク

「…、おまえ…、ああっ」

淫乱な顔を見せる女子高生に
圧倒された松岡は絶句しながら、
濡れ濡れのスジを
息子にすりつけられる気持ちよさに
うわずった声とため息を漏らした。

「…そうですかあっ、アキナ、うれしいですうっ」
アキナのあそこで、…。
おちんちん、ビクビクしてるもん…。
やっぱり、気持ちいいんだ、…。

もっと、気持ちよくしてあげるから、…。
アキナのことも、もっと良くしてね…。
変質者の、お兄さん(笑)…。

ため息を肯定の意味に受け取った
アキナは機嫌を良くして、
エッチな期待を込めたカワイイ笑顔で松岡を見つめた。

…、なんだ、こいつ、、…。
正真正銘のどMだな、…。

お尻のアナから顔を出したソーセージをイジルと、
切なそうな恥じらいの表情で見つめるアキナを
完全にマゾの変態女子高生だと思い込んだ松岡は、
発展途上の女体をメチャクチャにして、
カワイイ笑顔を泣き顔に変えてやろうと企んでいた。

「…よし、入れてやる」
淫乱セーラー服美少女に
加虐心を昂ぶらせた松岡は、
ネットリ濡れた花びらが絡む、
めいっぱいふくらませた息子を
自慢げに見せつけると、
スジの奥で汁気を垂らす
柔らかい亀裂に鈴口を押しつけた。

あっ、キター、…。
やっと、入れてくれるのね、…。

アキナ、おちんちん、…。
入れて欲しいけど、言えなかった…。

でも、ちゃんと入れてくれるのよね、うれしい…。
はやく、入れて、…。
アキナの濡れ濡れのあそこに、…。
ブチ込んで、ください…。
変態のお兄さんっ(笑)、…。

「あっ、…ああっ、はあっ、あっ、あっ」
濡れ濡れのあそこは
あっさりと松岡の息子を受け入れた。

はしたなく足を広げたアキナは
ヒダのだいぶ疲れたミニスカをまくり上げて、
ケツ丸出しで腰を上下させて
広げられた亀裂に肉棒を出し入れした。

「…おいっ、おっ、ちょっと」
「あっ、まてっ、おっ、おおっ、うっ…」
淫らに腰を振るセーラー服美少女に松岡は、
ネットリと絡みつく粘膜の気持ちよさにのけぞると、
あっという間に絶頂に達してナカ出しした。

見た目はイケ面の松岡だが、
全くこらえ性が無く正真正銘の早漏だった。

えっ、あっ、熱い?…。
おちんちんが、ナカで、ドクドクしてるう?…。

「や、バカッ…、やだあっ…」
なに、もう、出ちゃったの…。
しかも、ナマ出しじゃんっ、…。
どうしてくれるの…。

「この変態早漏の、ヲタク野郎っ」
コイツ、ホントに、ダメダメじゃんっ…。
何よ、エラそうに、してたクセにっ…。

アナでドクドクと脈打つ肉棒に、
ナカ出しされた屈辱と怒りを
瞬間沸騰させたアキナは、
脱力した息子をあそこに入れたまま、
グーパンチを思いっきり繰り出し、
イケ面顔を殴り倒した。

「うっ…、ゴメン、悪かった…、だから、殴らないで…」
まともにアキナのパンチを食らって
鼻血を垂らしたイケ面は、
両手で半ベソの顔を隠しながら謝っていた。

「この、ヘナちんっ…、死ねっ…」
「責任取って、ちゃんとキレイにしてよっ」

松岡の情けない姿に、
ますます激高したアキナは
息子をダランとさせた股間から飛び降りると、
粘液にまみれてネチョネチョの秘所をさらして
必殺の回し蹴りを繰り出し、
側頭部をクリーンヒットした。

まだまだ怒りの治まらないアキナは
腰を突き出して、
失神寸前の松岡の口に
充血して濡れた花びらを押しつけた。

天然少女アキナ (35) につづく
1日1クリックご協力をお願いします(別ウインドウが開きます)。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:33:41 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old