FC2ブログ

== H2(ハル子とヒロ) ==

H2(ハル子とヒロ) (50)カワイイ笑顔

ろま中男3 作品リスト
H2(ハル子とヒロ) 目次

H2(ハル子とヒロ) (50)カワイイ笑顔

あれ…、降りるのか…。
電車が駅に着いた。ヒロが立ち上がると彼女も立ち上がった。

ヒロが黙って突っ立っていると、彼女は伏し目がちに前を素通りして降りていった。ヒロもドアが閉まる前に降りた。

お…、なんだ…。
駅前の雑踏を抜けてまたヒロは彼女の後を追う形になった。かすかに色気を漂わせて揺れるお尻を眺めていると、急に彼女は立ち止まって振り返った。

困惑したような顔がヒロを見ていた。アニメのような大きな目がヒロをジッと見ていた。笑った顔はとびきりカワイイに違いないが、困ったような顔も淫靡な雰囲気がそこはかとなく漂っていて、男心をくすぐる、とヒロは思っていた。

「あの…」
「…、はい」
通り過ぎようかと思ったが、彼女の緊張した声を引き留められてヒロは思わず立ち止まっていた。

「あの…、私に…」
内マタに緊張した太ももをピッタリ合わせて、ミニスカのスソをギュッと握った彼女はすがるような目でヒロをジッと見ていた。美少女が怯えを覆い隠して自分を奮い立たせる心細げな凛々しさに、ヒロは倒錯した興奮を感じてゾクゾクしていた。

「ん?…、なに?…」
結構、胸でかいな…、ハル子といい勝負だな…。
フード付きのゆったりしたシャツは体型を曖昧に見せていたが、胸のでかさは隠せなかった。ヒロはヘソの下が騒ぎ出すのを無視して、平気なフリをして聞き返す。

「いえ、なんでもないです」
平然と応えたヒロに、彼女は急に恥ずかしくなったのか顔を伏せるとまた急ぎ足で歩き始めた。

やっぱり歩く速度に大差が無く、同じ方向に向かっているのでまた追いかけっこがはじまった。彼女のカラダから漂うかすかなフェロモンがヒロの男心を煽る。

なんだ、そういうこと…。
そしてそれは突然終わった。ゴールに到着したからだ。彼女もヒロが行こうとしていた予備校に用事があったようで、ふたりは同じビルに入っていた。

「キミもこの予備校なの」
ヒロが入校書類を見せると、彼女は安心したような表情を見せたが
「あ…、ごめんなさい」
急に表情を曇らせて頭を下げた。勢いよくかぶりを振ったのでミニスカがまくれ上がって、お尻が見えてるんじゃないかとヒロはよけいな心配をしていた。ついでに胸も大げさに揺れていた。

「なんで?」
申し訳なさそうに顔を上げた彼女は
「あの…、変な…、その…、ごめんなさい」
言いにくそうにしていたと思ったらまた大げさに頭を下げた。勢いがつきすぎてセミロングの髪が前と後ろに振り回され、笑い出しそうなのをこらえたヒロは一歩引いてよけていた。

「どうせ、ストーカーかなんかだと思ったんだろ」
ミニスカがまくれ上がったお尻をのぞき込みたい誘惑を押さえて聞くと
「え…、ごめんなさいっ」
大きな目をさらに大きく見開いた美少女はまた大げさに謝ると、入校受付の窓口に走っていった。苦笑したヒロも書類を確認して隣の窓口に提出した。

「ご飯食べた?…、まだなら一緒にどう?」
落ち着きなさそうな美少女は隣に立ったヒロを意識しているようだが、やはりうつむいているだけだった。なんだかイジりたい欲求を感じたヒロは、軽い気持ちで声をかけた。

「えっ…、なんでですか」
ビックリしたように顔を上げた彼女は、また伏し目がちにヒロの様子をうかがっていた。胸の前で交差した腕が緊張してたっぷりしたふくらみをひしゃげさせていた。

「同じ予備校でこれから勉強するんだし…、まあお近づきの、ってことで…、それにオレ、腹ペコでさあ」
ヒロが人なつっこい笑顔を見せると彼女の緊張した顔が少しほころんだ。巨乳美少女はうつむきがちに想像以上のカワイイ笑みを見せていた。

H2(ハル子とヒロ) (51) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 23:04:04 ━ Page top ━…‥・

== H2(ハル子とヒロ) ==

H2(ハル子とヒロ) (49)露出プレイ

ろま中男3 作品リスト
H2(ハル子とヒロ) 目次

H2(ハル子とヒロ) (49)露出プレイ

あとをつけているつもりはなかったが、彼女の早歩きはヒロが普通に歩くのと速度が同じくらいでほぼ同じ間隔を保って歩いていた。

あらら、見えそうだよ…。
それに彼女も駅に向かっているようで、ヒロは前を歩く彼女のナマ足とくびれの下に豊かなふくらみを見せるお尻に、ミニスカのスソが危なっかしく揺れるのを見ていた。

見えてんじゃん…。
やはり彼女は駅にきて階段を上がっていった。わざとなのかお尻を押さえないので、短いスソからはナマ尻がチラチラしていた。

キレイな尻、してんなあ…。
さっきハル子とシタばかりだがコレばかりは男のサガでどうしようもない。パンチラは男のロマンだが、Tバックのナマ尻はもっと男心をそそる。ヒロは彼女のケツから目が離せなかった。

切符を買う彼女はヒロを意識しているような気がするが、決してヒロを見ようとはしなかった。ストーカーと思われているかもしれないが、そんなことはどうでも良かった。

方向も同じようで人影のまばらなホームでヒロと彼女は微妙な距離感を保って電車を待っていた。

やっぱり、気にしてるよな…。
斜め後ろに立ってまたイタズラな風が吹いてくれないか待っていたヒロは、彼女がヒロを意識しているのがなんとなくわかった。若い女の子に気にされるのはやっぱりうれしい。

ストーカーと勘違いされて怯えているかもしれないが、その時のヒロはなんだかぞくぞくして顔がニヤけそうだった。彼女のキレイなお尻が目に焼き付いていたからだろう。

電車はすぐに来た。昼間の電車は空いていた。スミの席に座ったら、彼女は対面の席に座った。

見えそう…。
彼女がそこに座ったのはたまたま空いていたスミの席が対面だっただけだろう。しかしミニスカのナマ足が目の前にあったら見てしまうのが男心というモノだ。ヒロは素知らぬふりをしてキレイな足が合わさったその奥を見ていた。

彼女は顔を横に向けて窓の外と見ているが、ヒロを意識しているのが丸わかりだった。彼女はソレをヒロに気取られたくなく無関心装っているのだが、なんだかぎこちなくてヒロは顔がゆるみそうになるのを懸命にこらえていた。

ほらっ、足、開け…。
やがて彼女は壁にもたれかかって寝始めた。といってもタヌキ寝入りでヒロを意識して緊張しているのが丸わかりだった。しかし目を閉じてくれたおかげで、ヒロはミニスカからあらわになったナマ太ももをのぞき込んでじっくり鑑賞していた。

お、いいぞっ…。
寝たフリをした彼女は徐々にヒザの力を緩めてオマタを開いていく。ひざの間隔が少しずつ開いていってムッチリした太ももの内側が見えてきた。その奥の暗闇も徐々に光が差し込んでディテールがあらわになっていく。

ヒロはムラムラしていた。目を閉じた彼女がヒロを意識して緊張している感じが伝わってきて、よけいにムラムラした。

えっ…、なに?…。
ヒザが離れて太ももも離れるとその付け根がみえた。想像していたTバックとは違う何かが見えた。

はいてない?…。
太ももの付け根には肌色のスジが見えた。Tバックだとばっかり思っていたが、ノーパンだったのか。

その時不覚にもゴクンとツバを飲み込んでしまった。それが聞こえたのかわからないが彼女は足を閉じた。それから内またに合わせたヒザが開いていくことはなく、結局ヒロが見たアレが何だったのかわからずじまいだった。

H2(ハル子とヒロ) (50) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:56:32 ━ Page top ━…‥・

== H2(ハル子とヒロ) ==

H2(ハル子とヒロ) (48)春風のイタズラ

ろま中男3 作品リスト
H2(ハル子とヒロ) 目次

H2(ハル子とヒロ) (48)春風のイタズラ

「お願いだから、危ないことはしないでね」
ヒロの真剣な顔を見つめるハル子が心配そうな声を漏らす。

「え、あ、ああっ、大丈夫…、オレはハル子と幸せなるんだ、バカな事はしない」
殺人はしないとしても何か剣呑なことを考えているじゃないかと心配するハル子を、安心させようとヒロが優しく笑う。

「うん…、私もヒロと幸せになりたい…」
ヒロの笑顔に安心したように笑ったハル子は、たくましい胸板に頬を寄せてウットリした表情を見せていた。

「あ…、お迎え、行かないと…」
幸せそうに抱きついていたハル子だったが、急に思いだしたように時計を見ると慌てて身支度を始めた。

「ヒロ、どうする?」
ママ友の目があるのでチビヒロのお迎えに一緒に行けないが、昼ご飯を一緒に食べようとハル子が声をかけた。
「…、今日はいいや…、メルアド教えて」
「うん…」
ヒロと一緒にいたいハル子は軽い拒絶に落ち込んだが、ケータイを取りだしてアドレス交換した。

「じゃあね…」
去りがたいハル子は、しかしチビヒロをほうってはおけないので後ろ髪引かれる思いで部屋を出て行った。

ハル子が去って精彩を失った部屋で、ヒロはどうしたら変態医師を排除できるか考えていた。すぐに思いつくのはあの変態性向を暴露して社会的に抹殺することだった。

ハル子とのなれそめも夜勤で変態医師が襲いかかった事がきっかけだし、同じような不始末を起こせば、三行半を突きつけてあの変態と離婚できる。

しかしそうなるにはあの変態の生け贄になる犠牲者がもう一人生まれることになる。自分たちが幸せなるために他人を不幸にするような利己的な考え方ができるほど、まだヒロはすれてなかった。

小一時間ほど考え込んだがいい考えなどそうそう浮かぶモノでもなく、腹も減ったので昼ご飯を食べに出掛けようとした。出掛ける準備をしながら予備校の申し込み期限が今日までだと思い出して、慌てて段ボールを広げて申込書類を探した。

いくつか段ボールを広げてやっと見つけたヒロは書類が揃っていることを確認して一安心し、アパートをあとにした。

「きゃあっ、いやあ~んっ」
風に舞い散る桜を眺めて駅に向かう道をたどっていると、イタズラな春一番に吹かれてパンチラするミニスカ美少女が現れた。

えっ…。
カワイイ悲鳴とは裏腹に、Tバック着用らしいお尻はスベスベしたナマ肌が丸見えだった。

「あ…、やだ」
慌ててミニスカを押さえた美少女はヒロに気付いたらしく、恥ずかしそうに顔を伏せると足早に歩いていった。

H2(ハル子とヒロ) (49) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:45:06 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old