FC2ブログ

== H2(ハル子とヒロ) ==

H2(ハル子とヒロ) (47)ヒロの決意

ろま中男3 作品リスト
H2(ハル子とヒロ) 目次

H2(ハル子とヒロ) (47)ヒロの決意

「ごめんね…」
放出後の満足感を味わってシットリした柔らかい女体に覆い被さり、荒い吐息に背中を上下させていたヒロは悲しそうなつぶやきに顔を上げた。

「わたし…、ヘンでしょ…、でも、どうしようもなくて…」
顔を横に向けて壁を見つめる目尻から涙がこぼれていた。さっきまでの猛々しさを無くした息子が押し出されるようにするりと抜けた。

「…、そんなことない、ハル子はヘンじゃないっ」
ハル子の言う通りだった。思わず張り手をしてしまってからのハル子はまるで別人だった。でもそれは変態夫に仕込まれたせいで、ハル子の責任じゃないと思ったヒロは強く否定した。

「ちがうの、ヒロ…、私の中に、誰かがいるの…」
ゆっくりと顔の向きを直したハルがヒロを見つめてつぶやく。一瞬目が合ったハル子は目を伏せて目尻から涙をこぼした。
「?…、どういうこと?…」
意味がわからないヒロは素になって聞き返す。

「殴られたりすると…、突然誰かが、私のカラダを支配して…、私は、私のカラダが、イヤらしいコトをされて、悦んでいるのを…、まるで、他人のコトみたいに、見てる…」
言いよどみながら訥々と語るハル子は、オレをうかがうようにその都度不安そうな目線を向けていた。

「それって…」
今にも泣き出しそうな顔でハル子がオレを見ている。二重人格という言葉が頭に浮かんだが口には出せなかった。

二重人格はドラマかなにかで見知った中途半端な知識で、正式には解離性同一性障害(Dissociative Identity Disorder :DID)と呼ばれる精神障害の症状らしい。

耐えられないような過酷な現実に遭うと人間は心の中に別人格を作り上げる。別人格への入れ替わりをすることで、つらい現実を他人格に押しつけて精神の崩壊を避けようとする。

ハル子の場合は変態夫の暴力的な性行為に耐えきれなくて、別人格が出来てしまったと考えられる。ただこれはあとで調べてわかったことで、ハル子の告白を聞いたその時点でヒロは半信半疑だった。

「ハル子はヘンじゃない、アイツがみんな悪いんだ」
専門的なコトはよくわからなかったがそれだけは自信を持って言えた。同時にハル子をこんな悲しい顔をさせる変態医師に対する怒りがカラダ中でふくれあがって、ヒロはハル子をきつく抱きしめていた。

「でも、こんなオンナ…、気持ち悪いでしょ」
脱力した体をヒロに預けたハル子は涙をこぼして、悲しそうな笑みを浮かべる。

「そんなことあるか、ハル子はハル子だっ、オレの大好きなハル子だっ」
ハル子の言葉に心のどこかで感じていたことを指摘されたようで、そんな思いを振り払うかのようにギュッと抱きしめ、耳元で叫んでいた。

「…、ありがと…、私もヒロが大好き…」
背骨が折れそうなほどのハグにのけぞったハル子は、鼓膜に響く愛の告白に応えてヒロの背中を優しく抱きしめた。

「アイツを殺す」
背中に当てられた手の温かさに少し安心したヒロだったが、ハル子をこんな風にした変態医師に対する押さえきれない憤怒にかられて叫んでいた。

「だめっ、そんなコトしたら、ヒロの人生が、メチャクチャになっちゃうっ」
チビヒロが出来たときに堕ろす代わりに死ぬコトも考えたハル子は、その延長線として変態医師の殺害さえ考えた。

しかしそんなことをしたら不幸になるだけだと考え直したハル子は、ヒロにその時の想いを強い口調で訴えた。

「あ、ああ…」
涙ながらに訴えるハル子の強弁に気圧されたヒロは、なんとなくハル子の気持ちが伝わってきてなんとか怒りを抑えることができた。

「でも、アイツにはいなくなってもらう」
確かに殺人はリスクが高すぎる。完全犯罪なんて小説やドラマの中の作り事で、現実には間違いなく警察に逮捕されるだろう。

でもあの男がまたハル子を陵辱するなんてとてもガマン出来ない。冷静さを取り戻したヒロは、不安げに見つめるハル子をよそに何かいい方法がないか思いを廻らせていた。

H2(ハル子とヒロ) (48) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 12:04:22 ━ Page top ━…‥・

== H2(ハル子とヒロ) ==

H2(ハル子とヒロ) (46)変貌するハル子

ろま中男3 作品リスト
H2(ハル子とヒロ) 目次

H2(ハル子とヒロ) (46)変貌するハル子

「おちつけっ」
腕の中で暴れる駄々っ子に手を焼いたヒロは、思わず頬をはたいていた。

「あ…」
頬の熱さにビックリしたように大きな目を見開いたハル子は
「申し訳ございません、ご主人様…、だめなハル子を、叱って下さませ」
ヒロの腕からするりと抜けるとその場にへたり込んで、土下座しながら服を脱いでいた。

「…、ごめん、ハル子、機嫌直して…」
メス奴隷の口調を当てつけだと思ったヒロは渋い表情を見せたが、手を上げたことは自分が悪いと思って謝った。

「どうか、この淫乱なメスブタに、ご主人様のお情けを、くださいませ…」
シャツを脱いでブラのホックを外したハル子は、膨らんだ股間にすがると淫靡な鈍い光を湛えた目で見上げる。慣れた手つきでファスナーを下ろすと固くなった息子を取りだして頬ずりしていた。

「ハル子?…、しっかりしろ」
固くなった息子に甘い吐息を吹きかけてくるハル子から腰を引いたヒロは、追いすがる肉感的な女体を抱きしめていた。

「ご主人様、何でもしますから…、お願いします、この淫らなメスブタにお情けを…」
ハル子は焦点の合わない目でヒロを見つめて、邪魔な拘束を取り去るかのようにスカートとパンティを乱暴に脱いでいた。

「ハル子、しっかりしろっ、オレをちゃんと見ろ」
目の前の女がハル子ではなく別の女のように感じたヒロは、恐怖さえ感じていた。恐くてハル子がどこかに行ってしまいそうで、思わず両手に力を込めて抱きしめていた。

「ああっ、うれしい、ご主人様、キタナイ、メスブタにお情けを…」
柔らかい女体をきつく縛られるような感覚に、ハル子は悦びの涙さえ流して股間でそそり立つソレを濡れた亀裂に挿入しようとした。

「ハル子っ、しっかりしろっ」
自ら肉体関係を強要する強引さに恐怖するヒロは、今抱きしめている女がハル子じゃないと思った。ハル子であってハル子じゃない、そんな不気味な思いに恐怖した。

「ああっ、気持ちいい、もっと、ついてえっ」
女のアブラがのった腰を妖しく踊らせるハル子はあそこでしっかりと肉棒を咥え込んで、イヤらしい汁気をまぶして出し入れしていた。

「うっ、いいっ、や、やめろ、あ、はあっ」
ネットリした膣粘膜で息子をキツク締め上げられたヒロは、火照った女体を妖しく揺らす肉感的な女体を拒否できなかった。
「んっ、あっ、はあっ、ああっ…」
成熟した女体がまき散らすメスのフェロモンに酔ったヒロは、いつしか官能の悦びにのめり込んで激しく腰を振っていた。

「ああっ、いいっ、ご主人様、あっ、はあ、もっとおっ、ついてえっ」
もだえる女体にのしかかって激しく腰を振るたくましいカラダに手を回したハル子は、シャツをまくり上げた背中に肉欲に溺れた深い業の印として幾筋もの爪痕を残していた。

「おっ、おおっ、くっ、いっ、いくっ、いくぞっ」
背中をかきむしられてケモノじみた劣情を熱く刺激されたヒロは、筋肉張った体に汗を滴らせてヌプジュプとぬめった淫靡な音を響かせて、蜜をあふれさせる花びらの中心に肉棒の出し入れを続けたが、裏スジに熱いこみ上げを感じて柔らかい肉の亀裂に思いっきり股間を押しつけた。

「ああ、ご主人様、はあっ、いっぱい、ああっ、注ぎ込んで、はっ、くださいませっ」
ハル子はキュッと締めつけた膣を強引にかき分けて子宮口にまで食い込んだ肉棒に、ギュッと目を閉じて白い喉をさらしてのけぞった。

「ああっ、いいっ、いっぱい、はあっ、熱いっ、ああっ、いくうっ…」
暴発する熱いザーメンで女体の中心を焦がされる苦痛混じりの快感にもだえたハル子は、肉の悦びに取り憑かれた女体を淫靡によがらせて、汗ばんだ四肢を緊張させて力を込めた足の指を丸めていた。

H2(ハル子とヒロ) (47) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 22:43:36 ━ Page top ━…‥・

== H2(ハル子とヒロ) ==

H2(ハル子とヒロ) (45)ハル子の逆上

ろま中男3 作品リスト
H2(ハル子とヒロ) 目次

H2(ハル子とヒロ) (45)ハル子の逆上

「あ、ごめん…」
胸に当たる柔らかい感触や絡み合う下半身に股間がゾクゾクして、戸惑いがちに見つめるハル子の目に吸いこまれそうな気がしたヒロだったが、ゆっくりと体を起こした。

「しようか?…」
ヒロ、照れてる?…、かわいい…、からかっちゃお、かな?…。
ドキドキする胸の高鳴りを意識しながら、逃げ腰のヒロにイタズラ心を起こしたハル子は、膝丈のスカートから人妻の色気ムンムンのナマ太ももをさらすと、足を絡めて色っぽい声を漏らす。

「ふざけてるんだろ?…」
甘ったれた鼓膜をくすぐるささやきにオスの昂ぶりを煽られたヒロだったが、このパターンでなんどもからかわれているので簡単には乗ってこなかった。

「ふうん…、ヒロは、こういうのが好きなのね」
あら、つめたい…、じゃあ、これなら、どう?…。
スカされたハル子はちょっとムキになって、男性雑誌をパラパラめくると下着姿の女性の扇情的なポーズをまねて、スカートを腰までまくり上げていた。

「やめろよ、はしたないぞ」
柔らかそうな弾力を想像させる太ももの根本に純白パンティを見たヒロは、下半身の熱い突きあげにモヤモヤした気持ちを抱えながら背中を向けた。

「ねえ、ヒロ、こっち見てえ」
もう、ここまで、してあげてるのに…、もったいないオバケがでるわよ…。
ますますムキになったハル子はプチプチとボタンを外して、ナース時代よりもずっと立派になった乳房があふれそうな、ブラのカップに指をかけた。

「ジュース買ってくる」
背中でハル子の淫靡な雰囲気を感じるヒロだったが、そのまま外に出て行ってしまった。

5年ぶりの再開だったとはいえ、昨日何回もハル子を抱いたのはやり過ぎだったと反省していた。それに打ち止めになってションボリした息子をまた見られるのが恥ずかしくて、今日は体力を温存しようと考えていた。

「ヒロ…」
どうしたの?…、昨日はあんなに激しかったのに…。
バタンと閉まったドアを見つめたハル子は、冷たく拒絶されて人格まで否定された気分でしばらく茫然としていた。
やっぱり、嫌いになったの?…、私が、キタナイ女だから…。
変態夫に調教された淫乱なカラダが、やっぱりヒロはイヤになったのかと考えたハル子は、アパートの空気が急に重くのしかかってくる気がして、ガックリと肩を落として畳にポタポタと涙をこぼした。

「コーヒーでよかった?…、え…」
アパートの前の自販機で缶コーヒーを買ってきたヒロは、部屋の真ん中でガックリしてたたずむハル子に驚いていた。

「ごめんね、ヒロ」
あ、やだっ、泣いてる、わたし…。
その声に涙の濡れた顔を上げたハル子が急に立ち上がって部屋から出ようとする。
「まてよ、なんだよ」
エッチを拒絶しただけでそんなに傷つけたとは思わなかったヒロは、横をすり抜けようとするカラダを捕まえた。

「はなして、私のこと、嫌いなんでしょ」
わたしなんて、キタナイんだから…。
5年前よりずっとたくましくなった腕に抱かれたハル子は、力こぶの出来た二の腕をポカポカ叩いていた。
「何言ってんだよ、ハル子、おかしいよ」
むずがるハル子がちょっとめんどうくさくなって、つい冷たい言い方をしていた。

「…、やっぱり、嫌いなんだっ、もう、やだっ」
…、そんな言い方…、ああっ、やっぱり、嫌われた…。
まるで駄々をこねる子供だった。不安で感情的になっていたハル子は、言い方が気に入らないという痴話ゲンカの典型的な理由で癇癪を爆発させていた。

H2(ハル子とヒロ) (46) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 21:58:52 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old