FC2ブログ

== 女子校生アヤ ==

女子校生アヤ (110)イジワル

ろま中男3 作品リスト
女子校生アヤ 目次

女子校生アヤ (110)イジワル

「うっ、あっ、やっ、だっ、がっ、うっ、いっ、ううっ」
湿った蜜壺を絞るようにジリジリと侵入する肉棒に、あそこから沁み出た滴がトローリと幾筋も垂れていた。棍棒があそこをきしませて侵入して、肉感的なボディが苦しげにもだえた。佐藤は苦しそうなあえぎ声を上げて唸った。
「うああっ、うううっ…」
いきり立った棍棒で半分以上ねじ込んだ透は、残りを一気に突き上げた。丸太で全身を串刺しにされたような錯覚に囚われて、タプンと胸を揺らしてのけぞった佐藤は、口角からヨダレを垂らして美人顔を呆然とさせて虚空を見つめていた。

「…、せんせい、気持ちいい?」
リズミカルに腰を突き上げて豊満な肉体を揺らす透は、苦悶の表情を浮かべてもだえる佐藤にニヤニヤしていたが、
「あっ、だめっ、壊れる、壊れちゃう」
深く貫く丸太にカラダの内側全部が敏感な粘膜になったようで、カラダ全部で官能の刺激を受けとめていた。軽くウェーブのかかった髪を振り乱して苦しげに頭を振る佐藤は、教師としてのプライドなど全く感じない、ただの淫乱なメスブタだった。

「…じゃあ、やめる」
透は薄笑いを浮かべながら、動きを止めて苦しそうな吐息にまみれた佐藤を眺めていた。
「あっ、はあっ、ああっ、どうし、て…」
全身を襲う熱い波から解放されて、しかし膣の内壁を広げきって裂こうと鼓動を刻む熱い肉棒に、あそこがジンジンするのにとまどいながら、淫乱なメスブタは意地悪そうな薄笑いの顔を見ていた。
「あんっ、…ダメ、って」
荒い呼吸にあわせてかすかに上下する乳首を指でコリコリすると、佐藤は女体をよがらせながら、白いノドを見せつけてのけぞった。たっぷりした乳房をおもちゃにして、腰のグラインドをやめた透に哀願するような潤んだ目を向けていた。

「先生ばっかだし」
不満そうにつぶやく透に
「ごめんなさい、ちゃんとするから…、あっ、ひうっ、あうっ」
自分から腰を振り始めた佐藤は限界以上に広がったあそこを粘膜が破れそうで、恐怖混じりに腰を上下させた。
「…、汚れた」
次から次へとあふれるネットリした滴が透の下半身に垂れていた。ズボンに垂れた汁気に目をやった透を、苦しそうに腰の上下を続けていた佐藤は気づかずに湿った快感に溺れていた。

「どいて」
不機嫌そうな透は情欲に溺れる佐藤を押しのけた。
「なんで…」
膣を限界以上に広げきった肉棒が抜けて快楽地獄から解放された佐藤は、女体の芯で萌え続ける情欲の炎に身を焦がしながら、透にすがるような視線を向けていた。
「…、せんせい、病院行かないの?」
透は佐藤を中途半端にあおって突き放した。十分以上にエロチックで色気を漂わす魅惑的な女体だったが、ついさっき沙由紀のおぼこい女体を頂いた後である程度満足している上に、フェロモンをまき散らす肉感的な女体は、脂が乗りすぎた大トロのようでクドすぎた。

「…お願い、イジワルしないで、してえ」
女体を焦がす淫乱な炎に身もだえする佐藤は、振り乱した髪が口に入って恨めしそうな顔になっていた。そそり立つ息子に湿った息にまみれたメスの顔ですがりついていた。

女子校生アヤ (111) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:41:22 ━ Page top ━…‥・

== 女子校生アヤ ==

女子校生アヤ (109)車でエッチ

ろま中男3 作品リスト
女子校生アヤ 目次

女子校生アヤ (109)車でエッチ

「…、オナニーしてよ」
火照った顔でイヤラシイ吐息を吐きながら透の息子に舌を這わせるエロ美人教師の、たっぷりした胸を揉みながら透がつぶやくと、
「はあっ、ああっ、…」
透をチラ見した佐藤は口からあふれる唾液で息子ビショビショにしながら、自分で下げたパンティをむっちりした太ももに絡ませて、お尻に回した手で濡れたスジをさすり始めた。

「先生、誰か、見てるよ」
生徒に淫らな姿を恥ずかし気もなく見せつける佐藤を見下した透は、メスの本性を丸出しにしてエッチな吐息にまみれたエロ教師をからかってみた。
「えっ、だれっ」
慌てて息子から離れた佐藤はウインドウの陰に隠れて外の様子をうかがった。
「…、いないよ」
透はすました顔でつぶやいた。

「なに?…、バカにしてるの」
着乱れたブラウスにたわわな乳をひりだした佐藤は、上気した淫乱な顔でキツイ視線を向けると
「でも、こんなトコだと、ホントにのぞかれる」
透の抑揚のない声にイラついたが、股間で相変わらずそそり立つそれを見た佐藤はエッチな気分に負けて、襟元を直すと太ももにパンティを絡めたまま車を発車させた。ミニスカもズリあげたままで、濡れたあそこがシートに直接触れていた。

「…、続き、しましょ」
運転している間も助手席でそそり立つシフトレバーが気になって、もやもやした気持ちで落ち着かない佐藤だった。目隠しになる木立の裏手に車を止めると、自分からブラウスを脱ぎパンティも抜き取った佐藤は、肉感的なボディを透にさらしてそそり立つ息子に舌を這わせながら、濡れ濡れの股間を指でほぐし始めた。
「…」
透は胸からぶら下がる特大のスイカを手のひらで受けて、タプタプと揺らしながら硬くなった乳首を手のひらで転がしていた。

「もう、入れたい、ああっ」
佐藤はシートをリクライニングさせると仰向けに寝た透に肉感的な女体が覆い被さってきた。棍棒の先端を濡れ濡れの亀裂に導いた佐藤は苦悶の表情を浮かべながら、血管の浮き出た極太チンコを膣に咥え込んでいた。
「あっ、はあっ、入らない」
蜜にまみれた花びらをギリギリまで広げた棍棒は、しかし入り口で立ち往生していた。悩ましげに脂ののった腰を震わせる佐藤は切なげに透を見下ろしていた。
「手伝う」
またも抑揚のない声を漏らした透はギブスで固められた左手も動員させて、両手で股間にまたがる佐藤の張りのあるお尻を押さえると腰を突き上げた。

女子校生アヤ (110) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:40:04 ━ Page top ━…‥・

== 女子校生アヤ ==

女子校生アヤ (108)巨根

ろま中男3 作品リスト
女子校生アヤ 目次

女子校生アヤ (108)巨根

「あっ…、はあっ」
股間にそそり立つそれの大きさに見とれた佐藤は、われに返って前を向くと焦ってブレーキを踏んだ。ハンドルに寄りかかってため息をついた佐藤は頬を染めて横目でソレを見た。
…、やっぱり、大きい、…。
コレまで寝たどの男よりソレは大きかった。エロ本能に素直に従ってきた佐藤は何人もの男と経験してきたが、こんなりっぱな巨根にお目にかかったことはなかった。
…、あんなのが、入ってきたら、どうなるのかしら、…。
ヒザをモジモジとすりあわせた佐藤は、ナマ太ももに挟まれた三角形をのぞかせるパンティにすでにイヤラシいシミを作っていた。

「どういうつもり…、それ、早くしまいなさい」
ドキドキと鼓動が高鳴るのを意識しながら佐藤は甲高い声で透を叱った。頬を紅潮させて顔を火照らせた佐藤は、いつもの高慢な態度がなりを潜めて声がうわずっていた。
「…、先生、人目につかないトコ、行こうよ」
佐藤が一人でもだえる様子を眺めていた透は、佐藤の手を取ると自前のシフトレバーを握らせた。

「あっ、」
ホントに、大きい、…。
手のひらに余る棍棒に触れた佐藤はソレを離すことが出来なかった。湿った息を漏らす佐藤は、邪悪な熱を発散するそれに魅入られたように、色っぽい顔を近づけていた。
「…、先生、いいよ」
エロっぽい佐藤の顔が棍棒に触れそうなほど近寄ると、背中からわきの下に手を伸ばした透は、ブラウスの上からたわわな乳を握りながら肉感的なボディをかかえて、それの先端を佐藤の唇に押しつけた。

「…あっ、はあっ…」
唇に触れた熱さに思わずのけぞった佐藤は、しかし胸をグニグニと変形させる手を払いのけようとはしなかった。興奮した佐藤の湿った息がふくれあがった先端を刺激していた。
「あっ、ああっ」
佐藤の胴体をかかえた手でブラウスのボタンを外した透は、ブラをズリあげてナマ乳をさらけ出すと指先で勃起した乳首をいじった。佐藤は乳房の先端の熱さにもだえてあえぎ声を漏らした。透は口を開けた佐藤に鎌首を押しつけた。

「…ふっ、あっ、ううっ、んっ、…あっ、はあっ、だめ、大きすぎて、入らない」
めいっぱい口を開けた佐藤は広がったカリが飲み込めずに、息を荒くして上目遣いに透を見上げた。
「だったら、舐めて」
見下ろす透の冷たい視線に佐藤は目を伏せると、舌を出して棍棒のようなそれを舐めはじめた。ドクドクと熱い血潮が女体を巡って、ミニスカからのぞくパンティに締め付けられたあそこは濡れ濡れになっていた。

女子校生アヤ (109) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 16:38:59 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old