FC2ブログ

== 紗羅 ==

綺羅 (89)またコウキ

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
綺羅 目次

綺羅 (89)またコウキ

あれ、どっかで、見たような…。
最近まで高校球児だった坊主頭の少年は見覚えのある横顔に注目していた。

地方予選にあっさり敗退して最近すっかりヒマを持てましたコウキは、ポンチョ姿の彼女が警官に補導されるきっかけになったセクシーなお姉さんと同一人物だと、すぐにわからなかった。

はあ…、あ~あ…、お父さん、結子さんと、エッチの真っ最中だよね…。はあん…、紗羅には、入れてくれないくせに、ズルイよ…。紗羅、かわいいと思うんだけどな…、あん…、逆ロリコンってこと?…、オバ専かも…、お父さん、変態?…。

ファースト版プラグスーツの股間から生えたバイブの刺激にもだいぶ慣れた紗羅は、内マタでよちよち歩く晩ご飯のお使いの道すがら、ふくれっ面で父親の常識的な行動にイチャモンをつけていた。

あ…、あのときの…、でも、ロリ…。
夜のコンビニではロングヘアでセクシーなチューブトップ姿をてっきり年上だと勘違いしたが、明るい日の光の下で見る彼女はどう見ても年下だった。

それに、なんか、へんなカッコしてるし…。
ポンチョで上半身を隠しているが、細めの下半身に密着するプラグスーツのエナメルっぽい光沢が、セクシーというより普通の住宅街に違和感だった。

ふわあ…、なんか、面白いコト、ないかな…。あふん、だれか、紗羅を襲ってくれる、変態さん、いないのかな?…。あれ、あの人…、ソフトクリームの?…。

ここ数日変態に付きまとわれた紗羅はその種の人間にすっかり馴染んでしまったようで、望みを叶えてくれない父親に対する不機嫌とバイブの刺激が綯い交ぜになり、欲求不満気味な気分で変態に襲われてチョメチョメされるエッチな期待を抱いていた。

や…、あの人に、紗羅、またヘンなコト、されちゃうの…。
そんな時に股間にソフトクリームを押しつけるという変態行為をしたボウズ頭少年の登場で、アブノーマル美少女の潜在意識にある期待は一気に高まった。
こっち来る、こわいよお…。
しかしそんな女体の奥に潜む変態性向に逆らおうとするかのように、むっつりカマトト美少女は徐々に近寄ってくる少年に怯えていた。

「まえに、会ったよね?…、コンビニ…」
あの夜の思い出が淫らに誇張された美少女との再会にドキドキするボウズ頭高校生は、怯えた目でチラ見する紗羅を年下だと確信して、若干上目線で話しかけた。

「…、やめてください…、大きな声、出しますよ…」
あ…、や、やっぱり…、ヘンなコト、かんがえてるのお?…。コワイ、変態さんだよお…、紗羅に、エッチなコト、しようとしてる…。
少女が自覚しない深層心理を確実に浸透している倒錯したマゾヒスティックな悦びで、バイブを咥え込んだ切れ目からイヤらしい汁が垂れていた。しかしまだ自分の淫乱な血を理解してない紗羅は、ニヤリと笑う浅黒い顔に怯えてうつむいていた。

「そんな、なにも…」
イキナリの変態扱いを敏感に感じた多感な少年は、それでもへこんだ気持ちを出さないようにムリに笑顔を作って近寄っていた。
「きゃっ」
やだ、ちかよってくるうっ…、たすけてえ、おとうさん…。
飢えた狼に魅入られたかわいそうな少女、という図式が頭の中で出来上がっていた紗羅は、不自然な笑顔を作るコウキに怯えて後ずさりしたが、道路の段差につまずいて尻もちをついた。

「大丈夫か?…、あれ、これなんだ?…」
転んでM字開脚した紗羅を心配して手を出したコウキだったが、少女のプックリしたオマタの中心に目を奪われると、ソコから突き出たバイブのスイッチをナニも考えずにひねっていた。

「ひっ…、あ、ああ…」
やっ、あ、ああんっ、あそこが、あうっ、動いてるうっ…。やっぱり、へんなこと、されたあ…、変態さんに…、紗羅、ああっ、犯されちゃうよおっ…。
ナカに収まっておとなしくしていたバイブが急に胎動し始めて、ロリの粘膜をかき回す。コウキを変態扱いして怯える紗羅は、カワイイ顔をゆがめて快感にもだえていた。

綺羅 (90) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 00:42:16 ━ Page top ━…‥・

== 紗羅 ==

綺羅 (88)結子と智貴

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
綺羅 目次

綺羅 (88)結子と智貴

「そうだ、紗羅、晩ご飯のお買い物…、行ってくれないか?」
ラバースーツで緊縛された結子の後ろから抱きついて、濡れ濡れマ○コに突き刺したままの恥知らずな姿で、やっとファースト版プラグスーツを装着した紗羅を体良く追っ払おうとした。

「あ、ああ…、晩ご飯?…、わかった…」
あん、おナカで…、はあっ、紗羅、バカになりそう…、ああん、お父さん、はあ、結子さんと二人きりに、あはあ…、なりたいんだ…、ふん、いいよ、邪魔モノは、はあっ、消えてあげる…。
プラグスーツの股間に装着されたシリコン製の張り形に犯される美少女は、カワイイ顔に悩ましげな表情を浮かべて、智貴のミエミエのお使いに行くコトにした。

「紗羅ちゃん…、ごめんね…」
ブラックラバースーツで成熟した女体を引き絞られて後ろ手に拘束された結子は、官能小説家と二人きりのただれた時間を心待ちにして熟れた女体をワクワクさせながら、部屋を出て行こうとする紗羅に悩ましげな笑みを浮かべていた。

「…」
…、結子さんには、あんっ、助けてもらった恩が、はあん…、あるし、いまだけ、あっ、お父さん貸して、ああっ、あげる…。
プラグスーツから生えた血管まで再現されたシリコンバイブに幼い女体をもだえさせる綺羅は、なかばエロボケ状態で、メスの濃厚なフェロモンが漂う部屋から出て行った。

「ひどい人ね、お父さん…」
綺羅が出て行くと引き絞られた柔らかいカラダをひねった結子が、血走った目で見つめる変態官能小説家の劣情をハスキーな声で煽る。

「お父さんじゃない、今は1匹のオスだっ」
自由の効かないカラダを淫らな妄想でゾクゾクさせる結子の、被虐的なイジメられたい空気をまとった悩ましげな横顔にしゃぶり付くと、リップでヌメヌメした妖しいテカリを放つ唇に吸い付き、ムッチリ太ももを広げさせて、濡れたスジに埋没した息子を確認してから腰を振りだした。

「んっ、ふあっ、ああ、いっ、いいっ、はっ、もっと、ああっ」
ムリヤリ侵入してくるネチョネチョの舌に口腔内を弄ばれた結子は、スキマから男を誘うエッチな声を漏らしながら、突き出したお尻をパンパンと打つ激しい挿入によがりもだえていた。


はあ…、この格好じゃ、ああ…、ダメだね…
父と結子が絡み合う様子が頭に浮かんできて、イラつきがちな気持ちをヤキモチでチリチリさせた紗羅は、体の線がはっきり出たプラグスーツで外に出る恥ずかしさにようやく気付くと、母親のフード付きポンチョを頭からかぶって家を出た。


「おっ、おおっ、いっ、あっ、いいか、はあっ、おっ、おおっ」
抵抗できない女体をバックから責め立てる官能小説家は、ラバーに引き絞られてプックリしたツルツル肌に指を食い込ませ、ケダモノのようにがむしゃらに腰を振る。

「いっ、あっ、もっ、もっと、は、ああっ、いっ、いくうっ、あひっ」
拘束された後ろ手にもどかしげに力を入れる結子は、綺羅のベッドに顔をうずめて突き上げたお尻の奥に、挿入を繰り返す熱い肉棒にメスをむき出しにしたはしたない嬌声を上げる。

「くっ、いっ、いいか、あっ、うっ、ぶっ、もっと、あうっ、よくして、やるっ」
どSな加虐色情に支配された中年は、美しい女体が見せる黒いオビに絞られた淫靡なフォルムにますます倒錯した興奮を昂ぶらせていた。

「あっ、いっ、いい…、やっ、いっちゃうっ、いっちゃうっ、ううっ…」
とろけそうな極上の女体にのめり込んで、息継ぎするのも忘れて激しい挿入を繰り返す智貴に、結子は快感の頂点に突き上げられていた。
「やっ、あっ、いっ、はあっ…」
女体で荒れ狂う官能の嵐に突き上げられた結子は、後ろ手に後頭部を押しつけそうな勢いでのけ反って、のしかかってくる智貴に後ろ髪をすりつける。

「いっ、くぞっ、おっ、あっ、はっ、ああ…」
智貴も同時に絶頂を迎えていた。裏スジを駆け上がる熱いほとばしりを感じた官能小説家は、女の色気でムッチリした腰肉をがっちりつかむと、ふくれあがったズルムケチンポを思いっきりたたき込む。
「おっ、お、おおっ…、あ、はあっ…」
子宮口にカリを突き刺してドクドクと息子を脈動させた智貴は、喉の奥から快感のうめき声を上げて、健康な女体に種付けする本能的な悦びに中年顔をだらしなく緩めていた。

綺羅 (89) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 17:34:36 ━ Page top ━…‥・

== 紗羅 ==

綺羅 (87)仲間に入れて

ろま中男3 作品リスト
綺羅 目次

綺羅 (87)仲間に入れて

「よ、よく、言った…、味わえ」
結子を屈服させて恥ずかしいおねだりをさせた智貴は、興奮しすぎてこわばった笑いを顔にはり付けて腰を振り始めた。

「あ、あんっ、ああっ…、え…」
トロトロの蜜壺に出入りしてジュブジュブとぬめった音を立てる肉棒に、後ろ手に緊縛された手を垂らした髪でなでつけてのけぞる結子は、辺りをはばからず発情したメスの叫び声を上げていたが、部屋の入り口に目をやって息を飲んだ。

「…、おとうさん、何してるの?」
…、おとうさん…、結子さんと、エッチ、してる…。
風呂上がりでバスタオル一枚だけ巻いて、火照った幼いカラダから湯気を上げる紗羅が、無表情に二人の結合部を見つめていた。悲しくて、ふがいなくて、情けなくて、いたまれなくて、むかついて、許せなくて、そんないろんな感情が一度に湧いてきて、逆に無表情になっていた。
おとうさんの…、おっきい、おちんちん、…。
そして大きくなった智貴の息子が目に焼き付いて、まだカラダに残った催淫剤の効果で、お風呂に入ってキレイにしたばかりのあそこを湿らせていた。

「いやっ、こっ、これは…、結子さんの、そっ、そのっ、柔軟を手伝ってただけだ」
紗羅の部屋にいる事をすっかり忘れていた智貴はうろたえながら、蜜壺に突き刺した息子だけは隠そうと、腰をめいっぱい密着させて結子をハデにのけぞらせた。

「あくっ、ひあっ…、あんっ、そうよ…、紗羅ちゃんの、はあっ、服、借りちゃった」
子宮口に食い込む先端の気が遠くなりそうな強烈な刺激で、はしたないよがり声を上げた結子だった。智貴はラバー製の衣装を張り詰める女体を抱え上げ、後ろに隠れていた。紗羅と正対した結子は息子の挟まった股間に締めつけて、懸命に内マタを合わせてそれを隠そうとした。

「ふうん…、紗羅も、仲間に、入れて」
おとうさん、紗羅には、してくれなかったのに…、結子さんと…、でも、これも、おしおきなのかな…、紗羅、お父さんに、ひどいこと…、言って、かわいく、なかったから?…。
上体を伏せてお尻を智貴の股間に押しつける結子のラバー衣装は、かろうじて恥ずかしい部分を隠していた。無表情にぼんやり見つめる紗羅は、ゆっくりとバスタオルを外して火照った若い女体を晒していた。

「あ、ああっ、いいぞ…、でもその前に、なにか、着ろ…」
肉棒を突き刺したままの女体の後ろに隠れる智貴は、恥知らずにも愛娘の裸体に息子をふくらませて結子を肉感的なボディをあえがせたが、とりあえず適当なコトを口走っていた。
「うん…、そうだね…」
おとうさん、紗羅のエッチな姿、見せて上げるよ…、結子さんより、いいんだから…。
肉の悦びに震える結子を前に、目が笑ってない笑顔で応えた紗羅は智貴の脱ぎ散らかしたスウェットのズボンをチラ見すると、紙袋から例のプラグスーツ型の拘束具を取りだしていた。

「ああ、紗羅ちゃん、はあっ、カワイイ、わよ…、えっ…」
とっくに破綻しているがそれでもこの場を取りつくろうとする結子は、宇宙服のようなアニメキャラの衣装をほめた。しかしその股間に当たる部分に、少女には似つかわしくないシリコンの固まりが装備されている事に驚いていた。

「そう…」
そうよ、私の方が、かわいいんだから…、結子さんの、エッチなカラダより…、紗羅のほうが、お父さんは、すきなのよ、…。
後ろ手に緊縛されて情けない内マタ姿の結子を紗羅の冷たい笑顔が見つめた。笑っていない大きな目に威圧された結子は
「うん…、かわいい、よ…」
少女の静かな怒りに恐れをなして、まつげの長い切れ長の目を伏せて応えていた。

「あ、いやっ、ああんっ…」
紗羅の視線でスウェットのズボンをはいてないコトを意識させられた智貴は、とりあえず腰を引いた息子を抜き去った。まだまだ元気な息子で粘膜をこすられた結子のいやらしい声が、静かな紗羅の部屋に響いた。

「…、あうん、あうっ…」
結子さん、うれしそう…、あ、ああんっ…、入らない…、えいっ、…。
二人の痴態を盗み見る紗羅は、張り裂けそうな想いを抱えて、プラグスーツ拘束具に足を通していた。両足を通して股間のあの部分を幼いあそこに押しつけて納めようとするが、なかなか入らなくて焦れた紗羅は、思い切ってぐいっと引き上げた。

「ひゃあっ…、ううっ…」
あぐっ、うきゃあっ、い、いたい、ううっ、…。
湿り気を帯びたスジに食い込んだカリ首が、まだピンクの花びらを無残に広げて充血させた。しかしまだ潤いの足りないナカの粘膜をムリに押し広げようとするシリコンに、美少女はつらそうに顔をしかめていた。

綺羅 (88) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:48:58 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old