FC2ブログ

== 紗羅 ==

綺羅 (86)緊縛ファッ…

ろま中男3 作品リスト
綺羅 目次

綺羅 (86)緊縛ファッ…

「おふあっ…、失礼します…、ここを、おっ…、こうして、うはおっ…」
結子は尻タブに力を入れて熱い肉棒を刺激していた。柔らかい尻肉で息子を挟み込まれた智貴は体に充満した劣情で平常心を無くして、結子に応えるように腰を振って肉棒を尻肉にこすりつけていた。

「あ、あんっ、はあっ、ああっ…」
ゴム素材のワンピに手を入れた智貴は、くびれに手を当てると余分な肉を持ちあげるようにして、下乳まで押し上げていった。力のこもった手の平で肉を揉まれる結子は、切なげに髪を揺らして湿った吐息を響かせていた。

「これで…、あと、こすれば…」
ウエストを引き絞ってなんとかファスナーを上げて、火照った肉体をラバー製のワンピに押し込んだ智貴は、か細い両腕を後ろ手にすると拘束具に固定した。
「ああっ、もう、私…、はあっ、先生の、思うがままですね…、あんっ、いやんっ」
両腕を縛められた不自由な体勢でもお尻を振って肉棒を刺激していた結子は、バランスを崩した。

「ああん、恥ずかしい…、はあ、せんせ、い、みない、でえ…」
キツイゴム製の衣装に押し込めた上半身をベッドに預けるように結子は倒れ込んだ。ラバーの黒と対照的な白い素肌がむき出しになった下半身が、智貴の前にさらされていた。切なげに恥じらいの声を漏らす結子は、言葉とは裏腹に丸いお尻の中心に菊門を晒して、その下の花園で男を誘う蜜を垂らしていた。
「…大丈夫、ですか?…」
覆い被さるように後ろから抱きついた智貴は、そそり立つ息子を押さえて亀裂からあふれる蜜に浸していた。

「ああ、せんせい…」
カウパーで濡れた先端でクチュクチュとあそこを刺激されて欲情した女体がもだえる。甘えた淫らな声と智貴の興奮した荒い息が娘の部屋に響いていた。
「は、はい…、お、うおっ…」
しばらくカリ首での戯れを続けていた智貴は、甘美な悦びに震える女体に引き込まれるように腰を押しつけた。中のヒダヒダがふくらみきった息子を刺激する。

「あ、あ、あ…、せん、せい…」
後ろ手に緊縛された不自由な体勢でお尻を上げた結子は、ゆっくりと挿入される息子で、徐々にナカの粘膜を広げられる感覚にのけぞって、うわずった声を上げていた。
「う…、あ、ああっ」
ぬかるんだ蜜壺に根本まで挿入した智貴は、結子の張りのある下半身に密着してキレイな丸みを見せる尻肉をひしゃげさせていた。ナカのぬかるんだ温かさに感極まったようなこもった声が漏らして、智貴はいい匂いのする髪に顔を埋めた。

「せ、せ、んせい…」
ラバー衣装で拘束されたカラダをきつく抱きしめられた結子の苦しそうな声がした。その声にはナマ本番で奥まで突き刺しておきながら、動く様子のない智貴に焦れた不満もこもっていた。
「…、どうして、欲しい…」
自由を奪った美女を征服した満足感を味わっていた智貴は、突然サディステックな感情に支配されていた。淫らな刺激を求める結子に、智貴はきれいな髪に埋めた口から冷酷な声を漏らして、恥ずかしいおねだりを強制していた。

「はあっ、ああっ、はず、かしい…、せ、あん、せい…、し、して、ください」
冷たい口調にマゾヒスティックなメスの性根を熱くした結子は、ぴゅっと潮を吹くと恥辱にまみれて、はしたないおねだりをしていた。
「して、じゃ、わからん…、はっきり、言え」
甘えた声にますます加虐的な興奮を昂ぶらせた智貴はナカで微妙に息子を震動させて、粘膜をこすられる刺激で火照った女体をもだえさせていた。

「はっ、ああっ、おちん、ちんで…、お○んこ、こす、ってえっ」
被虐的な倒錯した興奮で全身を淫らに熱くした結子は、吐息混じりに息子とあそこを指す赤裸々な単語を口にして、貪欲に刺激を求めて自らお尻を振っていた。

綺羅 (87) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:47:13 ━ Page top ━…‥・

== 紗羅 ==

綺羅 (85)ビザール

ろま中男3 作品リスト
綺羅 目次

綺羅 (85)ビザール

「男の興奮した鼻息が…、はあっ、菜々子の耳の中に響いて…」
朗読内容を再現するように智貴の荒い吐息がキッチンに響く。智貴の野獣のような視線が食い込むネットリ濡れてトロトロに火照ったあそこに、結子の昂ぶった意識が集中して女体を熱く欲情させていた。

「ああんっ、カラダが熱くて、はあっ、熱病のように頭がぼんやりした菜々子は…」
結子は甘い吐息を混じりに朗読を続けてメスの性根を昂ぶらせていた。肉感的な体に沸騰した淫乱な血が駆け巡っていた。

「せんせい…」
吐息混じりのかすれたか細い声がした。開いた足からかすかに見せる局部から目線を上げた智貴は、ギリシア彫刻のように美しいが無表情な顔の半開きで潤んだ目が、じっとこちらを見つめるのに息を飲んだ。
「わたし、感動、しました…、せんせい、はあっ、すばらしいです」
智貴の視線を意識してニッコリ笑った結子は開きかけた足を閉じると、しっとりしたナマ太ももの肌をかすかにすりあわせていた。ネットリ濡れた花びらを太ももの動きで自ら刺激する結子は、艶めかしい吐息混じりに官能小説を賞賛していた。

「あ…、いやっ、駄文ですよ…、お恥ずかしい」
柔らかくなった表情の美しさに見とれた智貴だったが、中断された誘惑に未練を感じながら、照れ笑いを浮かべて応えた。
「駄文だなんて、ご謙遜を…、先生の作品に、モデルはいらっしゃるんですか?」
口角を上げてかすかに朱を浮かべた頬で笑う結子の、探るような目が見つめていた。

「いやっ、それは、企業秘密というか…」
女性の痴態を妄想してばかりいる自分を見透かされたような気がして、智貴はごまかして笑っていた。
「先生ったら、プレイボーイ、ですのね…」
智貴の女性遍歴を邪推した結子が、下半身の艶めかしい動きが伝播したようにカラダ全体を揺らして、ノーブラの胸をプルプル震わせていた。

「いや、そんな事は…、紗羅のヤツ、遅いな」
過去の女性体験が頭に浮かんで面映ゆい智貴は話をそらしていた。
「…、そうですね、何してるか、見に行きましょうか、紗羅ちゃんのお部屋は、2階?」
はぐらかされた気がしてちょっと不機嫌になった結子は、無表情に立ち上がると智貴を誘うように目線を送るとキッチンを出て行った。

…、お○んこ、丸見えだ、…。
階段を先に行く結子の下半身を見つめる智貴は、太ももが上下する付け根にぬめり気で妖しいテカリを放つ花園をのぞき見ていた。官能小説のもったい付けた文体を考える作家とは思えない、直截的な感想を浮かべる智貴の荒い吐息を意識する結子は、あそこをキュッと締めつけてあふれた汁気で太ももの内側を濡らしていた。

「いませんね…」
陽炎のようにフェロモンが立ち上る火照った女体の後ろから紗羅の部屋をノゾキ込んだ智貴が、気の抜けたような声を漏らした。
「あら…、紗羅ちゃん、こんなの、着るんですね」
ベッドの横にあった紙袋からエナメルのチューブトップをめざとく見つけた結子が、カラダを艶めかしくよじって淫靡な笑いを向けていた。しゃがんで張り詰めた尻肌を見ていた智貴は、あわてて愛想笑いを浮かべた。

「これなら、着られるかしら…」
さらに紙袋を探った結子はラバーのビザール衣装を取りだして、体に当てていた。
「はあ…」
黒いラバーで結子の肉体が引き絞られる淫らな姿の妄想で頭がいっぱいになった智貴は、適当に相づちを打ったが、ふくらんだ股間を隠すのをすっかり忘れていた。

「ちょっと、後ろ、向いててくださいね…」
官能小説家の盛り上がった下半身を盗み見て淫靡な笑いを浮かべた結子は、背中を向けるとなんのてらいも見せずにニットワンピを脱ぎ去った。ゴクンとツバを飲んだ智貴はそうするのが当たり前のように、スウェットの下を脱いで下半身裸になった。
「ああんっ…、背中、上げてくれます?…」
ゴム製のワンピースに肉体を押し込んだ結子は、背中に手を回してファスナーを上げようとしたが、サイズがきつくて上がらなかった。

「こういうのは…、コツがあるんですよ」
そそり立つ息子を丸出しにした情けない姿の智貴は、除虫灯に誘われる羽虫のように、結子のフェロモンに誘われて背後に立っていた。

「ああっ、詳しいンですね…、はあっ、お任せします」
荒い鼻息で背中のナマ肌を刺激された結子が切なげなこもった声を漏らして、智貴のむき出しの下半身に、汗がにじんではりつくようなお尻のナマ肌を押しつけていた。

綺羅 (86) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:45:58 ━ Page top ━…‥・

== 紗羅 ==

綺羅 (84)結子の誘惑

ろま中男3 作品リスト
綺羅 目次

綺羅 (84)結子の誘惑

「それとも、こっちかしら…」
カラダを曲げて今度は下の収納扉を開けた結子は、前屈するように膝を伸ばしていた。ずり上がったワンピのスソからキレイな丸みを見せる双臀と、それに挟まれた太ももの付け根がプックリ顔を出していた。

お○んこ、丸見え、…。
柔らかさをみせる女体にパンチラを期待した智貴だったが、エッチな汁気で妖しいテカリを放つあそこのナマ肌を見た智貴は、ゴクンとツバを飲み込んでキッチンに響くような大きな音を立てていた。

「わかんないわあ、お父さん、どこかしら?…」
それに気づかないフリをして振り返り、淫靡な雰囲気を漂わせた笑顔を向ける結子は、あわてて新聞紙を広げた智貴の股間がふくれあがっているのを盗み見て、体の線がはっきり出たニットワンピのカラダをくねらせていた。
「あ、ああっ、コーヒーなら、ソコの棚に…」
オドオドして新聞紙に顔を伏せた智貴は、上の棚を指さしていた。

「あんっ、あったあ…」
ニッコリ笑って背を向けた結子は、つま先立ちになってセクシーボイスを漏らすと、手を伸ばしてずり上がったパンピのスソから下尻をはみ出していたが、今度はお尻を突き出してヒタヒタに濡れたあそこまでのぞかせていた。
「すぐに出来ますから、待っててくださいね…、あ、奥さんは、今日お出掛けですか?」
丸いふくらみの頂点までワンピがまくれ上がったお尻をプリプリ振る結子は、ケトルをコンロにかけてコーヒーカップを2つテーブルに並べた。

「妻は、仕事で今日は、帰ってこないんですよ」
セクシーボディが艶めかしく揺れるのを横目で見る智貴は、今日も妻が仕事で遅くなるのを大げさに伝えていた。
「あら、そうなんですか…、お父さんのお仕事、お聞きしていいですか」
智貴の答えに満足そうに笑った結子は、大げさに上体をふせてノーブラの胸をゆさゆさ揺らしながら、カップにインスタントコーヒーを入れていた。

「仕事というのは、おこがましいですが…、文筆業です」
言い方は謙虚だが、文筆業だと自分を紹介する智貴は自慢気だった。
「あらっ、作家先生なんですねっ、どんな本をお書きなんですかっ」
わざとはしゃいで胸をタプタプ揺らした結子は、胸の谷間を見せつけるように智貴の顔をのぞき込んでいた。

なんか、楽しそう…、でも、結子さんに、助けてもらったし…。
改造制服を脱いでミニスカの部屋着に着替えた紗羅は、キッチンから聞こえてくる結子の楽しそうな声にまたジェラシーを感じたが、口を挟むのが躊躇われて何も言わずに、幼い女体にしみついた変態たちの体液を洗い流しにお風呂に向かった。

「こんなモンですが…」
紗羅が廊下を通り過ぎるのに気付いた智貴だったがそれを口には出さずに、コレまで紗羅には決して見せなかった官能小説の単行本を結子の渡した。
「アラ…、ステキですね、読ませて、頂いていいかしら?」
女性の艶めかしい裸体を描いたカバーを外して、いかにも官能小説っぽいタイトルだけの単行本の表紙を見た結子は、意味深に笑って見せるとわざとらしく足を組んで斜めにいすに座り、単行本を開いて目を落とした。

「菜々子は、カラダの線をなぞってくすぐるような男の視線に…、露出狂の興奮を昂ぶらせて、肉感的な女体を火照らせて…」
コーヒーをすする智貴の視線が乳房の突き出た先端や、太ももに突き刺さるのを意識する結子は、わざと声に出して読んでいた。セクシーな声にドキッとした智貴は、あわてて新聞に視線を向けたが、すぐにまた結子の女体を盗み見ていた。

「見られて興奮する変態女の菜々子は、チクチクと突き刺さる視線であそこからいやらしい汁を垂らして、成熟した女体を熱くしていた…、欲望にまみれた男の視線を誘うように、組んでいた足をゆっくりと揃えると、軽く力を入れたヒザを、徐々に開いていった」
朗読を続けてハスキーボイスで智貴の劣情を誘う結子は、かすかに頬を紅潮させて笑うと、小説のとおりに組んでいた足を崩してゆっくりと開いていった。

…、見える、…。
結子のあからさまな誘惑で智貴は淫猥な妄想にとりつかれて身動きできずに、妙な緊張感で音がしないように慎重に呼吸しながら、だんだんとあらわになる太ももの奥の陰に目を奪われていた。

綺羅 (85) につづく
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。

┃ テーマ:恋愛:エロス:官能小説 ━ ジャンル:小説・文学

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:44:41 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old