FC2ブログ

== 今日のナメコ ==

今日のナメコ (27)本能むき出し

ろま中男3 作品リスト
今日のナメコ 目次

今日のナメコ (27)本能むき出し

「あの…、お巡りさん…、続きがあるの…」
不機嫌そうに調書にペンを走らせる田村に、火照った女体をもてあますナメコがおずおずと声をかけた。

「は…、あ…、そうですか」
ペンを持つ手にしみついた愛液からケモノの匂いがして股間を熱くしていた田村は、切なげに女体を揺らすナメコを見上げた。
「はあ…、あの…、仮眠室…、ありますか?」
田村の熱い視線が女体に突き刺さって柔肌をピクピク震わせて、湿った溜息を漏らしたナメコは布団のある場所に行こうとしていた。
「…仮眠室というか、普通の部屋なら…」
ナメコの意図がわからなくて、しかし仮眠室という響きにエッチな雰囲気を感じた田村はナメコを奥の部屋に案内した。

「あっ、いつまで、つないどくつもりだっ、人権蹂躙だっ…」
手錠で壁の金具につながれた痴漢男は戻ってきた田村に悪態をついたが
「お巡りさん、うるさいですね…」
「そうですね…」
後ろに隠れたナメコの怖がる声に応えて
「やめろっ、うっ、ううっ…」
田村は汗の臭いがするタオルで痴漢男を猿ぐつわした。

「あの、私がハダカで寝てたら…、この男が入ってきたの…、ハダカになった方が、いい?」
畳敷きの部屋に布団を引いたナメコは畳の上に女座りしてムッチリした太ももを重ねていた。小さくため息をつくとミニワンピ肩ひもに手をかけた。
「あ…、ああ…、そうですね…、じ、事件の、再現には必要です」
「ううっ、うがっ…」
色気を垂れ流すナメコにゴクンとツバを飲み込んだ田村がドモリ気味に応えると、壁につながれた痴漢男が猿ぐつわされたまま不満そうなうなり声を上げた。
「はい…、じゃあ」
恥ずかしそうに顔を伏せたナメコは田村の見つめる視線を意識ながら、ドキドキしてミニワンピを脱いだ。

「こうして、寝てたの…、そしたら…」
一糸まとわぬ姿で寝そべったナメコは布団から立ち上る男臭い匂いにアソコを濡らしていた。
「この犯人が入ってきたんですね…」
田村はまた犯人役を買って出て綺麗なカラダのラインを見せるナメコに近寄った。
「その時は寝てたから、よくわからないけど…、人の気配に目を覚ますと…、縛られてたんです」
ナメコは自分から後ろで手を合わせて、田村に縛るように誘っていた。自分から緊縛を希望してマゾ気を刺激されたナメコは、アソコをヌルヌルにして太ももを落ちつき無くすりあわせていた。
「…、あ、はい、…、痛くないですか?」
ナメコの肢体にウットリしていた田村は、やっとその意図に気付いて白縄を取り出すと後ろ手に縛り上げた。セクシー美女を縛り上げる倒錯した興奮に息を荒くした田村は、気の弱そうな声を漏らした。

「大丈夫です…、それでその男が、私を、その…、あの…」
マゾ奴隷の気分で被虐心にまみれたナメコは自由の効かなくなったカラダを切なげによじりながら、あの恥ずかしい体勢をどう説明しようか迷っていた。
「どうしたんですか…」
カラダに充満したスケベな気持ちに気色ばむ田村は、ナメコの顔をのぞき込んだ。
「あ…、はあっ、あの、その、男がハダカになって…」
迫ってくる田村に顔を伏せたナメコは恥ずかしそうな声を漏らすと
「こうですかっ」
制服を脱ぎ捨てた田村はふくれあがった劣情で張り裂けそうな肉体をさらした。

「…、あ…、はい、それで…」
着やせする田村の肉体に見とれたナメコは、股間にそそり立つ息子からたちのぼる熱気にあてられてアソコをビショビショにしていた。
「それでっ、どうしたんですかっ」
獣欲に囚われて昂奮して激しく息の音を鳴らす、ナメコを犯すことしかない田村はジラされているようで語気を強めてナメコに迫った。
「はいっ、私をひっくり返して、アソコをノゾキ込みました」
コワイ顔で迫ってくる田村に恐怖したナメコは、自分からまんぐり返しの体勢になって恥部を若い巡査にさらしていた。

「そうして、犯されたんですねっ」
自ら窮屈な姿勢を取ってビショビショの花園をさらすナメコに昂奮して理性のタガが飛んだ田村は、息子の先端を濡れた蜜壺に押し当てると腰を押しつけた。
「あっ、ああっ、だめ、いやっ…」
すでに受け入れ体勢の完了したそこはあっさり田村のそれを受け入れていた。まんぐり返しのナメコの腰を押さえた田村は狂ったように腰を振っていた。
「うっ、おっ、そう…、そう、うっ、言って、抵抗、ううっ、したん、くっ、ですね」
ケモノのような欲情に囚われた田村はパンパンと腰をたたきつけていた。ナメコは窮屈な体勢で田村の股間でブラブラする玉袋がアソコにぶつかるのを、朦朧としながら見ていた。

「あっ、だめっ、ああっ、んっ、まっ、ああっ、て…」
アソコを出入りする熱い肉棒に甘美な官能の世界に落ち込みそうな意識を何とか保ったナメコは、欲望に狂った巡査を何とか押しとどめようとした。
「あっ、うっ、はあっ、なん、ですかっ」
勢いに任せて腰を振り続けた田村は、ちょうど息が切れてハアハアと酸素補給しながら振り返った。
「まだ…、です…、はあんっ、その…、ああんっ、前に…」
突き上げた蜜壺を散々突きコネ回されたナメコは、息も絶え絶えに田村の間違いを訴えかけていた。

「その前に、なんですかっ」
いまいましそうに息子を引き抜いた田村は、まんぐり返しのナメコのカラダを抱えると開帳したあそこにフンフンと荒い鼻息を吹きかけながら、ナメコの切なげな顔をのぞき込んだ。
「はあっ…、そうです、はあっ、そうして、そこを、ああっ、イジ…、られました」
痴漢男と同じようにノゾキ込む田村の逆光に顔に恐怖したナメコは、ぎゅっと目を閉じて恥ずかしい告白をした。
「…、こうかっ、こうされたのかっ」
昂奮して息を荒くした田村はネットリした蜜を垂らすアソコに指を差し込んで、グチュグチュとかき回した。

「そう、あんっ、あうっ、はあっ、そう、ああっ、です…」
乱暴にあそこをかき回されて切なげな吐息を漏らして窮屈な女体をよじるナメコは、蜜壺からあふれる汁気でお尻とお腹をネットリ濡らしていた。

今日のナメコ (28) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:20:22 ━ Page top ━…‥・

== 今日のナメコ ==

今日のナメコ (26)事件の再現

ろま中男3 作品リスト
今日のナメコ 目次

今日のナメコ (26)事件の再現

「…、ナメコ…、東京都○○市…、…ハイツ…号、です」
名前と住所を聞かれたので正直に答えた。電話番号を聞かれてなんだかナンパされているような気もしたが、正直に答えた。

「それでナメコさん、あの男に何をされたんですか?…」
ようやく事件の核心に触れてきた田村に初めて名前を呼ばれてドキッとしたナメコだったが
「バスに乗ってたら…、痴漢されて…」
はずかしいけど…、正直に言わないと、…。
男に痴漢されたいきさつから話し出した。警察の調書を取られているという意識が、痴漢されて感じてしまったことを言わなければならない恥ずかしい告白を正当化していた。

「痴漢ですか…、どんな、感じですかっ」
バスで痴漢されるナメコを妄想した田村は、ナメコのナマ太ももとその奥のノーパンの股間が目に入って、ふくらんだ股間をあわてて押さえた。それをごまかそうとして前のめりに聞く田村に
「あの…、こんな感じです」
おちんちん、おおきくしてる…、お巡りさん、また、したくなったの?、…。
田村の下半身の変化を見たナメコは、恥ずかしそうに顔を伏せてヒザをすりあわせるように立ち上がると大きく開いた背を向けて、お尻に手を回してなで回した。背中からお尻に熱い視線が突き刺さるような気がして、アソコからまたネットリしたおツユをあふれさせていた。
「なるほど…、こんな感じですね」
セクシーな背中に誘われるように立ち上がった田村は、鼻息を荒くしてナメコの手をどけると柔らかいお尻をなで回した。

「はい…、そんな、感じです…」
あっ、触られた…、でも、さっき…までしたし…、おトイレの恥ずかしい姿も見られてるし…、今更お尻ぐらいで騒ぐの、おかしいよね、…。
まじめに調書を取っていたつもりのナメコはお尻をまさぐられて女体の芯を熱くしたが、それを顔に出さないようにして答えた。しかしその声には甘えたセクシーな響きが混じっていた
「それから…、どうされました?」
セクシー美女にチカンするシチュエーションに昂奮した鼻息を荒くする田村は、ミニワンピのスソをまくり上げようかどうしようかと、むき出しなった背中のナマ肌を見おろしながら逡巡していた。

「はい…、手が…」
ああっ、熱い…、変になりそう、…。
熱い鼻息が首筋から背中に当たるのに、ドキマギしながらナメコが言いよどんでいると
「手が…、こ、こう、ですか?」
美女のフェロモンに酔った田村は、思い切ってワンピのスソをくぐって手を入れると、汗のにじんだお尻をまさぐった。心臓がバクバク鳴って田村は少しどもってきた。
「あ…、あんっ、そう、ああっ、です…」
ああっ、触ってる、私のお尻、触ってる、だめ、感じちゃ…、でも、ガマン、できないっ、…。
直接お尻をまさぐられたナメコはビクッと背筋を反らせると、甘い吐息混じりに田村の痴漢行為を肯定した。アソコから垂れたおつゆが太ももの付け根にたまってヌルヌルしていた。
「そうから…、こ、こう、された…、んじゃ、ないですか?」
警官の職務を忘れて痴漢行為に没頭し、若い欲望をむき出しにする田村は尻タブの谷間に手を食い込ませた。

「ああっ…、そう、はあっ、いいっ、あんっ、そうです」
あ、濡れてるの、バレちゃう…、やだ、でも…、もっと、触って欲しい、…。
汗のたまったお尻の合わせ目に入り込む手に背筋がゾクゾクしたナメコは、妖しく女体を揺らしながらメスの昂ぶったフェロモンを漂わせていた。
「それで、こ、こうでしょ…」
劣情に囚われて妄想にまみれた田村はお尻の谷間の奥に指を食い込ませて、ネットリした蜜を垂らすアソコに到達すると、濡れたスジに指を食い込ませた。
「あ…、はあっ、あんっ、んっ、そう、もっと…」
あんっ、来たっ…、ああっ、ダメえ…、恥ずかしい、変態だと、思われる…、でも、もっと…、触って欲しい、…。
わき上がる欲情にたまらずのけぞったナメコは壁に手をついて、背中のナマ肌を反らせてミニワンピがまくれ上がったお尻を突き出していた。

「濡れてますね…」
完全に劣情に意識を支配された田村は、クチュクチュと音を立てて指をかき回した。
「ああっ…、恥ずかしい…、痴漢、はあっ、も、ああっ、そう、くうっ、言いました」
濡れてる…、いや、でも…、ああっ、はあっ、もっと、…。
耳元でささやくイヤらしい声にビクッと震えてピュッと潮を吹いたナメコは、恥ずかしそうに湿った吐息に紛れて応えた。
「それから…」
制服の奥に押し込めた息子をビンビンにした田村は、それを開放すべきか迷いながら快感にまみれたセクシー美女の横顔に昂奮した息を吹きかけていた。
「ああっ、バスが…」
ああ、だめ…、はあっ、もう、でも、…。
お漏らしして田村の手を濡らしてしまったナメコは、壁に頭を押しつけて切なそうな声を漏らした。

「バスが…、ど、どうしました」
尻タブをゆがませてめいっぱい指を蜜壺に突っ込む田村は、ふくらんだ股間を柔らかい腰肉に押しつけながらもどかしそうに聞いた。
「は、ああっ…、逃げました」
あ、あんっ…、逃げちゃった…、怒った、かしら?…。
快感にまみれた女体を何とかひるがえしたナメコは、冷たい壁に火照った体を押しつけながら、上目遣いの色っぽい視線を田村に向けた。

「…、そうですか…、わかりました」
盛り上げるだけ盛り上げて突き放されて田村はふくらんだ股間の収まりがつかない気がした。やり場のない怒りにチョット不機嫌そうな新米巡査は無表情に応えると、ソファに座って調書を書きだした。

今日のナメコ (27) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:19:15 ━ Page top ━…‥・

== 今日のナメコ ==

今日のナメコ (25)まぬけな痴漢男

ろま中男3 作品リスト
今日のナメコ 目次

今日のナメコ (25)まぬけな痴漢男

「ああっ…、もうっ、やだっ…」
早漏気味に発射されてまだ満足できてないナメコは癇癪を起こして、脱力して寄りかかる痴漢男を突き飛ばした。

「お願い…、トイレ、貸して…、ください」
ミニワンピをズリ下げたナメコは下腹の苦痛に耐えきれなくてまた交番に駆け込むと、切羽詰まった表情で恥ずかしいお願いをした。
「ひっ…、あっ、トイレ?…、ああっ、トイレですね、はいっ、こっちです」
突然現れて童貞を奪っていったセクシー美人を思い浮かべて息子をイジって固くしていた田村は、ナメコの再登場にあわてて息子を隠すと、混乱がちに切実な訴えを理解してナメコを交番の奥に案内した。
「どうぞ、ごゆっくり…」
トイレのドアを開けた田村のまぬけなセリフを無視して、アブラ汗を額に浮かべたノーパンのナメコは和式便器にまたがった。

「ああっ、ああっ、出ない…、お願い…、取ってえ」
アナルプラグで栓をされたナメコは下腹を食い荒らそうとする苦痛にもだえながら、切迫した声を上げた。
「へ…、え、あ、これ?…、はい、ただいま」
ドアを閉めるのも忘れてナメコのキレイなお尻の形に見とれた田村は、切実な声にあわててお尻の中心部を見つめるとアナに刺さっているモノを見つけて、力任せに引っ張った。
「ひいいっ…、あ…、ああっ、はあっ、ああっ」
乱暴に引き抜かれたアナルプラグに後ろのアナをムリヤリ拡張されて悲鳴を上げたナメコは、しかしはしたない破裂音を発してすぐに固形物を噴出した。その後湿った音を響かせて半液状の物質が噴出した。開放感にウットリしたナメコは水を流して音を消すのも忘れていた。

「…」
恥ずかしい破裂音を響かせる美女の排便シーンをじっくり見つめた田村は、人助けがしたいと青臭い理想を抱いて警察官になったことを思いだしていた。お尻のアナに栓をしたセクシー美女のスカトロシーンの手助けという青雲の志とはほど遠い状況だったが、田村はナメコの危機を救った気になって満足感で顔をゆるめていた。
「いや…、やだ…、見ないで」
下腹をいじめまくった毒を放出したナメコは、やっと後ろで見つめる田村に注意を向ける余裕が出来て、和式便器にまたがったまま恥ずかしそうな声を漏らした。
「あ…、申し訳ありませンッ」
半裸で排便する女性をニヤニヤして見つめる自分に気がついた田村は、あわててドアを閉めた。しかしすぐにナメコの裸体が脳裏に浮かんで、股間がふくらんできた。

「…、あの、失礼しました」
恥ずかしそうにトイレから出てきたナメコはミニワンピのスソを引っ張ってナマ足を隠していた。
「いえ、市民の安全を守るのが本官の役目でありますっ」
セクシー美女が恥じらうカワイイ面を見た田村は、ムラムラと劣情がわき上がるのをかき消すように、なんだかよくわからないセリフを口走って敬礼した。
「そう…、ありがと…、お巡りさん」
間の抜けたセリフをまじめに声を張り上げる田村にナメコはクスッと笑った。童貞を捧げられて(というか強引に奪ったのだが)恥ずかしい排便シーンまで見られた仲は、もう他人じゃない気がしたナメコは、気安い声で礼を言った。

「はっ、お役に立てて光栄であります…、しかし、どうかしたのでありますか?…」
美女の優しい笑顔にますます緊張した田村は敬礼の姿勢を崩さずに返事をしたが、普通に会話するナメコといきなり襲いかかかってきたエロ美女が結びつかなくて、つい聞いていた。
「あ…、あの…、そうね…、私、脅されて、犯されたの…」
若い巡査のまじめな応対を信用したナメコは、痴漢男に脅されていたことを告白した。
「その男はどこに…」
犯罪事実を告白された田村はがぜん警察官としての職務に目覚めて、前のめりになってナメコを促した。

「すぐ裏で…」
勢い込んで見つめる田村に女体の芯を熱くしたナメコは、ドキドキしながら大きく開いたワンピの背中を向けると交番の外に出た。
「あそこ…」
ナメコが犯された場所を指さすと痴漢男が脱力して座り込んでいた。とっくに逃げていると思っていたナメコはまぬけな痴漢男に驚いたが、田村も初めて見る犯罪者に一瞬気後れして立ち止まった。
「おとなしくしろ…、逮捕するっ」
しかし新米巡査は勇気をふるって痴漢男に躍りかかって押さえつけると、カフスケースから手錠を出して痴漢男を逮捕した。

「へ…、え、あっ…」
ナメコのナカに欲望を吐きだして放心状態だった痴漢男は、手錠をかけられてやっと自分の状況を理解してガックリとうなだれた。
「逮捕、しましたっ」
緊張気味の田村は初めての犯人逮捕にこわばった笑顔をナメコに向けた。新米でいかにも若い田村だが、
「かっこいいわ…、お巡りさん…」
その勇気に頼もしさを感じたナメコはカワイイ笑顔で応えた。

「あの、調書を取らせてもらっていいですか…」
犯人逮捕は初めて要領がよくわからない田村は、逃げられないように奥の部屋に手錠で痴漢男をつないでくると、ナメコに申し訳なさそうに聞いた。本物の事件で調書を取るのは初めてだったが、なんかそうしないとカッコがつかないような気がして不安混じりに聞いていた。
「はい…」
ナメコも警察で調書を取られるなんて初めてで言われるままにソファに腰を下ろした。
あ、見えちゃうかも…、でも、しょうがない、…。
ピンヒールの足はソファに沈み込んだムッチリしたお尻より、ヒザがずいぶん高い位置にあって、ノゾキ込んだらミニスカの奥にノーパンの股間が簡単にのぞける状態だったが、汗で湿ったナマ太ももをピッタリ合わせたナメコは知らん顔をして田村の言葉を待った。

見てないよね、…。
ピッタリ閉じた湿った太ももの奥がさらに湿り気が増すような気がして、そして若い巡査の視線がミニスカのスソの奥を見ているような気がして、ナメコはドキドキして汗のにじんだナマ太ももをモジモジさせていた。

今日のナメコ (26) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:18:03 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old