FC2ブログ

== 今日のナメコ ==

今日のナメコ (24)若い巡査のほとばしり

ろま中男3 作品リスト
今日のナメコ 目次

今日のナメコ (24)若い巡査のほとばしり

「本官は…、きょうはじめて、夜番でありますっ」
艶めかしい美人に股間を愛撫されて若い欲情を昂ぶらせた田村は混乱して、腰のガンケースを相変わらず押さえたまま、交番に響くような大声を出した。

「そう…、女も、初めて?…」
かわいいわ…、ナメコを、よくしてね、おまわりさん、…。
高卒で警察学校に入学して警官になりたての若い巡査をカワイイと思ったナメコは、淫乱な欲情を熱くしてエッチな声でささやいた。
「あ…、いや、その…」
童貞の田村はナメコの色っぽい甘えた声に鼓膜をくすぐられて、ビンビンの息子の先からカウパーな汁を垂らしていた。
「…、わたしじゃ、いや?…」
いいでしょ…、して、…。
メスの本能のままエッチなささやきを漏らすナメコの、たっぷりした乳房の先端につきだしたピンクのポッチを見つめて、田村はゴクンとナマツバを飲み込んだ。
「ね…、しましょ」
もう、こんなに、おっきくしてるくせに…、はあっ、漏れちゃう、…。
痴漢男に命令されて始めたことだか、浣腸が効いてきて下腹をチクチクと刺激されたナメコは、それから逃げるように性欲に没頭しようとした。

「あの…、その…」
ツバでベトベトにした息子から口を離してしなやかな手で握ったナメコは指先を絡めてしごきながら、昂奮した鼻息を漏らす田村に寄りかかってむき出しの胸を押しつけていた。
「ね…、はあっ…、あっ、ああっ」
若い巡査を切れ長の目で見つめたナメコは股間を締めつけるゴムパンをズリ下げると、アソコに突き刺さったバイブを自分で抜き出した。
「え…、それ…、あっ、だめです、ああっ」
エッチな汁気をまぶして妖しい光を放つバイブを机に置いたナメコを、ビックリしたように見つめた田村は、柔らかい肉体に押し倒されてマウントポジションを取られた。

「いいでしょ…」
はあっ、出ちゃう、早くしないと、…。
下腹を暴れ回る激痛にガマンの限界が近いコトを意識したナメコは、大きく足を広げて若い巡査の下腹に沿うように固くなった息子を握って、先端をネットリした蜜にまみれた亀裂に押しつけた。
「だめです…、はっ、ああっ、あったかい…」
勤務時間中にこんな淫らにコトをするなんて許されないと自分に言い聞かせる田村だったが、下半身はネットリした蜜壺に埋没する自分に幸福を感じていた。
「あ、いいわ、お巡りさんの…、おちんちん、おっきくて…、きもちいいっ」
下腹の苦痛を紛らわせるように全身から汗を吹き出しながらナメコは懸命に腰を上下させた。息子が出し入れされるたびに、グチュッグチュッと湿った音が交番に響いた。

「おまわりさんも…、して、おねがい、私を、よく、して…」
はあっ、もっとお、して…、おねがい、漏れちゃう、…。
自ら腰を上下させて息子の出し入れに執心するナメコの甘いお誘いに、とうとう本能をむき出しにした田村は、猛然と腰を振り始めた。
「あっ、あっ、あっ、いいっ…、もっと、ついて、ああっ、めちゃくちゃに、はあっ、してえっ」
あっ、ひっ、いいっ、あたるっ、奥まで、はあ、当たるわ…、いいっ、もっと、ついてえっ、…。
若い肉体に突き上げられた火照った女体はリズミカルに上下して、たわわな乳房をタプタプと波立たせてピンクの乳首を忙しく上下させた。

「はあっ、ああっ…、もうっ、おおっ、おっ」
下からズンズンと柔らかい女体を突き上げていた田村は、わき上がる熱い昂奮にナメコを床に押しつけると上になって、腰を思う存分振りまくった。
「あっ、ああ、いいっ、もっと、もっとよおっ…」
あつい、おっきい、おちんちん、ああっ、もっと、よくしてえ、…。
冷たい床に火照った女体を押しつけられたナメコは、しかし熱い欲情に全身から汗を垂れ流して若い巡査の欲情を受け止めていた。
「ああっ、きもち、いいですっ…、はあっ、はあっ」
欲情した女体を蹂躙する田村は夢心地で腰をメチャクチャに振っていた。汗でヌルヌルする乳房をつかんで力を込めると、ナメコが切なげにのけぞった。

「あ…、あうっ、うっ、うっ」
狂ったように腰を振る田村は突然熱い昂ぶりを息子に感じて腰を押しつけると、ナメコのナカに熱いほとばしりを放出した。ビクビクと震えた田村はドクドクと白濁した粘液を何度かナメコのナカに注ぎ込んだ。
「あ…、ああっ、あんっ、いやっ、いいっ」
あんっ、だめえ、ああっ…、いいっ、きもち、いいっ…、でも、だめえっ、…。
ナカを熱い粘液で焦がされたナメコは、弓ゾリになってのけぞりながら田村の股間にアソコを押しつけていた。
「あ…、はあ…」
ナカ出しで妊娠の二文字が頭に浮かんだ田村だったが、発射直後の脱力感にどうでも良くなって荒い息に背中を揺らして汗まみれのナメコに抱きついていた。

「あん…、どいて、おねがい…、じゃあね…」
あん、また…、でちゃう、はあ、漏れちゃう、…。
田村のカラダを押しのけたナメコは、快感の波が去っていくのと同時に下腹を攻める激しい苦痛に顔をしかめると、机に置いたバイブとゴムパンをむしり取るように握って交番を出て行った。
「はあ…、よかった…」
ピンヒールの乾いた音を響かせて去っていくセクシーな後ろ姿をぼんやり見つめた田村は、ダランとした息子を大事そうにさすっていた。

「よくやった、来い…」
外で一部始終を眺めていた痴漢男は、履き慣れないヒールに危なっかしく歩を進めるナメコの手を握ると、交番の裏に連れ込んだ。
「おねがい…、もれそうなの…」
ああっ、いたい…、もう、漏れちゃう、助けてえ、…。
コンクリートの壁に押しつけられたナメコは、下腹を暴れ回る苦痛にトイレに行かせてくれるように懇願したが、
「おっ、うっ、うっ、うっ…」
汗にまみれたナマ太ももを抱え上げた痴漢男は、ビンビンにそそり立った息子を田村のザーメンを垂れ流すあそこに突き刺すと、ナメコを上下に突き上げていた。

「あっ、やあっ、だめ、漏れちゃう…、ああ、はっ、ああっ」
壁に押しつけられて股間に熱い肉棒を突き刺されたナメコは、またメスの欲情を熱くして全身から汗を垂れ流して、かすれた声で嬌声を漏らした。
「ああっ、いいぞ、いくぞ…、おっ、おおっ」
ナメコの女体をいたぶり続けて巡査との白黒ショーを眺めていた痴漢男はすぐに限界を迎えて、ナメコを壁に押しつけると熱い昂ぶりをナメコのナカに注ぎ込んだ。
「ああ…、だめえ、まだ、ああっ、いやっ」
絶頂への階段をのぼり始めたばかりの女体は、突然階段を外された気がして不満を漏らしたが、ナカを焦がされる熱さにのけぞっていた。

今日のナメコ (25) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:16:53 ━ Page top ━…‥・

== 今日のナメコ ==

今日のナメコ (23)巡査を誘惑

ろま中男3 作品リスト
今日のナメコ 目次

今日のナメコ (23)巡査を誘惑

「言うこと、ひっ、聞き、うっ、ます…、ううっ、だから、ひっ、殺さ、ううっ、ないでえ…」
すっかり男のペースに乗せられたナメコは恐怖にまみれて艶めかしい裸体を嗚咽で震わせながら、オシッコまで漏らしていた。

「だったら早く、服着ろっ、このションベンたれっ」
震えるナメコのアゴをつかんでにらみつけた男はクローゼットをノゾキ込んで、背中が大胆に開いたミニワンピを投げつけた。
「ううっ、はい…、ひうっ、殺さないで…」
ナメコは暗示にかかりやすい性格なのか男の言うとおりに振る舞った。オシッコで濡れた股間をティッシュで拭いてからバイブとアナルバイブを二穴に差し込んだまま、ナメコはワンピをカラダにピッタリとはりつけた。

「いいモノがあるじゃネエか…」
ゴム製のパンティを見つけた男はちょうどいい大きさのディルドも見つけて
「ケツ、突き上げろっ」
体の線をはっきり見せるミニワンピだけで不安げに立つナメコをベッドに押し倒すと、お尻を突きあげさせて、アナルバイブを抜くとアナルプラグに入れ替えた。
「ああ、もう、許してえ…」
アナルプラグでアナに栓をされたナメコはゴム製のキツイパンティをはかされ、股間を締めつけられて前と後ろのアナに入ったバイブを固定された。

「じゃあ、いくか…」
男は泣き顔のナメコを立たせてSMの首輪をすると、レッドのピンヒールを履くように命令して外に出た。
「あ、はい…、まって…」
首輪を引っ張られたナメコは、ムッとするような熱帯夜の空気がカラダにベッタリとはりつく不愉快な感触に、マゾ奴隷の昂奮を煽られてバイブの差し込まれた亀裂からネットリした汁をあふれさせた。
「…、行くぞ」
深夜の住宅街を出歩く人はいないが、
こんな恥ずかしい姿…、誰かに、見られたら、…。
そう思うとナメコは露出狂の血を泡立てて、きついゴムパンに引き絞られた股間を熱くさせた。

「早く来いっ…」
「ああ、はい…、あんっ、ああっ」
熱帯夜のネットリした空気がカラダにまとわりついて、アソコのナカに奥まで突き刺されたバイブが一歩歩くたびに粘膜にこすれた。さらに履き慣れないピンヒールのせいで、ナメコはたどたどしい足取りでノロノロ歩いた。男は癇癪ぎみに首輪を引っ張ってそのたびにナメコはバランスを崩して、バイブにナカの粘膜を刺激された。
「…、おっ、交番じゃネエか…、いいか、…」
しばらく人気のない住宅街を歩いた男は、交番の赤い電灯を見つけてニンマリ笑うとナメコに耳打ちした。

「え…、出来ません…、許してください」
男の淫らに命令にナメコはとても従うことが出来なくて拒否すると
「殺すぞっ、やれ…」
「ひっ…」
お尻にピッタリはりついたミニワンピを思いっきりスパンキングした男は、お尻の激痛に反り返って髪を乱すナメコに威圧的な声で命令した。
「…、は、はい、お願いですから、殺さないで」
命令に逆らったら殺されるという暗示にかかったナメコはマゾ奴隷の血を熱くして、首輪を外されると交番によちよちと歩いていった。

交番で初めて夜番をしていた新米巡査の田村は、夜食のインスタントラーメンをすすっていた。
「あの…、すいません」
ああ…、こわい…。
突然現れたハダカと大して変わらないセクシーなボディラインを見せつける美人に
「ぶっ…、げほっ、ぐほっ」
思わず咳き込んでラーメンをハナから噴き出していた。
「うっ、ぐっ…、なんで、ありますかっ」
なんとかラーメンを飲み下した田村は、みっともない姿を見られたのをごまかすつもりなのか直立不動の姿勢で敬礼した。しかしその視線は大きく開いた胸元のくっきりした谷間に注がれていた。

「おまわりさん…、私…」
あっ、やだっ…、漏れちゃう、…。
痴漢男の淫らな命令に躊躇したナメコだったが、浣腸が効いてきてお腹が鳴るのに焦って
「お巡りさんの、ピストル…、欲しいの…」
言われた通りを口にした。痴漢男にしていることは立派な犯罪で田村に助けを求めれば良かったのだが、逆らったら殺されると思い込んでいるナメコにそんな考えは浮かばなかった。
「へ…、それは…、困ります」
妖しく女体を揺らす美人に見とれた田村は、唐突な申し出に焦って腰のガンケースを手で押さえた。

「おねがい…、欲しいの…」
ああっ、お巡りさんの、ピストル…、しないと、殺されちゃう、…。
力が抜けたように崩れ落ちたナメコが股間にしがみつくのにあわてた田村は、ピストルを奪われまいと両手でガンケースを押さえたが
「えっ…、だめですっ、やめてくださいっ」
ファスナーをおろしたナメコは田村本人のピストルを愛撫し始めた。
「お巡りさんの、すてき…」
ナメコの扇情的な肉体美に見とれて半立ちにしてた息子は、ネットリした舌の愛撫にビンビンにそそり立っていた。グルグルとお腹が鳴るのを忘れようとするかのように、ナメコは田村の息子を懸命に愛撫した。

「ダメです、あっ、いいっ、やめて…、はあっ、ああっ」
肉感的なセクシー美女に息子を愛撫された田村は、ガンケースを押さえるのだけは忘れずに、ネットリした暖かい舌の気持ち良さに身をよじっていた。
「…、お巡りさんも、して…」
かわいいおまわりさん、ナメコも、よくして、…。
田村の立派なモノにメスの本能を熱くしたナメコは自分から肩紐を落とすと、たっぷりした乳房をさらして若い巡査の劣情を誘っていた。

今日のナメコ (24) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:15:38 ━ Page top ━…‥・

== 今日のナメコ ==

今日のナメコ (22)痴漢男の調教

ろま中男3 作品リスト
今日のナメコ 目次

今日のナメコ (22)痴漢男の調教

「痴漢にもだえる淫乱ナメコ…、いやんっ、エッチ…、楽しんでねっ…、ちゅっ」

「あんなに、濡らしてたんだ…、ちゃんとして欲しいだろ…」
湿り気を帯びて淫靡な熱気を放つ股間に手をねじ込んだ痴漢男は、スジに指をすりつけて固いしこりをイジった。
「うっ、ううっ、ううっ…」
拘束されて抵抗できないナメコは、痴漢の邪悪な指先に一番感じる部分を蹂躙されて心ならずも官能の喜びを感じて身もだえしていた。
「おっ、いいみたいだな…、やっぱりドスケベだな」
妄想に取り憑かれてナメコを自分のモノと思い込んだ痴漢男は、感じる部分のぶしつけな刺激に眉をひそめるナメコの妖艶な表情に、加虐心を昂ぶらせた。

「うっ…、ううっ、うふうっ…」
グリグリと指を押しつけられた股間の熱さにのけぞったナメコは、熱帯夜のネットリした空気に包まれて全身から汗を垂れ流していた。
「じゃあ、もっとよくしてやる…」
痴漢男はもだえる肉感的な女体に気をよくして、太ももをムリヤリ開かせてその間にカラダを入れると一気に腰を持ちあげて、マン繰り返しに体勢に持ち込んだ。
「うっ、うひっ、ひひゃっ、うっ、ううっ…」
柔らかい肉体を折り曲げられて恥部をおっぴろげられ、頬に押しつけられた乳房の向こうに丸出しの股間がイヤでも視界に入るナメコは、その向こうに男の陰惨な笑い顔を見て怖じ気に震えたが、マゾな性根を煽られてパックリ割れた汗とエッチな汁でぐちゃぐちゃになったスジの奥から、ネットリしたおツユをあふれさせていた。

「うれしいみたいだな…、濡れ濡れだぞ…」
もだえる屈曲した女体を押さえ込んだ痴漢男は、濡れ濡れの花びらの中心に指を突き刺してグチュグチュとかき回した。ネットリ濡れた花びらが揉みくちゃにされて、あふれた蜜がお尻のワレメとお腹側の両方に垂れていた。
「うっ、ううっ、はうっ、ふひゃら…」
イキをするのも苦しい体勢で、男の邪悪な欲望の慰みモノにされたナメコは随喜の涙を流して、苦しげに湿った鼻息を響かせていた。

「…、ちゃんと、縛ってやるか」
ナメコを押さえ込んだ痴漢男は、荒縄の残りをわきの下と膝に通してまんぐり返しの体勢を固めた。
「なにか、あるかな…」
床に転がったバイブを拾い上げた男は
「あるじゃねえか…」
中途半端に開いた引き出しをノゾキ込んでアナルバイブを取りだした。
「スカトロの変態女が…」
後ろのアナにムリヤリバイブを差し込む妄想にニンマリ笑った痴漢男は、倒錯した性虐行為をあれこれ思い浮かべて、妄想の中でナメコを真性の変態マゾ女に仕立て上げていた。

「やっぱりあるじゃネエか」
冷蔵庫をノゾキ込んだ男はイチジク浣腸を見つけると、アナル調教を妄想して劣情にまみれた陰湿な笑いを浮かべた。
「ぷはっ…、うめえっ」
不倫男用に用意してあった缶ビールを開けた痴漢男は、丸出しの恥ずかしい部分を頂点にして荒縄に縛り上げられた肉のかたまりを眺めながら、うまそうにノドを鳴らしてため息をついた。
「じゃあ、かわいがってやるよ…」
マグマが火口からあふれるごとくネットリしたおツユを亀裂からあふれさせるアソコと、あふれたおツユが絡むアナにバイブとアナルバイブの先端を突きつけた男は、ゆっくりと沈めていった。

「うっ、ううっ、ううっ…」
前と後ろのアナをゆっくりと埋められたナメコはイヤイヤするように頭振ったが、苦しげな表情を浮かべるその唇のハシにはかすかに淫靡な笑いが浮かんでいた。
「あ…、その前に…」
まんぐり返しの頂点の谷間に半分くらいバイブを突き立てた男は、アナルバイブを抜き出すとイチジク浣腸の先端をあてた。
「ふっ、ふひゃっ、ひゃらっ、ひゃめえ…」
アナルバイブで拡張されたアナはイチジク浣腸の細い先端が簡単に入り込んでいた。直腸に沁みる冷たいグリセリン液にブルブル震えたナメコは、本気で嫌がって後ろ手に縛られた手をバタバタさせた。

「まだだ…」
不自然に引き絞られた肉体を波立たせて暴れるナメコに加虐心を昂ぶらせた男は、二本目も注ぎ込むと三本目もアナに差し込んだ。
「ひ、ひっううっ、ひゃらっ、ひひゃあっ…」
不倫男に仕込まれた浣腸調教の苦痛が身に沁みているナメコは、続けざまに直腸を満たすグリセリン液に恐怖にまみれていたが、バイブが刺さった亀裂からは相変わらずネットリした汁を垂れ流していた。
「入ったな…、じゃあ、出掛けるぞ、服、着ろ」
結局半ダース6本分の浣腸をナメコのお尻に注ぎ込んだ男は、バイブを奥まで押し込んでアナルバイブで後ろのアナに栓をすると、荒縄を解いた。

「もう、やだあっ、なんでえ…」
縛めを解かれたナメコは見知らぬ痴漢男の好き放題にされて、わけがわからなくて泣き出した。
「早くしろっ、殺すぞっ」
すっかり妄想に取り憑かれて残忍な劣情に支配された男は、めいっぱいすごんでナメコの泣き顔をノゾキ込んだ。
「ひいっ、許して、殺さないでえっ」
暗闇を背にした男の不気味な表情に恐怖したナメコは、悲鳴に近い声を上げた。
「静かにしろっ、殺すぞバカ女っ…、オレの言うことちゃんと聞けば殺さネエから…、言うこと聞くかっ」
怯えるナメコにますます凶悪な暴君になりきった痴漢男は、憎々しげな表情でナメコをにらみつけながら、威圧的な声で命令した。

今日のナメコ (23) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 10:14:31 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old