FC2ブログ

== THE 歓喜天ホテル ==

THE 歓喜天ホテル (136)酔っぱらいたちの宴

ろま中男3 作品リスト
THE 歓喜天ホテル 目次

THE 歓喜天ホテル (136)酔っぱらいたちの宴

「…、オレのお祝いじゃっ、なかったのかっ」
オレは耳を手で押さえてステージで歌いまくるアヤに怒鳴っていた。

オレをカラオケに連れてきたアヤは手酌でワインボトルをあっという間に飲み干すと、ノリノリで歌い出してカラオケルームを大音量で支配した。

不機嫌に声を荒げるオレを無視してマイクを離さないアヤは、傍聴席でおとなしくさせらていたウップン晴らしをするようにはじけまくって、ミニスカのスソをひるがえしてハデにパンチラしながら、女体を艶めかしく揺らして踊り狂っていた。

「それに、なんでおまえまでいるんだ、敵側のはずだろ、さっきのウルウルは何だったんだっ」
隣でケラケラ笑いながら祝杯を挙げるフカキョンをにらむと、
「いいじゃん、お祝いはたくさんの方が盛り上がるでしょ…、それにそんなこと言ったら、そこの事務官だって敵だったじゃんっ」
酔っぱらって上半身はだかになり、たっぷりした乳房があふれそうなブラ姿をさらすフカキョンのキンキンした声が耳に響いた。反対側で雨宮がトロンした目でオレを見つめていた。

隣の空き部屋で雨宮を犯した裁判官は、ナマ本番で突入するとあっという間に果ててしまった。白濁した液を雨宮のナカに放出した裁判官が、下半身にすがって幸せそうな吐息にまみれているのを突き放した雨宮は、オレを探してついてきていた。

取り残された美鈴はすぐに復活した裁判官役の男からも犯されて、サンドイッチ状態で二人の男が飽きるまで犯され続けた。

「…ジョージさん、約束ですよ、ちゃんとしてくれるって」
オレが顔を向けると酩酊して妖しい笑いを浮かべる雨宮が、ピンクに染まった頬でしなだれかかってきた。
「ああ…、忘れてないよ」
胸を押しつけて上目遣いにのぞき込んでくる雨宮から目を反らしてため息をついたが、条件反射のように背中に手を回したオレは無意識に小振りな乳房を手の平で包み込んでいた。
「あんっ、気持ちいい…」
オレの意志とは関係なくもう一方の手は雨宮の股間をまさぐっていた。裁判官のアレがドロッと垂れてきて指先に絡んできた。早漏裁判官に満足してない天然事務官は、恥ずかしい部分をイジられてうれしそうにオレを見上げた。

「ああっ、オッパイ触ったあっ…、ジョージさんの、えっちい、キョウコのほうが、いいよ、ほらっ」
形のいい胸をまさぐる手にジットリした視線を向けたフカキョンは、不満そうな顔を上げるとオレに迫ってきた。ミニスカポリスの制服をはだけて、ブラからあふれそうなたっぷりした乳房のナマ肌をさらすフカキョンは、オレにそれを押しつけて艶めかしい目でノゾキ込んでくる。

「…真紀さん、助けてください、コイツらただの酔っぱらいですよ」
ウットリした雨宮を突き放してフカキョンから逃げ出したオレは、背筋を伸ばしてきちんとしたたたずまいで座る真紀の横に座ると、キレイな横顔に話しかけた。
「…、丈二さん…」
真紀がスーツを張り詰めさせるたわわな乳房を誇示するように、胸を張って前を向いたままつぶやいた。

「はい?」
無表情で虚空を見つめる真紀にイヤな予感がした。
「…、私の妖精さん、返してくださいっ」
突然美人顔が90度横を向いてオレを見つめた。オレを見つめる真紀の人形のような動きにドキドキしてビビッていると、真紀は崩れ落ちるように股間に顔を埋めた。躊躇なくファスナーを下ろすとまだオネムの息子を取りだしてイジりだした。

歓喜天ホテル (137) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:24:05 ━ Page top ━…‥・

== THE 歓喜天ホテル ==

THE 歓喜天ホテル (135)無罪放免

ろま中男3 作品リスト
THE 歓喜天ホテル 目次

THE 歓喜天ホテル (135)無罪放免

「…、それじゃあ、裁判長様と…、よく知らない人、失礼します、ゆっくりお楽しみください」
検事と天然事務官を陵辱して痴態を繰り広げる隣の部屋に顔を出した釈由美子似の藤堂真紀は、たおやかな立ち姿を披露すると股間に手を当ててキレイなお辞儀をして、にこやかに笑いながら刑務官姿のフカキョンのカラダを弄ぶオレのいる被告席に戻ってきた。

雨宮を犯す裁判長役の男は真紀のカラダにぴったりしたスーツの後ろ姿に、昨日イヤらしくもだえた真紀を思いだしていた。快感にもだえる雨宮を突き上げて腰を振るのを止めずに、艶めかしい後ろ姿を名残惜しそうに眺めていた。

「…丈二さん、勝ちましたよ」
真紀はのばした手で指差しながら親指を立てたポーズを決めて、ナイスバディを誇らしげに見せつけていた。
「…なんですか、それ」
ニッコリ笑ってポーズを取る真紀に、オレが呆れ気味にシニカルな笑いを浮かべると
「だってえ…、コレやる場面、無かったから…」
恥ずかしそう笑った真紀の少女のような笑顔がカワイイのでオレもニンマリしてしまった。傍聴席のアヤがつまらなそうに真紀をヤブにらみしていた。

「…ジョージ君とも、これでお別れかあっ」
ミニスカポリスの制服に身を包んだフカキョンはミニスカに手を入れて、オレにズリ下げられたパンティを引き上げながら、寂しそうに笑ってオレを見ていた。
「何いってんだ、また遊びに行くよ」
「…、そうだね、ジョージ君なら、きっと、また性犯罪で捕まるよね」
冗談とは思えない口ぶりで笑うフカキョンの目が潤んでいるのを見て、オレはこのキャンキャンした声が無性にいとおしく感じて思わずふっくらしたカラダを抱きしめてしまった。が華奢な肩越しに傍聴席で怒りに震えるアヤが目に入って慌てて離れた。

「…行きましょう」
別れを惜しむオレたちを見守っていた真紀が、優しく声をかけた。
「…、そうですね、…じゃあな、また」
「うん、またね」
真紀にうながされて立ち上がったオレがフカキョンに顔を向けると、寂しそうな笑顔が応えた。

「良かったね、ジョージさん、お祝いだね」
無罪放免されて法廷の外に出たオレに、アヤがしっぽを振る犬のようにうれしそうに駆け寄って抱きついてきた。
「ねっ、いこっ」
マスカラで強調された大きな目がうれしそうに笑っていた。オレの顔を見つめたあと、アヤはオレを引っ張っていた。子供のようにはしゃぐアヤに真紀も笑いながらついてきた。

歓喜天ホテル (136) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:22:12 ━ Page top ━…‥・

== THE 歓喜天ホテル ==

THE 歓喜天ホテル (134)陵辱される原告

ろま中男3 作品リスト
THE 歓喜天ホテル 目次

THE 歓喜天ホテル (134)陵辱される原告

「あの…、これ、どうしましょう」
二人に連れ去られた美鈴に何となくついてきたお気楽事務官は、指先につまんだ濡れ濡れパンティを、後ろから貫かれて陵辱される美鈴の顔の前に突きだした。

「あっ、はあっ、もうっ…、アンタ、コイツ、やっちゃって、いいわよっ」
犯されながらいい気分になっていた美鈴は、恥ずかしいシミを作った下着で現実に引き戻されて、冷ややかな目で天然事務官をヤブにらみすると、下半身はだかになってビンビンの息子をそそり立てて、自分の番をウキウキして待つ裁判官にいまいましいそうに声をかけた。

「あ…、そうですか、じゃあ、チョット失礼して」
淫らな妄想にまみれてやることしか頭にない裁判官は、少女っぽい笑いを浮かべる天然事務官のガーリーなフレアスカートをまくり上げると、コットンパンティに出来たシワに指をはわせた。
「やっ、あっ、何してるんですかっ」
何の前触れもなく大事な部分をイジられた雨宮は、パンティを放り出してあわててスカートを押さえたが、パンティに食い込ませた指先を湿らせて淫らな仕打ちを続ける裁判官に、ビックリしたような顔で問いかけていた。

「検事さんから許可が出ました、すぐに済みますから…」
湿ったパンティを避けてアソコの肉に直接触れて、湿って柔らかい感触にニンマリして呆然とする天然事務官を見上げた裁判官は、指先をクリクリしながら事務的な口調で応えた。
「ああんっ、いやんっ、でもおっ」
感じる突起を指先でコスられた雨宮はナマ太ももをプルプル振るわせながら、わき上がる官能の喜びに気持ちを浸食されて、おぼこい顔を恥ずかしそうに赤くして裁判官の手を押さえていた。

「あ、はあっ、はあっ、はあっ…」
菊門の突入をあきらめてまたアソコに肉棒を出し入れするエキストラは、ケモノのような欲望をむき出しにして美鈴の発情した女体をむさぼっていた。
「ああっ、だめえ、あっ、また…、また、ああっ、いっちゃううっ」
ズコズコとアソコを出入りする熱い肉棒にザーメン混じりのネットリした愛液をあふれさせた美鈴は、しっとりした肌に汗をにじませながら、快感に成熟した女体をもだえさせた。

「じゃあ、いきますね…」
アソコの亀裂をクチュクチュとかき回して指を蜜まみれにした裁判官は、ニンマリ笑って雨宮のカラダを抱きかかえると、快感に震えるしっとりした太ももを抱え上げて、濡れ濡れの股間に先触れ液で濡れた先端を突きつけた。
「あっ、だめえっ、ジョージさんがっ」
アソコの熱さで全身の淫乱な血を沸騰させた雨宮は、丈二にしてもらう約束を口にして食い込む先端から逃げようとしたが、追ってくる裁判官の腰はしっかり息子を天然事務官のアソコに納めていた。

「あんっ…、ああっ、はいってます、だめえっ、あんっ、あんっ…」
対面立位で貫かれた雨宮は、がくんとのけぞるとプックリした唇から甘い吐息を漏らした。ズンズンと突き上げられてぬめった汁のしぶきをアソコから飛び散らせる天然事務官は、アソコから湧きあげる熱い快感の波に全身を覆われて、切なげに顔を振って甘えた声を漏らしていた。

歓喜天ホテル (135) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:20:43 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old