FC2ブログ

== THE 歓喜天ホテル ==

THE 歓喜天ホテル (133)美鈴の快楽

ろま中男3 作品リスト
THE 歓喜天ホテル 目次

THE 歓喜天ホテル (133)美鈴の快楽

「…あの、これ忘れてますけど」
警備員役を担当していたエキストラが、スケベな笑いを浮かべながら美鈴のブラと濡れたパンティを持ってきた。
「…、お、おまえ…、さっきのっ」
ヤリ逃げした男の登場に怒り心頭に達して女体をプルプル震わせた美鈴は、ついでにジャケットからのぞくピンクの乳首もプルプル震わせながら怒鳴りつけた。

「あっ、親切にありがとうございます」
天然事務官雨宮が脳天気にうれしそうに笑ったが、パンティのぬめり気を見て指先でつまんで受け取った。

「ボク、まだ出来ますよ、行きましょう」
ジャケットの大きく開いたエリをのぞき込んで肉感的な裸体にイヤらしい視線を向けるエキストラ男は、ニヤニヤしながらふくらんだ股間を指さした。
「なっ、なに言っちゃってんのっ、この強姦魔がっ、…、あっ、いやっ」
美顔をたいそうな剣幕で怒らせた美鈴だったが、エキストラ男は全く意に介さないように美鈴の女体をかかえると、ミニスカスーツに手を入れて秘所をまさぐった。

「わたしも、まだビンビンです」
茶番劇から開放された裁判官役の男も、まじめそうなスーツの胸元の奥に見える突き立ったピンクの乳首をノゾキ込みながら、美鈴の手をふくらんだ股間に当てさせた。
「いいですね、今度はボク、後ろでいいですから…」
裁判所で美人検事の股間をまさぐるエキストラは、快感にもだえる美鈴にニンマリして裁判官にニンマリ笑った。

「…やだ、なにするのっ、ああっ、いいっ」
指先にネットリした汁気を感じたエキストラ男は裁判官と顔を見合わせてアイコンタクトすると、快楽に溺れる美人検事のカラダをまた隣の空き部屋に連れ込んだ。

「やめてえっ、あっ、だめ、そこっ、おしりっ…」
スーツのボタンを外されて華奢な肩をむき出しにされた美鈴は、後ろからタプタプと乳房を愛撫されながら、お尻のアナに食い込む熱いに肉棒にのけぞっていた。
「なかなか、入らないな…」
淫靡な色気を発散する女体にまとわりついたエキストラは、柔らかい弾力を帰す尻タブを広げながら、菊門の中心に熱く昂ぶった先端を押しつけたが、なかなか入らずにイラ突いた声を漏らした。

「それなら、いったん前のアナに入れた方が…」
エキストラに翻弄される美人検事に淫らな妄想をかき立てて荒い息を弾ませる裁判官は、お尻に肉棒を突きつけるエキストラに助言した。
「…、あっ、そうですね、なるほどっ…、おっ、おおっ」
納得してうれしそうに笑ったエキストラは、柔らかい腰肉に指を食い込ませて美鈴の腰を突き出すようにさせると、さっき自分で注入した粘液を垂らしてグチャグチャのアソコに一気に突き立てた。

「あ、ああっ、やだあっ…」
いきなりアソコを熱い肉棒で埋められた美人検事は、官能の喜びで顔を火照らせて切なげな悲鳴を上げていた。
「あ、いいっ、いいですっ、はあっ、ああっ…」
ネットリと暖かいとろとろの蜜壺に没入したエキストラは、忘我の表情で腰の突きあげを続けていた。

歓喜天ホテル (134) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:19:33 ━ Page top ━…‥・

== THE 歓喜天ホテル ==

THE 歓喜天ホテル (132)あっけない結末

ろま中男3 作品リスト
THE 歓喜天ホテル 目次

THE 歓喜天ホテル (132)あっけない結末

「…あの、…いいですか」
癇癪が納まった頃合いを見計らって、入り口から顔を出した雨宮がおずおずと声をかけると
「なによっ、はっきりしなさい」
雨宮の自信なさげな声がまたシャクに障ってキッとなった美鈴は、キンキンと声を荒げて天然事務官を罵倒していた。

「…、あの、ですから、裁判官の人が…」
「どうしたのっ、先を言いなさいっ」
「…、その、呼んで、ますけど…」
「この、バカ事務官っ、それを先に言いなさいっ」
やっと本題を切り出してモジモジする雨宮を、イライラした態度を隠さない美鈴は怨念が籠もったようなキツイ目でにらんだ。

汗のにじんだシャツを脱ぎ去ってプルプル揺れる乳房を見せつけるように上半身はだかになると、その上にジャケットを羽織った。大きく空いた襟元からは、まだつんと立って赤みがかったピンクの乳首が簡単にのぞけた。

「…行くわよ」
愛液と汗にまみれたパンティとブラも置き去りにした美鈴が、ハイヒールの音を響かせて大股で部屋を出て行くと、雨宮は若干距離を開けてその後に付いていった。
「…、おおっ、お待ちしてました」
ついさっき後ろのアナまで犯した裁判官役の男が、美鈴を認めて気安そうに声をかけた。その横には藤堂真紀がニコニコしながら立っていた。
「…お待たせしました、なんでしょう」
スーツの下は全裸の美鈴は、己の肉体を誇示するように堂々と立っていた。

「弁護士の藤堂さんとも相談しましたが、この案件は事件性ナシと判断して公訴棄却を決定しました、刑事訴訟法第339条第1項の2に該当するという判断です」
裁判官はカンペに書かれたとおりに、すました顔で美鈴に裁判所の決定を告げた。
「…えっ、そんな、まだ証人尋問の途中ですよ」
裁判を有利に進めるために、自分の肉体まで提供した美鈴は、決定と言われても承服できなかった。

「…しかし被害者自身が、犯罪事実がなかったと言っているのですから、裁判として成立しないでしょ」
「そんなあ…」
裁判官に肉体を差しだした上に、誰ともしれないエキストラにまで性欲のはけ口にされた美鈴はどうにも収まりがつかなくて、唇を噛んでブルブル震えていた。裁判官は大きく空いた襟をのぞき込んで、ナマ乳がプルプル揺れるのを見て、またアナを陵辱する妄想を浮かべて淫らな劣情をかき立てられていた。

「…じゃあ、もう帰っていいんですね」
横から口を挟んだ雨宮はこんな茶番はさっさと終わらせて、丈二とのちゃんとしてもらう約束を果たしてもらうつもりで、ニコニコしていた。

「…雨宮、うるさいっ」
裁判官の判断が下った以上どうにもならないことがわかっている美鈴は、脳天気に笑う雨宮に矛先を向けて八つ当たりしていた。
「…ひっ、ごめんなさあい」
今日何度目かの美鈴のカミナリに雨宮は恐縮していたが、丈二とのエッチを妄想して美鈴から隠した顔はうれしそうにゆるませて、胸をドキドキさせて頭の中をピンク色に染めていた。

歓喜天ホテル (133) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:18:13 ━ Page top ━…‥・

== THE 歓喜天ホテル ==

THE 歓喜天ホテル (131)デコボココンビ

ろま中男3 作品リスト
THE 歓喜天ホテル 目次

THE 歓喜天ホテル (131)デコボココンビ

「…うっ、いいっ、…もうっ、うっ、イクうっ…、はあっ、ふうっ…、じゃあ、よかったよ」
エキストラの名も無き男はひとりで気持ちよくなってあっさりと限界に達すると、美鈴のナカにありったけの欲望をばらまいて、せいせいしたと言わんばかりにズボンを引き上げてとっとと部屋を出て行った。

「…、ああっ、もう、…、いやあ…」
ひとり天井の高い部屋に残された美鈴は何の前触れもなく、しかし宣言されたとしても官能にもだえる女体はきっと抵抗のしようもなかっただろうが、ナマ本番でナカ出しされていた。そこにさっきまで納まっていた息子のなごりにわずかに口を開けたあそこから、粘った液があふれて汗のにじんだ太ももに垂れていた。

「あれ、美鈴さん、こんなトコにいたんですか、…ずいぶん色っぽいお姿ですけど、誰に見せてるんですか?」
美鈴を探していた雨宮が、ほぼ全裸で机に突っ伏した美鈴の女体をしげしげと見つめて、無表情に声をかけると、キョロキョロとまわりを見ていた。
「…、アンタ、バカにしてるのっ」
それまで机にグッタリしていた美鈴は、雨宮のいつもの天然な発言に、カッとなって仁王立ちすると、雨宮の顔をにらみつけた。

「えっ、私、何か失礼なこと、言いましたか?」
キツイ美鈴の表情に、愛想笑いを浮かべた雨宮は逃げ出す体勢で後ずさっていた。
「…、アンタ、コレ見て、私が強姦されたとは思わないのっ」
雨宮の困ったような笑顔に、ますます興奮した美鈴は大胆にもツッコミされたばかりのあそこに指を入れると、粘った液体をまぶした指を雨宮の顔に突きつけた。

「えっ、そうなんですか、…えっと、強姦されたときは、証拠保全に…、えっとおっ…」
指先に絡む白濁した液体を、嫌悪感の混じったやぶにらみで見た雨宮が、刑事事件として立件したいのか、裁判用の証拠を集めようとしているのを見て
「あのね、強姦罪は親告罪だから、まず私が告訴するかどうかの、意志が問題でしょ」
雨宮にペースを狂わされた美鈴も、いかにも検事らしい法律バカな発言をしていた。

「…あっ、そうでした…、で、美鈴さん、告訴するんですか?」
美鈴に怒鳴られ萎縮した雨宮だったが、すぐにそれを忘れて興味津々な顔で美鈴を見ていた。
「…、アンタねえ、その前に、私を心配しようっていう、優しい気持ちはないのっ」
自分のおバカ発言に気づいた美鈴は、照れ隠しに音量を上げた声で罵倒していた。

「あ、そうか、ホント、ゴメンなさい、…で、気持ちよかったですか?」
美鈴のカミナリに、また逃げ出すテイだった雨宮が、照れ笑いしながら聞くと
「そっちの心配は、しなくて、いいんだっ、このっ、バカ事務官っ、…」
とうとう癇癪を破裂させて口汚く気炎を上げる美鈴に、雨宮はコソコソ逃げ出して部屋の外に避難した。

歓喜天ホテル (132) につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 小説ブログ 恋愛小説(愛欲)へにほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)
┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 13:16:14 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old