FC2ブログ

== 女学生璃紗 ==

女学生璃紗 (55)ハツモノ美香とサンドイッチ体位

ろま中男3 作品リスト ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
女学生璃紗 目次

女学生璃紗 (55)ハツモノ美香とサンドイッチ体位

「んっ…、(くううっ、いいっ…、ハツモノ…、たまらんっ)」
予想以上のデカマラに悲鳴を上げるノーパン女子大生こと美香に、サディスティクな加虐興奮を昂ぶらせて興奮する細マッチョリーマン震堂は、バージンまんまんを思いのままに陵辱する快感に酔った。柔らか生地のミニスカをウエストの上までまくりあげて丸出しにした桃尻を両手で抱え、パンパンと音を立てて股間を叩きつけて、処女を非処女にする征服感を楽しんだ。

「あ、うっ…、ぐっ、あ、ああっ…」
とめどなくあふれる愛液でビショビショヌルヌルの秘所を容赦なく突き上げるデカマラに、つま先立ちでセクシーヒップを突き出す美香は、艶めかしい柔肉をまとった女体を痙攣させて悶える。広告看板裏にすがりつき、裸に剥かれてひり出された下向きDカップの乳房が、固く突き出した乳首を見せつけるように前後に忙しく揺れる。膣粘膜を守ろうと分泌される愛液を激しい抽送を繰り返すデカマラがかき出し、お尻から太もも裏やふくらはぎ裏にネットリした飛沫を飛ばす。
「(ごめんね…、美香…)」
はあ…、すごい…、私も、して、欲しい…。
自分を成仏させるための一念で激しい責めに耐える美香に気持ちでは同情する璃紗だったが、淫乱マゾ奴隷に調教された女体は、美香の愛液でビショ濡れのデカマラで膣奥を責めて欲しいという淫らな欲望を、股間でヒクヒク蠢く襞肉のスキマから内太ももに垂れる透明な汁に示していた。

「(来い、してやる…)」
メスの淫らな欲望を切れ長の目のハシににじませる璃紗をチラ見した震堂は、焦れったそうにエッチ汁で濡れた太ももをすり合わせてむすかる女体を抱き寄せて美香の背中に重ねると、上下に並んだダブルまんまんを交互に突き刺した。
「ひっ、い、いいっ…」
愛液が溢れ出るスジを褐色の亀で広げられて膣奥まで貫かれた璃紗が、ホックの外れたブラ線がぶら下がる裸の背中に抱きついてのけぞる。

「ぐっ、あ…、アレ?…」
美香は初体験のアソコを責める凶悪なデカマラからつかのま開放されて、一瞬呆けた表情を見せる。
「え…、ひいいっ、おっ、おっきいっ、きついいっ、美香、こわれちゃううっ…」
しかし璃紗の膣奥を責めたデカマラはすぐに美香の処女まんに戻ってきた。凶悪なデカマラは強烈なアッパー挿入を食らわした。璃紗の愛液をたっぷりまとったデカマラは、今度は美香の膣奥を責めあげた。

「あ、んっ…、ううっ、ああっ、あうんっ」
一番感じる膣奥の突き上げからすぐに開放された璃紗は不満そうにすべすべ尻肌をくねらせて身悶えしたが、美香の処女まんを出入りするソレで素股様に襞肉を刺激される気持ちよさに気付くと、甘えた喘ぎ声を漏らす。
「あ、く…、くうっ…、ふっ、ふううっ、い、いいっ」
激しい抽送になんとか耐えたバージンまんまんは徐々にこなれてきた。ケダモノじみた激しい抽送にズンズン突き上げられて苦しそうに身悶えする美香だったが、膣粘膜が引き裂かれそうな痛みはすでに無く悲鳴の中に甘えた響きが混じってきた。

「あっ、んっ、いい、み、美香っ、よくなってきた?、私もいいっ」
美香を貫くデカマラのおこぼれのような素股にもただれた悦びを覚える璃紗は、上半身裸にした美香の背中に抱きついて後ろからDカップ乳房を揉み砕くレズプレイに熱中していた。
「あっ、は、ああっ、は、い…、い、いい、です…」
ここまでされても処女まんを責めるデカマラが、璃紗のふたなりおちんちんだと疑わないうっかり女子大生美香は、オッパイを勃起した乳首ごと揉み砕く璃紗の手に甘えた嬌声を漏らす。
「い、いいっ、イクときは、イクって、言ってえっ」
美香の女体と絡むレズビアンな悦びに悶える両刀遣いな璃紗だった。サラサラした髪から探り出した美香の耳たぶをはしたないおつゆで濡れた唇で嬲り、従順マゾ奴隷のサガで震堂が求めるだろうセリフを先回りして囁いた。

「んっ、くうっ、いくぞおっ、おおっ」
二人の欲情した女体を抱えてありったけの肉欲のすべてを叩きつける快楽に溺れた震堂は、璃紗のふたなり設定を忘れて野獣の咆哮のような声を上げて処女まんの奥まで突き上げ、愛棒をビクビク振るわせて生ナカ出しした。
「あっ、んっ、いっ、いくうっ」
璃紗の切羽詰まったリクエストを了解した美香は、膣奥に注入される白濁した粘液の熱さにのけぞると、エクスタシーの頂点に達したことを正直に口走る。初体験を終えた女子大生の女体は、膣奥を満たす精液によって与えられるただれた快感で柔肌を痙攣させ、種付けされるメスの悦びにどっぷり浸かっていた。

「あ、んっ、はっ、ちゅっ、ううんっ、ちゅううっ、ちゅっ」
射精で脈動するデカマラに濡れた襞肉を刺激されて身悶えしていた璃紗は二人の体の間からスルリと抜け出すと、まだ尿道に残ったザーメンを吸い出そうと震堂の股間にしゃぶりつく。
「お…、く、ううっ…、い、いいぞ…」
処女まんを思いっきり突き上げてナカ出しした満足感に浸る間もなく、お掃除フェラに移行した震堂は、璃紗の絶品フェラの気持ちよさにみっともない内股になって身悶えした。

「ふひゃ…、ひゃ…、らああ…、ふぁ?、りしゃ(璃紗)、しゃ…ん?…」
初体験で最奥に膣内射精されて女体全体が溶けるような女の悦びを味わった美香は、ハアハアと激しい吐息に肩を震わせて振り返ると、震堂の股間にすがりつく璃紗を目撃して呆けたつぶやきを漏らす。
「ん…、よかったぞ…、美香…」
絶品お掃除フェラにビクッと震えた細マッチョリーマンは、いまにも崩れ落ちそうに足元がおぼつかない美香の裸同然のミニスカ姿にニヤけ、中年のオッサンのようなだらしない笑い顔を向けた。

女学生璃紗 (56)につづく

ブログランキング 1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)
にほんブログ村 1日1クリックご協力をお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 20:31:53 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old