FC2ブログ

== 彼女は幽霊 ==

彼女は幽霊 (23)アナル拡張からデカチン挿入

最初にお読みください(ろま中男3 作品リスト) ← 初めての方はこちらをご覧下さい。
彼女は幽霊 目次

彼女は幽霊 (23)アナル拡張からデカチン挿入

「いいですよ、その調子です」
「いっ、いい、のか、お、尻がいいっ、のか…」
弱点の耳裏を責めながらアナルにサラダオイルまみれの指を出し入れするツトムは、シメ子のどうせ聞こえないと開き直ったような普通の声に煽られて変態チックな興奮にのぼせあがり、苦しみながら妖しく悶える現役女子大生ヨシ美のアナル調教を続けた。

「や、やだあ…、ああっ、でも、あっ、いいっ」
後ろから官能的な女体を抱きしめられてうなじを剥き出しにされたヨシ美は、アナルを拡張される初体験の違和感に身悶えしながら、口吸いが加わった耳裏ホクロの愛撫に欲情していた。
「2本目、挿れてください」
「じゃ、じゃあっ、2本目、挿れてやるっ」
(尻でも感じてんじゃんかっ、もっと悦ばせてやるっ…)
最初感じていたお尻を弄る嫌悪感のともなう心理的抵抗が無くなってきたツトムは、シメ子の短い指示にすんなり従って2本目の指を挿入した。
「あっ、やあっ、あっ、だっ、ああっ、いいっ、やめないでえっ」
アブノーマルプレイの楽しさを知りはじめたツトムは、無意識に2本の指を動かして恥じらいを込めて締め付けてくる括約筋をほぐしていた。アナルをかき回される刺激に思わず緊張して伸び上がったヨシ美だったが、それで耳裏の愛撫が途切れるともっと気持ちよくなりたい欲求をさらけ出し、恥ずかしいおねだりをしていた。

「ヨシ美、お尻の良さがわかってきたみたいです、遠慮しないで奥まで触ってあげてください」
「ん…、うん…」
(すっげえっ、エロいっ、もうっ辛抱たまらんぞっ…)
アナル調教を受けるヨシ美は艶めいた悲鳴を上げていた。性的興奮した幽霊がまたも耳元で囁くと、ヤリマン女子大生を虐めるアブノーマルプレイの楽しさにのめり込んでいたツトムは、汗まみれのセクシーボディに前から抱きつき直して、勃起したデカチンをヌルヌルのスジに素股に擦り付け、挿れたままの指でアナル拡張を続けた。
「あ、い、あ、ああっ、ふうっ、ふぁあっ、ひいうっ…」
耳裏ホクロの代わりにスジから突き出たクリをカリで刺激されたヨシ美は、恥ずかしいアヘ顔を見せつけるようにツトムの腕の中で悶えた。ツトムがヨダレで濡れた唇にチューして舌を挿れてくると、湿った吐息に悶えながら舌を絡ませて応え、口に溜まったツバがかきまわされてぬめる淫靡な音を響かせていた。
「んっ、ふあっ、いひっ、あふひっ、ふわあっ」
愛液まみれのスジを行き来するカリで固く突き出たクリを撫で付けられる多幸感で痙攣気味に悶えるヨシ美は、自らも腰を振って失神スレスレの頂上感を貪欲に求めてよがりまくった。

「もうやっちゃっていいですよ、ただしお尻は続けてくださいね」
ヤリマン女子大生の女体がトロトロに出来上がったのを見計らっていたシメ子は、ツトムに本番開始をそそのかした。
「おっ、んっ、はっ、くっ…、はっ、挿入った」
(もう、挿れてやるっ、こ、ここか、おっ、おらっ、うっ、くうう…)
セクシー女子大生が悶える姿にのぼせ上がって生殖本能剥き出しのケダモノになっていたツトムは、スジから溢れた愛液と先走り汁でビショビショのデカチンを握ると、ヒタヒタのスジに鈴口を擦り付けて入口を探し、引っ掛かりを感じるのと同時に汗まみれに火照った柔らかい女体に抱きついた。

「ひっ…、ああ…」
ホクロとクリの2大弱点をさんざん責められて絶頂寸前だったヨシ美は、尻穴を弄られたまま勃起デカチン膣挿入の快感であっさり頂点に達した。短く断末魔のあえぎ声を上げたヤリマン女子大生の女体はビクビク痙攣して悶絶し、太い幹で広げられた小陰唇の僅かなスキマからネットリした潮を吹いてデカチン根本のモジャモジャをベットリ濡らしていた。

彼女は幽霊 (24)につづく
ブログランキング ケータイの方はこちらから
ブログランキングバナー1日1クリックご協力をよろしくお願いします。(別ウインドウが開きます)

┃ テーマ:自作長編官能恋愛小説 ━ ジャンル:アダルト

┗ Comment:0 ━ Trackback:0 ━ 18:42:55 ━ Page top ━…‥・
New « ┃ Top ┃ » Old